【積んどく功徳】 幸福の科学のインチキ体質は、初期の頃から・・・


 教団初期を知る元職員で、現在、幸福の科学告発活動をしてはるアルゴラブはんが、当時の資料(チラシ)を公開してはります。1991年頃、『アラーの大警告』や『ノストラダムス戦慄の啓示』ゆう恐怖予言本を「売れる!」テ思おて刷り過ぎて、不良在庫の山を処分するために作ったチラシやそおだす。わて、こんチラシ見て「うわっ!」テ思いましたんで、わての感想を思いつくまま書いてみまっせ。詳しい内容はアルゴラブはんの記事を読んでおくれやす。

積んどく功徳
画像引用元: アルゴラブ・アーカイブス記事 「広告に偽りあり」 より




1.なんか怪しい拝み屋みたいやナ?

 わてがこんチラシ見ての第一印象がこれだす! 性格が後ろ向きなんも、家庭で不和が起こるんも、事業がウマク行かんのも、全部悪霊のせいテ思わせるチラシだす。しかも家族団らんの後ろにおる黒い影。これ、エル・カンターレ(=大川隆法)のツモリなんでっしゃろが、どない見ても悪霊の親玉にしか見えんですわ! いややわ、こんなんー!

 当時のわては大川隆法本の熱烈愛読者やったんでんが、信者になってはおらんかったんだす。せやからこんチラシは知らんのですわ。わてが大好きやった幸福の科学の教えは、「人間に関する知識と智慧を深めることで幸せになろう!」ゆうんがキモでおまして、「なんでもかんでも悪霊のせい」みたいな恐怖を煽る教えやなかったんだす。それが単に本の在庫を処分するために、教えを都合よく曲げとったゆうんはショックやわー! しかも比較的マトモやった初期の頃からとは・・・。


2.チラシの内容からして矛盾がある

 チラシは『積んどく功徳』ゆうタイトルで、「読まんでも、積んでおくだけで功徳がある」主旨の説明文がおます。ところがイラストでは読んだり、声にして朗読することで効果があるみたいに書かれとります。全然『積んどく功徳』やおまへん。広告チラシのクセに、最初っから論理破綻しとります。

 これが幸福の科学の「ええかげん体質」なんですわ! 元々深く教義を考えたりせんで、その場その場でそれらしいコトをゆうて誤魔化しとる連中なんだす。せやから利用価値のあるウチは別れた嫁はんを「文殊菩薩・アフロディーテ・ナイチンゲールの生まれ変わり」ゆうてお布施を集めとったクセに、敵対するととたんに「文殊菩薩等は間違い。嫁は実はイスカリオテのユダの生まれ変わりだった」とか、カンタンに教義を変更するインチキ宗教なんですわ!

 それにしても、比較的マトモやった91年頃からウソつき体質やったとはショックやわー!


3.『積んどく功徳』は詐欺の入り口

 積んどくだけで幸せになるんやったら、別に信者にせんでもええワケだす。信者が頑張って大川本を大量購入して、全家庭にプレゼントしたら、みんなが幸せになって「めでたしめでたし」なんですわ。幸福の科学は人類を幸せにするんが目的なんか? それとも信者を増やすんが目的なんか? チラシでは前者が目的みたいなキレイ事ゆうてまんが、実際やっとるコト見とると後者が目的なんは一目瞭然だす。

 幸福の科学が信者向けにゆうとるコトを見ると、「本を買って積んでおきましょう!」だけでは済まんのだす。それは入り口でおまして、そんアトいろんなコトを要求されるんだす。「先生の本を読みましょう!」、「週に1度は支部に来て、光の充電をしましょう!」、「大川先生のご法話を聞きましょう(5千円)!」、「信者をどんどん増やしましょう!」、「信仰心を強めるために、祈願を何度も受けましょう(最低5千円。3万円~50万円)!」、「献本用に、先生の本を100冊買いましょう!」、「ランキング入りのために、映画のチケットを100枚買いましょう!」、「大学建設や、エル・カンターレ生誕館建設のために、100万円・1000万円・1億円・10億円のお布施をしましょう!」ゆう感じでエスカレートするんですわ!

 これを読んどる皆はん。甘い言葉と暗い夜道にご用心でっせ!



◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆




【2017年5月10日 追記】

 資料価値がおますさかい、アルゴラブはんにお願いしましたんですわ。

ちらし裏面1
積んどく功徳(裏面1)
ちらし裏面2
積んどく功徳(裏面2)
画像引用元: アルゴラブ・アーカイブス記事 「広告に偽りあり」 より





スポンサーサイト

tag : 資料集 アルゴラブ

コメントの投稿

非公開コメント

インチキバレル?

講談社の事件で大川が怒り、信者をデモらせました。
にも拘らず知らないとか言っているのからしても嘘つきインチキ教祖ですね。

最近見た夢が可笑しいので披露させていただきます。
何故か私はKKの施設にいるのです。これまで見たこともない施設です。
そこには信者や職員がうじゃうじゃいるのですが、私はある信者が私のもっているドローンを壊してしまったので、その修理代をもらいに施設に行くことになった設定になっていました。そして、KKでは何か大きな発表があるということで、それが世の中を変える大変な発明とか言う話になって社会的にも話題になっているところでした。
しかし、その発明というものを私が見るとインチキでそんなものは何の役にも立たないことが分かってしまったのです。
それがロケットのエンジンのようなものを開発したということなのです。

それが分かると職員や信者が焦りまくり、さらに取材に来ていた報道陣にも知れ渡り、KK内部で大混乱が起き始めました。
さらに知り合いの信者が大川に「あの発明はダメです。どうにもなりません。」と報告をすると、冷静を装っていた大川の顔が歪み始めたのです。
左目は上がり、右目は下がり、ピカソの絵のような顔になりました。

さらに信者や職員が施設から逃げ出し始め、私もその混乱の中から脱出するところで目が覚めました。

なんか変な夢を見たなと思って再び寝ると、次に見た夢が
大川が夜逃げをする算段をしている夢でした。
茨城かどこかに知り合いがいてかくまってくれるよう電話で話をしているのです。逃走ルートについて何故かきょう子氏と打ち合わせをしているのです。打ち合わせをしているのが横浜の関内あたりになっている設定です。
そして、大川は焦り始め、打ち合わせしている場から逃げ出して、夜野町へ歩いて行ってしまいました。慌てたきょう子氏が後を追いかけて打ち合わせしていた建物から出ていきました。
私も後を追いかけたのですが、途中で見失い目が覚めました。

インチキがばれて夜逃げをする大川の予知夢なのかなと思いながら笑ってしまいました。

「全冊揃えましょう、光が家の中に満ちてくる」とかなんとか言っていましたね

このチラシは知らないのですが、確かにこの時期「主催先生の書籍を揃えましょう、購入しましょう、家の中にあるだけでも光が満ちてきます」と宣伝していましたね。比較的まともな頃と言いますが、すでに大伝道が始まり、ノストラダムスの予言で恐怖を煽り、フライデーへのFAX攻撃ですから、もうまともじゃなかったと思います。

教団本部が紀尾井町に移転して財政難に陥ってきた頃で、大川の書籍をベストセラー入りにするために必死だったわけですね。SPMを煽っていた頃です。

アラーの大警告はノストラダムスの予言よりひどい内容で、在庫が財政を圧迫し、総務と活動推進で処分についてもめていたようです。世紀末の予言で再誕の仏陀である大川を信じよ、とばかり永遠の仏陀を発刊しますが、己を捨てて大川を信仰せよ、忠誠を誓えという内容でこれまたひどい内容で、全然売れませんでした。

太陽の法は売れたじゃないかという信者はいるかもしれませんが、あの当時を知っている人なら、信者がノルマで大量に買わされていたのは知っていますしね。

当時だと

そういえばよくテレビで「アラーの大警告」のCMを流していた記憶がありますが。

あれも考えてみればアラーと言いながら実際は(当時全盛という事になっていた)高橋信次の霊言本だったし、内容そのものだってイスラム教徒、GLA両方の関係者が怒るような内容だったそうですね。そう考えると当時から内容そのものは薄っぺらなものだったのかもしれませんが。

それはそうとこのチラシが出た当時、確か150冊くらい著書が出ていたのではないか、と思いますが、1冊1000円としたって15万円も一宗教家の著書に金を払うような(信者以外の)家庭がどこにあるのでしょうかね?
20年前から全然やっていることが変わっていない団体なんですね。

懐かしい・・・

 このチラシ、見覚えあります。自分がまだ小学生になったばかりの時に父がもってました。当時の父は熱烈信者でしたので、このチラシに書いてあり通りに、父は書籍を持っているだけでも悪霊除けになるといい、リュウマチの祖母(父の母親)や私の部屋の周りに大川と幸福の科学の本を置きました。
 結果は、祖母のリュウマチは悪化して、寝たきり、私は熱性けいれんで救急車で搬送されて、しばらく治療を受けて散々でした。
 父は大川の本が少しでも本屋で置いてもらえるように、そこら中の本屋で大川の本を購入し、親族みんなに配りました。お金はなくなるし、労力を使い果たし疲れ果てて、最後には人脈と親戚からの信頼、デモに出たことによって、仕事を失い、我が家は本当に不幸でした。全然、幸福になれなかったです。
 だけど、大川はたしか法話で「この世の敗者は勝者です!」と言ってました。幸福になれるはずなのに、その当時から矛盾してました。
 懐かしい、チラシと情報をどうもありがとうございました。改めて、幸福の科学と大川の矛盾がありありとわかりました。

見たことありますよ。

「こんなモノあったなぁ」と云う懐かしく思う反面、なんでこんな連中に付き合ったのか?と忸怩たる思いも出てきます。

「積んどく功徳」ですか?たしか、書籍からも光が出ていると言っていましたよね。(笑)
また、当時「悪霊払い」の修法として書籍が使えると言って、書籍で輪陣を作ってその中に入り「祈願文の悪霊撃退祈願 高橋信次指導霊」を唱えると云うモノもありました。

夜寝るときにも、枕の下に書籍(仏陀再誕など)を入れて眠ると頭に憑いている悪霊が取れるなどとも言っていました。(笑)

以上、大川隆法による直説金口のモノですが、「方便の時代は、終わった」と一緒に黒歴史になったのでしょうか?(笑)

「アラーの大警告」「ノストラダムス戦慄の啓示」の大量返本は、結局信者が尻拭いするハメになりました。
他の支部では、どうだったかはわかりませんが、私の居た支部では、半強制的に「幸福の科学出版」から直接に役職信者宅へ振り込み用紙と共に送られていました。(激オコ)

書店向けにリヴァィアサンキャラクターPOPもありましたよね。
ちなみにリヴァィアアサンバッヂ持っています。(笑)

また、古い会員さんでしたら、布教用冊子(ミラクル0号、1号)も一部10円で買わされていましたよね。
これも、1地区に数千部単位で半強制的に地区長宅及びチーム長宅に直接届いていたのですから呆れるモノでした。

結局、邪人が正法を説いたとしても邪法にしかならないのでしょう。

コーフクは信仰、使命、修行、伝道、ユートピア建設、布施、
これらをワードにメニュー化した集金宗教に他ならないモノです。

このチラシ、初めて見ました。
当時も幸福の科学に、多少は関わっていましたが
末端には行き届かなかったのかな。

もしそうなら、このチラシはいくらなんでもヤバい
と思って流通を止めてた人が居たんでしょうか。

当時の職員には、比較的まともな人が多かったのかもしれないですね。
今はドラ息子をはじめ、見る影もないですが。

本質が良くわかりますね

これは大川が本を「読んでもらう」ために出していない事がよくわかる、いい資料ですね。
啓蒙や布教のための本であれば、読んでもらえない=無意味となるはずなのに、買ってもらえればそれでよいという態度が如実に表れています。

みなはん、コメント、いつもおおきにだす~!

元会員はん

こないな感じでっか?
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B5%A4%E5%A1%9A%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E5%A4%AB+%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3+%E7%99%BA%E7%8B%82&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiIs5OWr-PTAhVIOJQKHQl1Aw0QsAQIJg&biw=1280&bih=904#tbm=isch&q=%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%B3+%E7%99%BA%E7%8B%82%E3%80%80%E5%8A%87%E7%94%BB%E8%AA%BF&imgrc=7mLjIA36vQm8sM:



カチカチはん

『アラーの大警告』、書き出しが、「こんばんわ、高橋信次です」やもんね。
1行目から「ズルーっ!」でしたわ(大笑い)!

書籍を揃えると光が満ちて、正心法語を唱えると光が降りて来て、
法話や霊言を聞くと光があふれ、ROペンダントを買うと光に守られ、
ご本尊100万円を買うと光に包まれ、
布教所えるかん置物300万円を買うと光の大洪水みたいだす。
信者は光まみれでまぶしすぎて、自分がナニやっとるんか、
世間からどない見られとるんかが見えんよおになるみたいでっせ(笑)!



GAZはん

今、冷静に考えると、オーカワゆう男は、ヨタ話・ホラ話を偉そおにゆう以外の才能がないんやテ思うんですわ。
20年経ってもそれしか営業品目がない、可哀想な男なんかも知れまへん。
一芸を磨くんやったらまだしも、年々芸が劣化して来てますしなあ・・・。



有紀はん

うわあ、そないなコトがおましたんでっか!
そらまあとんだ災難でしたなあ・・・!
オーカワは途中から曲がったんやのおて、
当時から疫病神やったんでんな?



元地区長はん

ミラクルゆうんはわて見たはコトおまへんのやケド、
1部10円で数千部が半強制的にノルマでっか!!!

酷いわぁ~!
ホンマに発足当時から腐った団体やったんでんな?



オバカリスはん

初めましてだす。
わても当時は一愛読者でしたんで、詳しいコトはワカランのだす。

ただ、当時は職員にボーナスも払えんよおになって、
図書券(幸福の科学出版本との引換券、普通の本は買えない)を、
ボーナス代わりに支給しとったテ聞いとります。
わての大キライな古株職員が自慢げにゆうとりました。



安全第一はん

わてはこれまで「初期はマトモやった」テ思おとったんでんが、
初期から腐っとったゆうコトが今回解りましたわ!
今さらながら呆れましたわ!
全記事タイトル表示

過去記事のタイトルのみを一括表示

検索フォーム
記事本文中の語句を検索しまっせ(コメント欄は対象外)。
プロフィール

エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)

Author:エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)
 
 幸福の科学の現役信者だす。すでに心は退会者で批判者(アンチ)だす。内部告発するために今でも信者でいてます。

 大川隆法は幻聴が聞こえるタイプの自己愛性人格障害者、幸福の科学は悪気はないけど結果的に詐欺行為をしてしまっとる団体やて気づきますた。ゆうたら『宗教もどき』、『宗教ごっこ』、『いんちき宗教』だす。ナンボ拝んでも救われまへんで!

 幸福の科学は大学もどきのHSUゆう私塾を開学しましたんやけど、教団規模のキャパを越えてますんでいずれ財政破綻する思おてます。社会問題なったら大変でっせ! 早めに退会するんが一番だす。信者はん、なんでも答えますんで疑問や質問は『質問コーナー』へどおぞ(メルアドは公開しとりまへん)!

ブログ・ランキング 参加カテゴリ
「にほんブログ村」に参加しとります。記事が気に入りましたらどれかひとつクリックしてくれはると、励みになるんだす。(説明)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
ホンマはここにいたいんやケド、ブログ村から登録拒否されとります

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
せやからココにいてますー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
♪こーのー、カテもー、追われたー♪


「人気ブログランキング」にも登録してまっせー。メンドイんでクリックせんで構いまへん。それよりも参加者募集だす!






「自己愛性人格障害」がおまへんので、「統合失調症」で参加


わてのブログの運営会社、FC2のランキング。そもそも「宗教」カテゴリがおまへんので、「スピリチュアル」で参加しとります。クリックせんでええだす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
タグで検索 (工事中)
わてがつけたタグ(キーワード)で検索でけます

清水富美加 没落の法則 映画『天使にアイム・ファイン!』 キチガイ警報Lv2 教団崩壊 テレンス・リー買収事件 幸福実現党 パクリ 幸福の科学大学 九州大震災 レポート(法話・霊言・研修・祈願) HSU 選挙(2016参院選) 佐野研二郎 映画『君のまなざし』 お願い 署名 大川宏洋 大川ニダ! ブーメラン 韓国 キチガイ警報Lv3 慰安婦像 河口湖町祖父母殺害事件 キチガイ警報Lv3 ツブれた施設情報 バカ 事例(妄想) 書籍 幸福の科学クソコラグランプリ 霊言 資料 MAD 選挙(2016東京都知事選) お笑い 映画 幸せになりましょう インチキ宗教 資料・記録・証拠 小保方晴子 実務能力なし 裁判 大学 君のまなざし こんなんしかおらんのか? 退会届 『ややエルカン・バカルト新聞』 大川咲也加 法律違反 事例(承認欲求) 質問コーナー シン・退会届 エル・カンターレ祭 hoshieiwa 七海ひろこ 舛添要一 花田紀凱/WiLL 植福の会 退会 綾織次郎 大川談話 世間の評価 幹部職員 事例(パクリ) 教団財政 近藤紫央 ヒヒおやじ 事例(人格障害) ダメダメ幸福教 スパイだより 藤井実彦 アングレーム国際漫画祭 再婚 論破プロジェクト 事例(統合失調症) 信者の特徴 統合失調症 便乗商法 証拠を残す 笑い者 金儲け リバティ号外 大川首吊り 法話 痛い 映画・UFO学園の秘密 UFO学園の秘密 やない筆勝 キチガイ隆法 映画『UFO学園の秘密』 GLA 卒論盗用 ネタバレ注意! ドタバタ劇 低脳幹部 替え歌 資料集 アルゴラブ 徳島県 川島町 大講演会 エル・カンターレ生誕館 大エル・カンターレ像 論文盗用 仲村真理依 零能力者 サンポール教 崩壊 学園 実話 釈量子 比較文化 言語 弟子・職員 お布施返還訴訟 ざまあみろ! 講談社フライデー事件 大川隆法の心理分析 神武桜子 藤倉善郎 やや日刊カルト新聞 大川隆法ファンクラブ エラ・カンターレ イタコ 日本 

RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR