大川隆法の正体(3): 「自己愛性人格障害者」の特徴


<おことわり>                   
私は医師でもカウンセラーでもありません。深く勉強したわけでもありません。
これらの文章の中には間違いや不正確な部分があると思います。
ただ、私の目的は信者や元信者に大川隆法の行動原理を理解してもらう事です。
正確な知識よりもわかりやすさを重視していますのでご理解のほどを・・・。
間違いのご指摘等はコメント欄へお願いします。





ここの解説の「1~9まで」、それから「A~P」を全面的に直しました。
感情が入りすぎて、読む人に判りにくい文章になったからです。
結果的に長い記事になりましたが、分かる人には分かると思います。

私は「本気で幸せになりたくて幸福の科学に入った信者さん」のために書いています。「お手軽に幸せになりたくて幸福の科学に入った信者さん」はどうでも良くなりました。この程度の文章が読めない信者さんに手を差し伸べる気はすでにありません。インスタントな幸せを求める信者さんは、大川隆法さんと一緒にどこぞの天国に行ってもらって結構です。もし、分からない事があればコメント欄で質問してください。精一杯お答えします。その程度の「求道心」すらない人は、私にとってはすでに「どうでもいい人」になりました。もう、あれこれ言いませんので好きにやってください。





■ 概略

 「人格障害」についてはまだ研究段階のようです。いろいろな学者や研究機関が意見を発表している段階です。その中で2つ、Wikipediaで紹介されている「自己愛性人格障害者の特徴」をご紹介いたします。片方は「診断基準」、もう一方は「症状」という形式で紹介されています。ですが、私が読む分には「どっちも”特徴”と言ってもいいのではないか?」としか思えません。私の頭が悪いのが原因でしょうが、このブログは研究論文ではなく「信者救済」が目的ですので、読者の皆さんの腑に落ちる形に勝手にまとめさせて頂きます。


 Wikipediaが紹介している論拠&研究機関はこの2つです。

  ● DSM-5
      アメリカ精神医学会編著: 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル 第5版』
      『DSM-5』とは、著書原題、『Diagnostic and Statistical Manual
      of Mental Disorders (第版)』を意味します。
      画像の本は「日本精神神経学会」の翻訳本です。

DSM-5
画像クリックで拡大
画像引用元はアマゾン
ここをクリックでWikipediaへの解説へジャンプ


  ● メイヨー・クリニック
      アメリカ合衆国ミネソタ州ロチェスター市に本部を置く総合病院。
      全米で常に最も優れた病院のひとつに数えられている。
      創立時がクリニックだったのでその名前を使っているが、現在は総合病院。

メイヨー・クリニック




■ 「自己愛性人格障害の特徴」と大川隆法

 青文字は引用。黒文字は私の意見です。


● アメリカ精神医学会による診断基準、『DSM-5』の場合

誇大性(空想または行動における)、賛美されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

1.自分が重要であるという誇大な感覚 (例:業績や才能を誇張する、
  十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)

    大川隆法氏の自画自賛っぷりは今さら言うまでもなく、みなさんご存知でしょう。
    著書の中で自分の肩書きを、「国師」、「ワールド・ティーチャー」、「グランド・マスター」、
    あまつさえ「主」とまでつけています。
    宗教や学問・言論・政治・選挙・経済・経営・教育・映画・・・。
    彼はありとあらゆる分野に口を突っ込んで来ますが、
    まともな実績も、まともな言論として扱われた事も皆無です。
    そのくせ本人は、「世間は私にもっと注目すべきだ」と思っている言動が目立ちます。



2.限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
    以下は全部ここ最近の大川隆法の著書です。
    タイトルのつけ方から大川が成功や才気、権力・権威を志向している事が伺えます。

      「人生に勝つための方程式」、「映画監督の成功術」、「女優・北川景子 人気の秘密」、
      「景気をよくする人気女優 綾瀬はるかの成功術」、「父が息子に語る『政治学入門』」、
      「実戦マーケティング論入門」、「俳優・香川照之のプロの演技論」、
      「国際教養概論」講義 」、「帝王学の築き方」、「実戦起業法」、「智慧の法」、
      「松下幸之助「事業成功の秘訣」を語る」、「創造する頭脳」、「黒帯英語への道」・・・。


3.自分が “特別” であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達
  (または団体)だけが理解しうる、または関係があるべきだ、と信じている。

    「自分の考えはあまりにも高尚すぎて、凡人にはなかなか理解されない」という意味です。
    この傾向性は感じるのですが、ぴったり当てはまる例が出て来ません。
    大川は常々批判されると、「彼らは悪魔に支配されているから」とか、
    「彼らは神を信じられない唯物論者だから」と言う言葉で全否定します。
    きっちり反論すれば良いのですが、言論人を気取っている割には言論で対抗しません。
    「悪魔認定」という形で相手を「人格否定」して終わりです。
    うまく言えませんが、「連中は悪魔憑きだから、いくら言っても理解できないはずだ」、
    「私を理解できるのはもっと高尚な人だけ」という心理を感じます。
    とりあえずほかに2例挙げますので、雰囲気を感じ取ってもらえれば幸いです。

       <1> ヘタクソ英語を自慢
    大川はよく、英語で法話(講演)を行います。
    正直、中学生レベルの英語です。
    英会話塾の講師に見せたら「プッ!」と笑われました。
    でも、大川本人は「自分の英語力は凄い」と思っているようです。
    「自分は東大卒だし、アメリカで仕事をした経験もある。
    その辺の大卒には理解できないだろう」と思っているフシがあります。
    事実、「受験用英語参考書」を200冊くらい発行しています。
    教団経営の進学塾、「サクセスNo.1」で売るためです。
    救世主が地上に降りた使命のひとつが「受験用英語参考書」の編纂なのでしょうか?
    ちなみに英語力を誰からも賞賛されないので、
    最近では自分の英語を『エル・カンターレ・イングリッシュ』と呼ぶようになりました。
    未来には大川隆法スタイルの英語が主流になるとの事です。

       <2> 北京事務所閉鎖に大喜び
    数年前、北京の事務所(出版社を装った工作拠点)が北京政府により閉鎖されました。
    幹部は全員青い顔だったのですが、ただひとり、大川だけは上機嫌です。
    喜んでる場合ではありません。幹部たちのように青くなって当然の事件です。
    ではなぜ大川は上機嫌だったのでしょうか?
    大川本人の発言です。
      「北京政府は私が怖くて怖くて仕方がないから閉鎖を命じたんだよ。
      北京政府から見たら大川隆法という人間は、単なる革命家ではないんだな。
      革命家を次から次へと産み出す“革命家養成者”なんだよ。
      こんな人間が北京に事務所を構えていたら、
      心臓の上にダイナマイトを置かれているようなもんだ。
      だから北京政府は事務所閉鎖を命じたんだね。あっはっは!」
    「自分を大物認定した北京政府はわかっている」と思って(誤解)ご満悦です。
    ちなみにそのあとすぐに出版した本がこちら。



4.過剰な賛美を求める。
    教団がどう反論しようが、幸福の科学の実態は「個人崇拝教」です。
    そして教団内における大川への接し方は、まるで「天皇陛下」です。

    支部長から聞いた話です。
    支部長が総合本部の廊下とかで大川とすれ違ったりする事はあるそうです。
    しかしその場合、顔を伏せて、大川と絶対目を合わせてはいけないのだそうです。
    ひたすら大川が通り過ぎるのを待つのだそうです。
    大川や家族がクルマで出かける時は、職員総出で両脇に並んでお見送りだそうです。

    昔所属していた支部に大川が講演に来た事があります(「ご巡錫」と呼ぶ)。
    その時「大川総裁先生をお迎えする心得」というマニュアルをもらいました。
    そこにはこんな事が書いてあります。
      ・ お出迎え、お見送りは信者総出で通り道の両脇に並び、拍手と笑顔をする事。
      ・ 感激のあまり、先生に握手を求めたり、抱きついたりする事は厳禁。
      ・ 先生の控え室には、煎茶とほうじ茶を用意する事。
      ・ 煎茶とほうじ茶を淹れる急須は別のものを用意する事。
      ・ 和菓子も添えるが、土地の名物のお菓子を手配する事。
      ・ 和菓子を召し上がるための楊枝はクロモジである事。
      ※ この時大川がお茶を飲んだ茶碗や急須は「ご宝物」と呼ばれ、
        ガラスケースに入って、今でも支部に陳列されています。
        こんなやり方は北朝鮮の金日成・金正日の場合とすっかり同じです。

      ※ 「クロモジ」ゆうんはええ香りがする木なんです。
        これで作った楊枝は最高級品です。

クロモジの楊枝



5.特権意識(つまり、特別有利な取り計らい、
  または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)。

    大川は信者に「家庭ユートピア」を説いて来ました。
    ところが自分が離婚する破目になったら「人類救済に専念するため」と「特例扱い」です。
    選挙の時、幸福実現党は政党要件を満たしていなかったので、
    マスコミは慣例に習い「諸派扱い」として報道したのですが、
    「幸福実現党”の名前で報道せよ」、「記事の量が少ない」と「特別扱い」を要求しました。
    幸福の科学大学は文科省の是正勧告に従わなかったので不認可になったのですが、
    「不認可になったのは陰謀だ!」と逆ギレです。ここでも「特別扱い」を要求しています。



6.対人関係で相手を不当に利用する
  (すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。

    教団立ち上げの頃、幸福の科学は本は数冊出したものの、いわば個人商店でした。
    それに資金援助したのが原久子さん、関谷皓元さんなどです。
    しかし教団が大きくなると、大川隆法は初期の貢献者たちを無慈悲に破門したのです。
    しかも円満退職ではなく、「彼らは仏敵である」と最大限の悪口を言って追放したのです。
    当時は教団の応用本部講師であった種村修学さんも批判論文書いてましたが、
    その種村さんも悪霊認定されて破門されてしまいました。
    教祖夫人であった大川きょう子さんも「サタンの妻認定」されて追放されました。
    当初は教団に好意的だったジャーナリストの藤倉善郎さんも仏敵扱いされました。
    幸福実現党初の国会議員である大江康弘さんも大川氏より人気が出たため、
    「一政治家を仏陀の上に置いた!」と逆鱗に触れ、実現党から離れる事になりました。

    ほかにも国会議員の中丸啓さんや上野宏史さんがいます。
    幸福の科学大学不認可に異議を唱えたお二人で、
    幸福の科学の御用雑誌『ザ・リバティ』もお二人の発言を取り上げました。
    ところが「この2人は幸福信者じゃないのか?」という意見がネットに出ると、
    『ザ・リバティ』はお二人の発言を削除しました。

    在野の活動家では、
      「沖縄問題」の仲村覚さん
      「僕らはsenkaku応援隊」の木下まことさん
      「論破プロジェクト」の藤井実彦さん
    とかがいらっしゃいます。
    都合の良い時は『ザ・リバティ』で持ち上げたり、後援団体になったりするのですが、
    ちょっとでも自分に火の粉が及びそうになると、
    記事を削除してトカゲの尻尾切りみたいな手の平返しをするのです。



7.共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
    大川隆法教祖は『愛』を説いていながら、信者の痛み苦しみには無頓着です。
    たとえば選挙期間中の信者はポスター貼り、街宣活動、
    有縁者への電話がけなどで大忙しです。
    こんな時はなるべく選挙活動に専念させて欲しいのが信者の本音です。

    ところが選挙が始まると、大川教祖は異常に興奮するみたいです。
    「お前らの選挙活動は生ぬるい! 俺にもいっちょ噛ませろー!」ゆうて、
    自分の演説会・講演会を連日開催するんです。
    信者は選挙活動そっちのけで、教祖のトークショーに有権者をお誘いする形になります。
    大川教祖がそこで国民生活に関係する話をすれば良いのですが、
    選挙期間中に「宗教の大切さ」みたいな話ばっかりするんです。

    その結果、幸福実現党はいつも最下層をウロウロしているのです。
    大川教祖がもう少し、有権者の気持ちや信者の欲求を認識してくれたら良いのですが、
    「他人の気持ちを認識しない、気づこうともしない」ので最下位が指定席状態です。



8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
    「6」で書きましたが、現職国会議員の大江康弘さんが実現党に合流した時、
    全国の信者は大喜びして講演依頼が殺到したんです。
    それはそうです。
    337候補を擁立したはいいけれど、全員最下位で三条川原でさらし首です。
    選挙の専門家の意見を聞きたいと思うのは当然です。
    「信仰心が足りなかったから全員落選した」とは違う意見を聞きたいのです。
    ところが自分より人気が出た大江さんに嫉妬したのが大川隆法です。
    大江さんから「幸福実現党 選挙対策本部長」の職を奪い、
    「国会対策委員長」の閑職に追い込みます。
    「一国会議員を仏陀の上に置いた」という理由からです。
    信者は単に大江氏に講演依頼をしただけで、信仰したりなんかしていないのにです。
    結果的に大江さんは幸福実現党と袂を別ち、実現党の国会議員はゼロになりました。

    別の「嫉妬」の例です。
    大川氏がきょう子氏と離婚する数年前、家庭内で不仲になっていた頃の話です。
    ある時法話(大川のヨタ話)を聞きました。こんな事を言っていました。
    「きょう子も私も東大卒だが、私は文Ⅰ(法学部)。きょう子は文Ⅲ(文学部)。
    文Ⅰと文Ⅲ、どっちが上か見せてやる!」
    私はこの時初めて、「こいつ、本当にお釈迦さまなのか?」と疑いました。

    ほかにも「嫉妬」に関してこんな事を言っていました。
    「週刊新潮や文春がウチの批判記事を書く理由なんですが、
    彼らは出版部数が減って困っているんですねー。
    ところが幸福の科学はバンバン本を出して、それが全部ベストセラーになっている。
    真似したいけど彼らは霊言ができない。
    悔しくて堪らないから私たちへの批判記事を書くんです。
    うらやましくて仕方ないから『嫉妬』してるんですよ。あっはっはー!」



9.尊大で傲慢な行動、または態度

    明治天皇の霊言を本にして出版。
    昭和天皇の霊言を本にして出版。
    雅子妃殿下の霊言を本にして出版。
    今上天皇の霊言を本にして出版。
    皇太子殿下の霊言を本にして出版。
    イスイス団に惨殺された、湯川さん・後藤さんの霊言まで本にして出版。
    アルジェリアで殺された日揮社員(信者)の奥さん(信者)に研修施設で話をさせる。



● メイヨー・クリニックによる症状診断

メイヨー・クリニックによると、自己愛性パーソナリティ障害は劇的で感情的な行動に特徴づけられ、主として以下の症状を含んでいる。

A.人より優れていると信じている
    大川隆法氏の著書『太陽の法』にある、大川氏自身による自己紹介です。
    仮にこれらがすべて事実であったとしても、
    大川氏が「自分は人より優秀だ」と思っている事が透けて見える書き方です。
    「優秀だ」と信じていると同時に、「他人に自慢したい」という気持ちも伺えます。
    正直、読んでいる私の方が恥ずかしくなります。

     ・ 小学校: 私は小学生とは思えないほど長時間の勉強に耐えられる子供でした。
     ・ 中学校: 単なる秀才ではなく、宗教家的魅力を秘めた懐の深さがあったようです。
     ・ 高校: (通信添削で6回連続全国1位)この記録は現在も破られていないはずです。
     ・ 東大: 当時21歳の私は、どうやら学問的天才性を見せはじめていたようです。
     ・ 東大: 東大法学部には、私が師事すべき教師がいない事を悟りました。
     ・ 東大: 私の答案で勉強したかなりの人が司法試験に合格しました(本人は不合格)。
     ・ 就職: トーメンから『三顧の礼』で懇願され、男の心意気で入社を決めました。

    事実なら、事実だけを淡々と書けば良いのです。
    反論する物的証拠がない限り、私は難癖をつけません。
    しかし、
     「単なる秀才ではなく、宗教家的魅力を秘めた懐の深さがあったようです」とか、
     「この記録は現在も破られていないはずです」とか、
     「当時21歳の私は、どうやら学問的天才性を見せはじめていたようです」とかは、
    事実の確認のしようがなく、大川氏の主観でしかありません。
    このような考え方の人に、「学問とは云々」などと言って欲しくはありません。



B.権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす
    大川氏の著書のタイトルをご覧ください。

     権力・・・「政治革命家、大川隆法」、「帝王学の築き方」、「現代の帝王学序説」
     成功・・・「映画監督の成功術」、「松下幸之助「事業成功の秘訣」を語る」、
           「経営が成功するコツ」、「女性らしさの成功社会学」、
           「渡部昇一流潜在意識成功法」ほか
     魅力・・・「恋愛学・恋愛失敗学入門」、「大川隆法の読書力」、「素顔の大川隆法」



C.業績や才能を誇張する
     ・ 経歴を詐称。「ニューヨーク大学で国際金融論を学ぶ(実はニューヨーク市立大学)」
     ・ 「私の経済予測を聞きたくて、トーメンでは朝から私の前に行列ができた」
     ・ 「(幸福の科学は)宗教界のトヨタ」
     ・ 「ウチは創価学会より集票力がある」
     ・ 「信者数は1100万人」
     ・ 「最悪でも自民党の大きめの派閥(※清和会は90名)くらいの当選者が誕生する」



D.絶え間ない賛美と称賛を期待する
    教祖本人が直接要求はしないので、教団が信者によく使うフレーズを紹介します。

     ・ 「このたび主より○○の霊言を賜りました。主の深いご慈悲に心より感謝いたします」
     ・ 「このたび主より、ご本尊の下賜(本尊の販売)をお許しいただきました」
     ・ 「このたび主より、尊い植福の機会(献金キャンペーン)を賜りました」
     ・ 「主のご慈悲に深い感謝の心をもって、植福(献金)させていただきましょう」



E.自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する
    大川隆法氏は自分で自分にご大層な肩書きをつける事が大好きです。
    普段、著書での肩書きは「幸福の科学グループ創始者 兼 総裁」ですが、
    時々トンデモナイ肩書きを名乗る事があります。

     ・ 国師
     ・ ワールド・ティーチャー(世界教師)
     ・ グランド・マスター
     ・ 主

    「主」にはブッ飛びましたが、自分で「国師」と名乗るのはもっと変です。
    「国師」とは朝廷から贈られる称号です。自分で自分に贈るものではありません。
    大川氏は「私は過去世で“国師”と呼ばれて当然の仕事をして来た」と弁解しています。
    しかしこんな行為は、自分で自分に“国民栄誉賞”とか“ノーベル賞”を贈って、
    世間に「ノーベル平和賞受賞者 大川隆法」などと自慢しているようなものでしょう。



F.人の感情や感覚を認識しそこなう
    幸福実現党立党の際、文芸春秋から「供託金だけでも9億円もかかりますね」と聞かれ、
    「小さい、小さい、そんなゴミみたいな(笑)」と発言しました。
    このような発言が有権者からどう思われるのか、得票にどう影響するのか、
    世間や有権者の感覚を全然理解していません。



G.人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する
    幸福の科学は大川隆法氏のせいで失敗した案件がたくさんあります。
    部下を信頼して仕事を任せる事ができず、
    絶えず自分の思いつきを優先させようとするからです。
    事例を2つご紹介します。

    1.2009年の初選挙の時、思いつきで党首をコロコロ変える。
      饗庭直道 ⇒ 大川きょう子 ⇒ 大川隆法(党首の上の総裁に就任)
      ⇒ 選挙からの全面撤退を発表 ⇒ 4日後に撤退の撤回を発表
      (信者にも幹部にも党首を選ぶ権限はありませんので、すべて大川の判断です。
       女性党首という事で、きょう子さんに対する有権者の印象は悪くありませんでした。
       あのままきょう子さんで続けておけば、票はもっと伸びたはずです。)

    2.大川のエゴのゴリ押しで『幸福の科学大学』が不認可になる。
      原因はいろいろありますが、すべて譲歩ができない大川のエゴのせいです。
      文科省からは「人間幸福学部」などの名称を、
      もっと普通の名前にするよう言われていました。
      また、学長も教団幹部ではなく一般の学識経験者にするよう言われていました。
      ハッキリ言って瑣末な事です。いくらでも譲歩が可能だったでしょう。
      どうしてもと言うなら、認可後何年か経ってから黙って変えれば良い話です。
      しかしすべては大川の意向なので、幹部はいっさい譲歩できませんでした。
      また大川の霊言をテキストとして使用する件も難色を示されていたのですから、
      こちらも認可されるまでは引っ込めておけば良かったのです。
      ところが大川は自分の知識量を披露すれば文科省が平伏すると考えたのでしょう。
      2日に1冊のペースでテキスト用の霊言を続々発刊しました。
      こんなゴリ押しを続けたお陰で大学開学は不認可になったのです。
      ひと言で言えば、この件の失敗の原因はすべて大川隆法のせいです。



H.人を利用する
    政治家・言論人・芸能人などの名前を無許可で使って、霊言を乱発しています。
    有名人の「ブランド力」に便乗して商売をしている訳です。
    そこには相手に対する敬意もありません。
    湯川さん・後藤さんの霊言なんかは本当に無礼だと思います。
    そんな大川ですので利用価値が無くなればポイ捨てです。

    わかりやすい例が小保方晴子さんの霊言です。
    STAP細胞の可能性がある内は小保方さんをさんざん持ち上げていましたが、
    可能性がない事が判明するとポイ捨てです。
    霊言ではSTAP細胞がある事を大川氏が保証しているのですから、
    HSUの教授として迎えてあげれば良いのに、そんな気配はまったくありません。



I.劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる
    大川の場合、高慢な態度よりもむしろ、弱者をなぶって困らせるケースが目立ちます。
    本の売上げが悪かったり、お布施収入が減ったりすると担当局長をいびる訳です。
    一発でかい雷を落として終わりではなく、執拗にねちねちいたぶります。
    局長クラスと言えども信者でもありますから、大川に反論したり逃げたりできません。
    そんな局長たちが困惑するのを、大川はどうも楽しんでいるフシが見られます。

    大川が部下をいびる様子は、以前私が記事にまとめてありますのでご覧ください。
    しかし私が大川隆法の異常性について心底恐ろしいと思う事は、
    こんなみっともない行為を霊言ビデオとして信者に公開し、
    書籍にして一般人にも堂々と広めている事です。
    自分の利益・不利益すらわからないのでしょうか?
    何かが狂っているとしか言えません。

    【速報】 オーカワ \(^o^)/ オワタ! 【堤清二の霊言】
    【詳報】 大川教祖が自爆テロ? 『堤清二の霊言』 【教団崩壊 \(^o^)/ オワタ!】



J.嫉妬されていると思い込む
    確かに大川氏はこの言葉もよく使います。
    週刊誌に批判記事を書かれると、「最近は週刊誌がなかなか売れないから、
    出す本出す本が全部ベストセラーになる私に嫉妬しているんだ。
    ヒットを出す秘密を知りたくて仕方ないんだ」とか言っています。

    また、『嫉妬』という言葉は使っていませんが、
    種村修学氏の守護霊霊言でも種村守護霊にこんな言葉を言わせています。
    笑えます。

     「わしも(大川教祖と)同い年だから、老いぼれだが、
      (大川教祖は)年を取ったらだんだんスマートになって、かっこよくなってないか。
      あれ、けしからんよ。
      年を取ったら、白髪になって、よぼよぼになって、魅力がなくなって、
      モテなくなるというのが人生の常じゃないか」



K.他人を嫉妬する
    上の『DSM-5』の8番目に書いた通りです。
      ・ 大江康弘議員の例
      ・ きょう子さんの例
      ・ 週刊新潮や週刊文春の例

    他にもこんな事例がありますね。
      「2010年4月15日 木村智重幸福実現党党首、いきなり党首職を解任される」
    何があったのでしょう?
    木村党首は選挙に負けて、責任を取らされた訳ではありません。
    この年は参議院選挙もありましたが、それは解任の3ヶ月後です。
      「2010年7月11日 第22回参議院選挙」
    選挙に負けた訳でもないのに突然の党首解任の理由は何なのでしょうか?

    実は木村智重さんという人は、幸福の科学ではまれに見る常識人で有能な人なんです。
    普段、幸福の科学にさんざん悪態をついている私ですが、
    木村さんの人柄と能力は素晴らしいと思っているんです。
    この木村さん、信者からの人望も厚かったんで、本を出版したんです。

幸福維新を起こさん!
こちらをクリックするとアマゾンへジャンプします。

    そこまでなら良かったんですが、信者からのウケが良かったんで、
    つい「著者サイン会」までやってしまったのが大川の逆鱗に触れてしまいました。
    「自分より人気がある人間は絶対に許さん!」というのが大川の行動原理です。
    木村さんは党首の任を解かれ、アメリカに飛ばされてしまいましたとさ。
    京の人々は口々にゆうとったそおじゃー。
    「この世で恐ろしいモンは大江山の鬼と、小人物・大川隆法の嫉妬心じゃー!」と・・・。
    どっとはれ。



L.多くの人間関係においてトラブルが見られる
    大川自身は一般人どころか信者とも直接話をしませんので事例は皆無です。
    ですが、大川の意向で世間と接する教団職員たちはしょっちゅうトラブルを起こします。
    一例として、拠点開発局長の蔵原徹志が、
    関西校建設の説明会で周辺住民に放った言葉を紹介します。
    こちらに当時の説明会の録音データがあります。
    本当は全部聞いて欲しいのですが、ハイライト4ヶ所をご紹介します。
    文字にするとインパクトが薄れますが、音声で聞くと本当に憎々しい口調ですよ。
    幸福の科学を学ぶとこんなニンゲンになるという好例です。
    どこが「愛の神」なのでしょうか?

      (その1)
       住民 「あなたホントにこれね、日本の常識がわかりません?」
       蔵原 「いや、わかりませんね~」
       住民 「はあ?」
       会場 「え~?」
      (その2)
       蔵原 「みなさんの常識は私の常識とは違うという意味で申し上げてます」
       会場 「え~?」
      (その3)
       住民 「それはちょっとおかしいでしょ?」
       蔵原 「いや、おかしくないですね。おかしくないですよ」
       住民 「黙れ~!」
       蔵原 「黙りません!説明さしてください」
      (その4)
       住民 「図太いの!」
       蔵原 「はい?」
       住民 「図太いの!」
       蔵原 「は? 当~然でしょ!」
    信者のみなさん、教団幹部のこんな実態は知らないでしょ。

    この説明会の概略は『やや日刊カルト新聞』のこちらの記事で読めます。

幸福の科学学園、地元説明会に教団幹部が紛れ込んで紛糾【録音データあり】
蔵原徹志の説明会乱入記事
画像クリックで記事へジャンプ


M.非現実的な目標を定める
    「今世紀(20世紀)中に全国民を信者にして見せる!」とか
    「(実現党立ち上げの時は)最低でも自民党の最大派閥が誕生する」とか・・・。
    非現実的な目標にも程があります!



N.容易に傷つき、拒否されたと感じる
    大学不認可が濃厚になった頃、
    「所管大臣である下村博文文科相の守護霊が何度もやって来て脅す」
    と言う幻聴に悩まされていたそうです。
    下村大臣の守護霊程度(失礼!)が大悟館の結界を破って7回も入り込んだそうです。
    幸福の科学学園理事長である木村智重の公式発言ですので事実でしょう。
    地球最高神のはずの大川隆法氏ですが、
    自力では追い払えず、嫁さん(大川紫央)と女性職員に追い払ってもらいました。
    これなどは「不安心理」が幻聴として聞こえた証拠だと思います。

    一連の“幻聴”霊言は一般書として書店に流通しておりますので、
    是非書店で一度手に取って立ち読みする事をお勧めいたします。

下村博文大臣の霊言 1 下村博文大臣の霊言 2 下村博文大臣の霊言 3 下村博文大臣の霊言 4 下村博文大臣の霊言 5

    わずか半年の間に下村大臣の霊言本を5冊も発刊しています。
    しかも後半の3冊には「緊急発刊!」の文字が踊っています。
    どれだけ幻聴が怖かったのでしょうか?
    しかもこれから伺える恐ろしい事実があります。
    わざわざ一般書にまでして世に問うという事は、
    大川隆法は「自分の“幻聴”を“霊の声”だと本気で信じている」という事実です。



O.脆く崩れやすい自尊心を抱えている
    前項「N」との違いがわかりませんので、ちょっとズレた解説になるかも知れません。
    一番適切な例は実現党初の国会議員、大江康弘氏の人気が高まった時でしょう。
    ですがこの事例は何度も取り上げましたので、少しズレますが別の事例を紹介します。

    実現党初選挙の時に、「選挙から全面撤退する」という発表がありました。
    信者からは「もうできません」などという声は当時ありませんでしたので、
    信者にとっては「寝耳に水」の発表です。
    要するに選挙でハイになって、連日演説をやっていた大川が疲れただけなのです。
    信者の元には「大悟館(大川の自宅)の結界が切れて、先生がお苦しみです」とか、
    「先生が“ボクが死ぬのかも知れません”と仰っています」とかのメールが流れて来ます。
    全国の選挙事務所の役職者が東京正心館に集められたのですが、
    報告役の小林早賢は「現在も会議が続いていますが撤退の方向が濃厚です」と発言。
    壇上から立ち去ろうとする早賢に客席から「ちょっと待てー!」の怒号が・・・。
    「俺たちは死ぬ気でやって来たんだ! 軽々しく撤退なんてゆうな!
     もっとちゃんと説明しないか! 支援者・有権者にそんな説明が通るかー!」
    遠目だったんで確認できなかったんですが、
    多分那須本校チアダンス部顧問の桜沢正顕さんだったと記憶しています。
    桜沢先生から糾弾されて、
    小林早賢は「だって私たち、もう2日も寝てないんですよ~!」と男泣き。
    「早賢、こいつホントにカス違ゃうか?」て思いました。

    4日後、大川隆法は子供たちから、「パパ、死んでもいいから選挙やれ!」と説得され、
    選挙を継続する事になったんです(大川隆法が自分で言ってました)。
    信者のみなさん、私たちはこんな根性なしを「主」と仰ぎ、
    早賢みたいな半端者の指導で勉強しているのです。
    その結果、将来どのような自分になるかはみなさんの責任でお考えください。



P.感傷的にならず、冷淡な人物であるように見える
    大川隆法は自分を「宇宙創造神、地球最高神、エル・カンターレである」と言っています。
    「エル・カンターレ」とは「“愛”の根源の神」なのだそうです。
    ところが「愛深き神」であるはずの大川隆法氏は、
    阪神淡路大震災・東日本大震災・イスイス団による人質殺害があっても、
    「感傷的にならず、冷淡」です。

    本当に人類に対し深い愛があって、ひとりひとりを愛おしく思っているのなら、
    「ああっ、間に合わなかった! 助けられなかった!
    信者のみなさん、もっと私の教えを広めて下さいっ! お願いします!」
    とか言って、ウソの涙を流してもいいはずです。
    そんな演技すらできず、「後藤さんの霊が霊言を収録して欲しいと来たので、
    録ってあげた。これも本人にとっては供養になるはず」とか言う教祖です。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感情的にならず冷淡なように振る舞う

エル・バカターレさん
ご苦労様です。 大川は感情的にならず冷淡を見せるのではと思います。

大川は自分の意にそぐわないと斬りますね。さらに、興奮して怒ります。
村田はそれをやられてビビりました。何時間も怒鳴られて。それで自分の意を翻すことをしました。
さらにきょう子氏に馬鹿にされたと思って、静かに彼女を追い詰めました。
そして魔の化身のような印象を信者に与えて、追い出す口実が正当であるように仕組みました。
大江議員の時は、かなり焦ったのでしょう。五次元善人だけで選挙をすれば良いと言い放ち、立党記念大会をドタキャンしたそうです。
木村党首であったとき、彼の本が高評価を受けて、それが面白くなくて、彼の仕事のあら捜しをして追い出しました。そして彼の守護霊が大川を辞めさせてやると言って来たということを正当な理由にしていたそうです。

兎にも角にも自分が気持ち良いと思えないことには大変冷酷で幼稚な行動を冷静に行ってきます。
それで皆ビビるわけですね。でも体力がないから押せば簡単に倒れてしまうそうですよ。
押した人から聞きました。(笑)

彼の手口

子供を叱るときの大川の手口を聞きました。
まずきょう子氏を徹底的に叱り、彼女がテンパルまで追い詰めるそうです。何時間もやったそうです。
そして、あと一歩で爆発する前に止めるそうです。そうなるときょう子氏は、この受けたエネルギーを子供にぶつけることになります。
それを見ながら大川は微笑んでいるそうで、そして仲介役をやるとか。
それで子供は父親は好き、母親は嫌いという図式に嵌め込まれていったそうですよ。

こんなこと出来るなんて恐ろしいですね。被害者から聞いた人から聞いた話ですが。

それで法難シリーズで、子供が父親側に立つことになるわけです。
でもあの姿をみて、母親だけが悪いと思ってしまう信者は認識が低すぎますね。
あれは吐き気を催す姿でありました。それで私も退会を決意しましたし、家族も同じでした。
最低な人間であると家族全員で意見が一致した出来事でした。

大川が自分の家族だった、ぶん殴って「黙れ!そのひん曲がった口を閉じろ!恥知らず!」
とやっていたと思います。
また、出て来た子供たちにも「愚か者! 生んでくれた人に対してすることか!欠席裁判に加担するな!」と言ってやりたかったです。

お前たちの行動は私たち家族が信じたことに対する裏切りであると最後に言ってやりたかったです。
最終結論は信じた自分が愚かだったと言うことで、その愚かさを知ることになったので、その後
退会しました。

きょう子氏に対して

私はきょう子氏を擁護する気持ちはありません。
先に書いたことは私が知り得た限りの情報においての判断であって、だからと言ってきょう子氏を擁護する気持ちはありません。大川の行いにおける不公平性を書いたつもりです。
彼女の偽善的NPO活動には全く賛成することは出来ません。
彼女のすべきことは自ら受けたことを通じて信者の洗脳を解くための活動であり、
彼女が得た金銭は、大川の片棒を担いで得たものです。それは信者に返せるものは返すべきではないかと思っています。また東大を出て直ぐに結婚して、それも人間として未熟な大川の妻になった悲劇はあると思います。夫から正しい影響を受けて成長出来たら、もう少し異なった人格になっていたかもしれませんが、このような結果になったのも彼女の傾向性だからでしょう。
大川はエステに若い子を連れて喜んでいたようですが、きょう子氏も同じようだったと思います。
似たもの同士ということでもありましょう。

大川も株に投資して損をしていますが、きょう子氏も煽てられて簡単に騙されたのではと思うばかりです。





応援します

okの霊言を抜粋した本があったので開いてみたら、歴史上の人物の霊言がその人の発言として引用されていました。大学で使うテキストのようなものです。イタコはまだ芸として笑えますが、okが好き勝手に言ったことが、この先、その人物本人の発言の扱いで教育の場で使われていくと思うとぞっとします。大学が許可されないのは当然です。宗教が母体の学校はいくつもありますが、教義・信仰の話をするだけで、学問そのものはどこでも通用するものです。エル・バカターレさん 、批判するのも疲れてきてしまうのは当たり前かもしれませんが、どうか更新を続けてください。ささいなことも突っ込みを入れてください。信者さんが、自分で考える行為を思い出してくれるかもしれませんから。

大川隆法の正体

【情報提供】
http://www.daikanyama-serendipity.com
東京都渋谷区恵比寿西2丁目17-22

この代官山の店は、元々、兵庫県の姫路にある店が東京へ進出した店だそうです。
ここの店長が強力な霊能者という事で、昔、幸福の科学の信者が、信者時代、大川隆法総裁について、霊査・霊鑑定してもらったそうです。
そして、大川隆法の正体や幸福の科学の祈りの効果など、霊視鑑定の結果、脱会(休眠?)させたそうです。
その他、この店の霊能者店長は、相談者の結婚についても、結婚する時期、結婚相手と出会う場所、出会う人の風貌から結婚後の新居の様子まで、全部霊鑑定で答えたそうです。仕事の事、家庭の事など、答えられ無い事は皆無だそうです。

以上、又聞き情報ですが、東京の代官山ですので、大川隆法の正体や幸福の科学について、興味がありましたら、一度鑑定に行ってみてはどうでしょうか。
記事のネタになると思います。

Re:大川隆法の正体

とおるさん

霊能者に見てもらわなくても、大川隆法のしていることは常識と照らしあわせばおかしなことは誰でもわかります。

何か問題を抱えた時、辛いお気持ちはわかりますが、霊能から霊能へいくら渡り歩いても、根本的な解決には結びつかないのでは。

他人の霊能をあてにするより、自分の能力や見識を磨くほうが値打ちがありますよ。


私にも言わせてください

分析、なかなかの力作ですね。
感服します。

1 事実は1つのはず
きょう子を持ち上げていた時期
離婚前後、ボロクソに言う時期
内容が真逆になっています。

信者は「総裁先生の言われるとおり」と、信じてるんでしょうが。
私は、記憶を勝手に創っている気がしますね。
「自分が気分良くなるために」

脅されて結婚させられた。
入試や司法試験
その他いろんな自慢話も、そのたぐいかな。
作家としての才能はすごいかも。

2 霊言について
湯川さん・後藤さんが生きていると判明すれば、はっきりしますね。

芸能人とかいろいろやってるけど、
ヘルメスやオフェアリスを呼んで、古代の未解読文字を解読すれば
いいと思うんですが。やらない、できない?

3 預言者か
現時点では偽預言者という決定はできません。
こればっかりは、数百年たたないとわかりませんね。

元会員はんへ

Re: 感情的にならず冷淡なように振る舞う

元会員はん、毎度おおきに!
元会員はんのアドバイスのおかげで、
「P」の解説がでけましたわ!
その上ついでに「K」の部分も補強でけました。

元会員はんの直接のアドバイスやおまへんケド、
眠っとった記憶がインスパイアされましたんですわ!


Re: 彼の手口

うーん、この手口、かなり深刻ですな・・・。
DV(家庭内暴力)やったら体に傷が残りますからわかるんでんが、
ココロへの暴力は証拠が残りまへんし、子供も証言でけまへんですわな?

最近、「モラル・ハラスメント」ゆうコトバを覚えて得意になっとるわてでんが、
わての親もオーカワほどではおまへんが、似たよおな傾向性があったんだす。
わてはわてで勝手に幸せを目指すつもりでんが、
世ン中にはこんな「機能不全家庭」がぎょおさんあるテ思うこの頃だす。

今後のわてはコーフクとかカルトより、
心理学的な方面に行くかも知れまへん。


Re: きょう子氏に対して

わてもきょう子はんを擁護する気は全然おまへんのだす。
自分がオーカワに騙されたと気づいたら、
まず、信者に「コーフクはいんちきです! すぐ退会してください!」とゆわなアキマヘン!
そんな最低限のコトもせんで、ナニが「慈善事業」や。
「寝言は寝てゆえ! この、“偽善者”があっ!」ゆう気分だす!

ホンでもわては人を「善か、悪か」の2分法で見るのは辞めたんですわ。
心根が悪くても、「ええ行為はええ」テ評価するコトにしたんだす。
あのヒトラーかてええコトはしたんでっせ。
アウトバーンを作ったり、複雑やったドイツの「ひげ文字」を普通のアルファベットにしたり・・・。

「論破プロジェクト」の藤井実彦はんも、わてはかなり怪しい人物や思おてます。
ホンでもわてら日本国民のためにええコトをするんやったら、
そこは素直に賞賛したいゆうんが、最近のわてのスタンスなんですわ。

みなはん、コメントおおきにだす~!

散歩途中はん

ご賛同、毎度おおきに!

そお、そこなんだす!
問題はオーカワが「事実と妄想を混同したまま子供を教育する事」なんですわ!
「信教の自由」、「思想・信条の自由」がおますから、
そこはナニ教えても文句はゆえまへん!

ホンでも「これは事実」、「ここは仮説」、「これは伝承」、「ここは霊言」テ区別して教えなアキマヘン!
ここを全部「オーカワ色一色で染め上げよう!」ゆうのが一番の問題点なんだす。
異なる意見を全然認めんゆう態度は「独裁主義」のモトやさかい、
わてはこのスタンスだけは認めるコトがでけんのだす!

正直、こんなアホ団体相手するんは疲れて来たんも事実だす(笑)!
アンチ・ブロガーも開店休業状態。
ナンボ、わてが「武道館ライブ」開催でけても、観客ゼロやとむなしいのーゆう感じだす(笑)!
せやから散歩途中はんみたいなコメントしてくれはる人がおる限り、
頑張らしてもらうツモリだす。



とおるはん

コメントおおきにだす~!

ホンでもわては占い師はんとかの意見は採用でけまへんわ。
基本的にわては「コーフクから訴えられて裁判になったトキでも、キチンと証拠を提示でける」、
そないなスタンスで記事を書いとります。

裁判所で「占い師がこないに証言しとる」では勝てまへん。
せっかくのアドバイスでんが、ちょっと使えまへんのですわ・・・。



さざなみはん

へえ、おっしゃる通りですわ。
やっぱ自分の判断と自分の責任で生きてくコトが大事でんな!



たこなぐりはん

お褒めに預かり光栄だす。

1.
「自己愛性人格障害者」にとっては「事実」はどおでもええみたいなんですわ。
とにかく「自分がええ気分になるためやったら何でもええ」が基本みたいだす。

2.
記事本文「C」の欄でんが、「業績や才能を誇張する」だす。
別のコトバでゆうたら「自分のためなら平気でウソをつく」なんだす。
こないなニンゲンは、「湯川はん・後藤はんの霊言」も平気ででっち上げますし、
未解読の古代文字かてテキトーにでっち上げまっせ!

3.
オーカワ予言は外れっぱなし。
・ 東日本大震災がわからなかった。
・ ネパールの地震もわからなかった。
・ 野田元総理の衆議院解散もわからなかった。
・ 実現党337候補が全滅するコトもわからなかった。
・ 大学が不認可になるコトもわからなかった。
   他にもナンボでもありまっせ(笑)!

非公開コメントは受け付けていません。と出ました
「大江さんから「幸福実現党 国会対策委員長」の職を奪い、閑職に追い込みます。」
は選挙対策本部長の間違いですね

Re: タイトルなし

本末はん毎度だす。

一時期非公開コメントは受け付けていたのですが、現在は閉鎖しとります。

それからご指摘おおきに。本文直しておきましたわ。
全記事タイトル表示

過去記事のタイトルのみを一括表示

検索フォーム
記事本文中の語句を検索しまっせ(コメント欄は対象外)。
プロフィール

エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)

Author:エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)
 
 幸福の科学の現役信者だす。すでに心は退会者で批判者(アンチ)だす。内部告発するために今でも信者でいてます。

 大川隆法は幻聴が聞こえるタイプの自己愛性人格障害者、幸福の科学は悪気はないけど結果的に詐欺行為をしてしまっとる団体やて気づきますた。ゆうたら『宗教もどき』、『宗教ごっこ』、『いんちき宗教』だす。ナンボ拝んでも救われまへんで!

 幸福の科学は大学もどきのHSUゆう私塾を開学しましたんやけど、教団規模のキャパを越えてますんでいずれ財政破綻する思おてます。社会問題なったら大変でっせ! 早めに退会するんが一番だす。信者はん、なんでも答えますんで疑問や質問は『質問コーナー』へどおぞ(メルアドは公開しとりまへん)!

ブログ・ランキング 参加カテゴリ
「にほんブログ村」に参加しとります。記事が気に入りましたらどれかひとつクリックしてくれはると、励みになるんだす。(説明)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
ホンマはここにいたいんやケド、ブログ村から登録拒否されとります

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
せやからココにいてますー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
♪こーのー、カテもー、追われたー♪


「人気ブログランキング」にも登録してまっせー。メンドイんでクリックせんで構いまへん。それよりも参加者募集だす!






「自己愛性人格障害」がおまへんので、「統合失調症」で参加


わてのブログの運営会社、FC2のランキング。そもそも「宗教」カテゴリがおまへんので、「スピリチュアル」で参加しとります。クリックせんでええだす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
タグで検索 (工事中)
わてがつけたタグ(キーワード)で検索でけます

清水富美加 没落の法則 映画『天使にアイム・ファイン!』 キチガイ警報Lv2 教団崩壊 テレンス・リー買収事件 幸福実現党 パクリ 幸福の科学大学 九州大震災 レポート(法話・霊言・研修・祈願) HSU 選挙(2016参院選) 佐野研二郎 映画『君のまなざし』 お願い 署名 大川宏洋 大川ニダ! ブーメラン 韓国 キチガイ警報Lv3 慰安婦像 河口湖町祖父母殺害事件 キチガイ警報Lv3 ツブれた施設情報 バカ 事例(妄想) 書籍 幸福の科学クソコラグランプリ 霊言 資料 MAD 選挙(2016東京都知事選) お笑い 映画 幸せになりましょう インチキ宗教 資料・記録・証拠 小保方晴子 実務能力なし 裁判 大学 君のまなざし こんなんしかおらんのか? 退会届 『ややエルカン・バカルト新聞』 大川咲也加 法律違反 事例(承認欲求) 質問コーナー シン・退会届 エル・カンターレ祭 hoshieiwa 七海ひろこ 舛添要一 花田紀凱/WiLL 植福の会 退会 綾織次郎 大川談話 世間の評価 幹部職員 事例(パクリ) 教団財政 近藤紫央 ヒヒおやじ 事例(人格障害) ダメダメ幸福教 スパイだより 藤井実彦 アングレーム国際漫画祭 再婚 論破プロジェクト 事例(統合失調症) 信者の特徴 統合失調症 便乗商法 証拠を残す 笑い者 金儲け リバティ号外 大川首吊り 法話 痛い 映画・UFO学園の秘密 UFO学園の秘密 やない筆勝 キチガイ隆法 映画『UFO学園の秘密』 GLA 卒論盗用 ネタバレ注意! ドタバタ劇 低脳幹部 替え歌 資料集 アルゴラブ 徳島県 川島町 大講演会 エル・カンターレ生誕館 大エル・カンターレ像 論文盗用 仲村真理依 零能力者 サンポール教 崩壊 学園 実話 釈量子 比較文化 言語 弟子・職員 お布施返還訴訟 ざまあみろ! 講談社フライデー事件 大川隆法の心理分析 神武桜子 藤倉善郎 やや日刊カルト新聞 大川隆法ファンクラブ エラ・カンターレ イタコ 日本 

RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR