【署名のお願い】 台湾『サービス貿易協定』反対 【拡散希望】


台湾人MuMuはんの訴え1



 またまたコーフクの科学とは無関係なんでんが、みなはんに署名と拡散のご協力をお願いしたいんだす。

 現在、台湾で学生を中心とした立法院(国会)の占拠が続いとります。それが今度は行政院(内閣)の占拠にまで発展し、警察による強制排除のため、逮捕の際にけが人が出たりする事態にまで発展しとります。立法院を占拠したお人らが、ホワイトハウスへの誓願と拡散を訴えとります。わてはこの件は大問題や思おてますんで、ブログ読者のみなはんにご協力をお願いしたいんですわ。頼んます! みなはんのお力を貸しておくれやす!

台湾人MuMuはんの訴え2



【コトの経緯】

 問題になっとるんは、「両岸サービス業貿易協議(日本の報道では『サービス貿易協定』と翻訳されている)」だす。「両岸」ゆうんは「台湾と中国」ゆう意味。元々は2010年、親中国の馬英九台湾総統政権下で結ばれた協定だす。馬総統は外省人(蒋介石と一緒に中国大陸から台湾に移って来た人)ですんで、台湾より中国大陸に思い入れがあるお人なんですわ。

 馬総統は、中国大陸と結びつきを深めよおとして、「三通政策(中台間の通信、通商、通航の直接開放)」をやっとったりしとったんお人だす。今度は「三通政策」をさらに進めて、中国と「サービス貿易協定」を結ぼうとしとるんですわ。これは中台の交流をもっと自由にして、お互いもっと行き来を簡単にしよおゆう協定なんだす。

 趣旨はええ思おてます。台湾国民が賛成するんやったら、わても不本意ながら尊重しますわ。せやけど馬総統は立法院内で、各条項の審議をせなあかんハズやのに、突然「審議打ち切り!」ゆううて、秘密裏にこの法案を通してしもたんですわ! そらまあ台湾国民が怒って当然! わてかてハラ立っとりますわ!


【立法院(国会)を占拠した学生たちの主張】

 「馬総統はなぜこの法案を勝手に決めたんか? 説明して欲しい!」

 これだけですわ! 馬総統が説明すればええだけやのに、馬総統はまだ出て来とりまへん。立法院を占拠した学生を排除するよお、立法院長に指示したよおやケド、同んなじ国民党の立法院長は「議会の独立」を理由にこれを拒否! 馬総統の支持率は9%ですんで、もはや同じ国民党からも見放されたカッコウかも・・・?

ホワイトハウス署名2



 メディアの報道が少ないんで、わては正直公平な判断はでけんでおります。せやけど大地を汚染物質まみれにし、地下水に有害物質を流し込み、黄河や揚子江を緑色にし、PM2.5を垂れ流す連中が台湾を支配下に置いたらどないなりますやろ?台湾の次は尖閣・沖縄でっせ! 行く先々で土壌破壊・水源破壊・空気破壊をやっとる民族が台湾に来てええんでっしゃろか? 次は沖縄、その次は尖閣でっせ!

 こんな「喰い荒らし民族」が世界に拡散せんで欲しいテ思おてますんや! せやから今回の台湾へのちょっかいもナシにして欲しいんだす。「サービス貿易協定」の主旨そのものは美しいんんやけど、要おするに、支那人が台湾に来て、台湾人と同んなじよおに経済活動がでけるよおにする条約だす。人種差別する気はおまへんけど、連中は水源や大地汚して、PM2.5飛ばしても、自分の利益優先ゆう考えの民族だす! こんな連中に台湾乗っ取られたら、次は沖縄、将来は日本本土が「PM2.5上等」になりまんのや! これ、絶対止めんとあきまへん!

 みなはんどおか協力頼んます! すでに10万件越えた署名やケド、わては100万件集まるべき署名や思おとるんですわ! 本来やったら支那共産党の言い分も聞かんとあかん案件やけど、奴らのやっとるコトは、防空識別圏と言いつつ勝手に領空めいた宣言をする国際法無視の態度だす。日本企業が撤退しよおとしたら、身柄を拘束しよする無茶苦茶さだす。こんな覇権主義は議論の前にイッペン止めんとあかんのだす。

 わての知る限り、ホワイトハウスに集まった署名の最高は40万件。これ越えて、100万件くらい署名が集まったら、さすがの日本アホマスコミも無視でけん思いますんや!

ホワイトハウスへの署名はこっちから!
署名の詳しいやり方は、また明日追記しますわ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

署名しましたで

僕は、故 邱永漢さんの隠れファンなんですよ。
本にサインを貰ってます (笑)

彼は台湾に生まれ東大で学びました。
敗戦後、台湾で独立運動を行なって命を狙われました。
上海に逃げて、そこから持ち前の事業才覚を表しました。
故人になられた邱永漢さんは、きっとサンポールさんと同じ運動をしていると思いますよ (笑)

いってきましたどすえ~

任天堂3DSが壊れたので、修理に京都へ送り出したさきもり(o`・ω・)ゞデシ!!

サインしてきましたよ~

とあるサイトには、

「台湾人は日本の震災に募金して、日本人に感謝されることを誇りに思う。
日本人は、受けた恩を忘れない。
チャイナ人は、四川地震の寄付をもらっても、感謝すらせず、
誰が寄付していないかを探す」
って様なことが書いてありましたな~。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

Re: 署名しましたで

うわっ、hiraokaはん、毎度おおきに!
こおゆう素早いレスポンスがhiraokaはんの魅力でんな!
亀レスのわて、今日も「署名のやり方」書けんかったですわ。

邱永漢はんは東京商工会議所のイベントの時、聞いたコトがおましたんですわ。
せやけど、もお邱永漢はんボケとって、
「香港のあのレストランは旨かった」みたいなハナシばっかりするんだす。

人生いろいろ オーカワエロエロ。

Re: いってきましたどすえ~

お侍はん

わては台湾のお人らが、200億円も支援してくれはったコトに、涙が流れるんだす。
それも「自主的」ですわ!
今度はわてらがなんかでけんかと・・・。

サインしてくれはって、ホンマに感謝しますわ!

サインしました

署名いたしました。
ニコ動の中継155時間突破しましたね。敬服します。

署名しました

呼びかけお疲れ様です!わかりやすい解説もありがとうございます。

使者さん、

お疲れさまです。いつもありがとうございます。

署名しました。

友人にも署名と拡散をお願いしました。

邱永漢さんのこと

邱永漢さんが脱出した先は、上海じゃなくて香港でしたね。

そうですか・・邱さんはぼけていましたか・・・すごく頭のいい人だったんですけどねぇ。
本人自身が「人生最後の十年はダメな人生」と言っていたとおりになってしまったんですねぇ・・。
僕の知り合いの音楽家には、台湾で教えている人が二人いるんです。
台湾には親日派の人達がとても多いそうですよ。ではでは〜 (笑)

署名しました!

署名しました!
使者さんのおかげで、台湾の現状を知ることができました。
ありがとうございます。

Re: サインしました

ルジェはん、亀レスですんまへん!
署名毎度おおきに~!

台湾が中共の手に落ちると、第一列島線が破られて、中共の太平洋進出が容易になるんですわ。
不良品空母「遼寧(ワリヤーグ)」に見切りをつけた中共が、
沖ノ鳥島に「遼寧」をぶっつけて、島を破壊したりなんぞしたら、日本の領海が減ってしまいます。
連中マジでやりかねないんで、わて、今回の台湾の件、本気で心配しとるんだす。

Re: 署名しました

さざなみはん、亀レスすんまへん!
署名ありがとはんだす!

中国のおとろしさは「人口の多さ」なんだす。
台湾に永住可能・商売可能になったら、おそらく何百万人の中国人が台湾にやって来ますわ。
ほんでそのうち選挙権とか要求し出して、いずれ大陸系の台湾総統が誕生するコトになりますわ。
アメリカなんかはその可能性がかなり現実味を帯びて来とりますし・・・。

元信者れもんはん

お友だちにも拡散してくれはって、ホンマおおきに!

中国は「超限戦」ゆう考えで戦略立ててますんで、今回の台湾とか気ぃ許したらあきまへんのですわ。
「超限戦」ゆうんは従来の戦争だけやのおて、民間レベルまで使こおて侵略をかける戦争だす。
移民や留学生を大量に送り込んで、その国に中国シンパを増やす。
偽装結婚して国籍や選挙権を取得する。
賄賂やハニートラップを仕掛けて政府関係者を篭絡する。
いざ戦争になった場合、中共の「国家動員法」により、その国在住の中国人が一斉にゲリラと化す。

そんなんで、わて、今回の台湾の件がおとろしゅうて叶わんのだす。

Re: 邱永漢さんのこと

hiraokaはん

へえ、わても邱永漢はんのファンやったんで、
あん時はホンマにがっかりやったんだす。

Re: 署名しました!

べーちゃんはん、署名してくれはっておおきに!

別にわても人種差別・民族差別はしとおないんやケド、
普通の日本人の中にも生活破綻者・禁治産者はいてはるんだす。
「ゴミ屋敷」にするニンゲンはおるんですわ。
ナンボ生活費援助してやっても、それを酒やギャンブルに使こおてしまうダメ人間がおるんですわ。
可哀相やケド、あんま深入りするとこっちまでダメになるニンゲンもおるゆうんが現実だす。
たとえばオーカワなんぞ、ナンボお布施しても愛人にゼニ使こおて、一議席も取れへんでっしゃろ?

同んなしよおに、生活破綻民族・禁治産民族ゆうんもおるんですわ。
それが中国人と朝鮮人だす。
「中国4千年」とかゆうて、日本より昔から農業やっとったクセに、いまだに農業技術後進国。
「麦客」ゆう安い労働者使こおて、機械化も灌漑もよおでけん民族ですわ。
あまつさえ、山はハゲ山。
水も土も空気も汚染して、当の中国人が住めん国土にしてもおてます。

こんなんが大挙して台湾来たら、日本に来たら、
台湾も日本も人が住めん「汚染列島」になってしまいますんや!

報道特集でやっていますね

教育格差の話だけではなないですね。

報道特集「台湾学生の乱・世界の教育格差をなくせ」
2014年4月5日(土) 17時30分~18時50分

台湾の学生たちが立法院を占拠して半月余り。背景には、巨大化する中国に飲み込まれるのではないか?そんな危機意識がある。日本もまた、同じ課題を突きつけられている・・。

とにかく、台湾の学生達にエールを送りたい
貿易協定が締結されたら、台湾は完全に中国に飲まれてしまう
一度失われた基盤は二度と戻ってくることはない
東日本大震災の時には、台湾から多額の援助をして頂いたことを日本人は忘れてはない
今度は、私達日本人が台湾を支援する番です
微力ながらですが、署名に参加させて頂きました
加油台湾!!
I love Taiwan : !!

Re: 報道特集でやっていますね

カチカチはん、毎度だす!

わても「人種差別」や「民族差別」はアカン思うんやケド、
現実世界には「禁治産者」とか、
「禁治産人種」、「禁治産民族」、「禁治産国家」とかあるゆうコトがわかって来たんだす。

決して人種差別やないんやけど、
法定伝染病に罹患した人間は、「いっとき人権制限しても、隔離施設に収容せなアカン!」思うとるんですわ!

Re: タイトルなし

hiroはん、初めまして。

わても台湾になにかでけんか思おとるんだす。
東日本大震災の時の、台湾のお人らの200億円以上の義捐金、わては涙がでますのや!
今度はわてらがなんか協力せなあかんのだす!
せやないと、台湾のお人らに申おし訳ないんですわ!

ヒマワリのイラスト描いた絵葉書送るゆう運動も拡散したいんやケド、
まず、このわてが描かんと記事にでけんで四苦八苦しとるんだす!

加油台湾!
我是台湾的朋友!

自分にあったアプローチ

2ちゃんねるの使者さん
お疲れさまです。
こちらを覗かせてもらって勉強させてもらっています。

こちらでの記事や皆さんのコメントを見ていると脱会のアプローチは皆様々なんだなあと思います。
自分が一番興味のある得意分野で知識のあるところから突破口になっている感じがするんですよね。
そういうところからも人は個性を持ち、画一的な教えでは救われないなあと感じています。
大川って本当に単純ですよね。
自己客観性がないので、自分がいいと思っただけのことかもしれないのに、すべてが他人にも通用すると思っているのでしょう。

最近私は身近にいる関わるには厄介な人の対応を考えて人格障害を調べているんですが、大川隆法にも当てはまるなと感じています。
よく統合失調症だといわれていますが、人格障害もあると思っています。
基本的にはつきあうには難しいタイプであったものの、誇大妄想をぶち上げてそれに従った人間が出てきてしまい、今のようなひどい結果になってしまったのだと思います。
私はこのような人と付き合う術がありません。教祖だと持ち上げられても同じです。人間ですからね。

私は心理学的アプローチで幸福の科学の過ちを理解していますが、2ちゃんねるの使者さんのようなアプローチは参考になります。
今まで言ってきたことやってきたことを省みず大学を作っている幸福の科学にどれだけ人が集まるのでしょうか。
大学運営がうまくいかず、世間が幸福の科学をどのように見ているかを教団に関わっている人たちに認識してもらい、幸福の科学倒壊の一端になることを望みます。


参考
●自己愛性人格障害とはなにか●
http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになると、それは自己愛人格障害と呼ばれるものになります。健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。

御都合主義的な白昼夢に耽る。
自分のことにしか関心がない。
高慢で横柄な態度。
特別な人間であると思っている。
自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。
冷淡で、他人を利用しようとする。
批判に対して過剰に反応する。
虚栄心から、嘘をつきやすい。
有名人の追っかけ。
宗教の熱烈な信者。

なんでも自分の思い通りになるという空想に耽ったりします。内容的には、自分の万能感を満たすようなものになります。すべて自分にとって都合のいいように事が運んで、最後には自分が絶大な称賛を浴びるといったようなものです。自分だけが特別に評価されて大抜擢され、とんとん拍子に出世するとか、もっと空想性が進んで行くと、超能力的な力で現実を思い通りに動かすとか、あるいは過去にタイムスリップして、時代差から来る優越感に浸るとか、いろいろなパターンがあります。たとえば自衛隊が関ケ原の決戦に参戦したらどうなるかなどという空想は、圧倒的な文明の差による優越感に浸ることができます。

聞かれもしないのに、やたらと自分のことをしゃべりたがる人がいます。話が他へ移ろうとすると、強引に自分の話に戻そうとします。話の内容は自慢話的なものばかりで、聞いている方はうんざりしてきます。他人にはあまり関心がないので、相手がうんざりしていようとお構いなしです。

自分は特別な人間だ、パンピー(一般のピープル)とは違うんだという意識から、小市民的な生き方を軽蔑し、そういう人達と一緒にされることを嫌います。裏付けとなるものがなにもないのに、一目置かれる存在であることに非常にこだわります。

診断基準
アメリカ精神医学会 DSM-IV
誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。
以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される。

・自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績やオ能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。
・限りない成功、権力、才気、美しき、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
・自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
・過剰な賞賛を求める。
・特権意識つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
・対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
・共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
・しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
・尊大で傲慢な行勤 または態度。

Re: 自分にあったアプローチ

カチカチはん、毎度だす。
わてのブログが多少なりとも参考になるんやったら、嬉しゅう思いますわ。

ぶっちゃけわて、偉そおに書いてまんが、
全然ベンキョ不足で、「統合失調症」と「人格障害」の違いがよおわからんで書いとるんだす(笑)。
お恥ずかしい限りでわおまんが、他のみなはんも「話半分」で聞いとっておくれやす・・・(笑)。
ホンでもまあわても、「一歩間違っとったらオーカワみたいになっとった」ゆう自覚はおますんで、
そおゆう意味では多少なりともその辺をゆえるんやないかて思おとるんだす。

「アダルト・チルドレン、使者のおっさん」を今後ともよろしゅうに(笑)!

簡単に言いますと

2ちゃんねるの使者さん
できれば違いを知って使いこなすといいですよね。

統合失調症とはいわゆる脳やその他の部位の疾患です。つまり病気と言える状態です。
私の知り合いの身内におりまして、相談されたことがありますが、実際脳の萎縮があり、投薬治療をしていましたよ。

http://medical.yahoo.co.jp/katei/040309000/
統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する系列、情報処理・認知に関する何らかの系列にトラブルが起きているといわれています。

人格障害とは人格や性格の問題で社会や人間関係において不適応だったり、問題が起こることを言います。

http://kotobank.jp/word/人格障害?dic=igakukatei
対人関係や社会適応に重点をおいて判断し、不適応をきたしやすい場合を人格障害(パーソナリティー障害)と呼んでいます。「人格」障害といっても、欠陥人間や犯罪者という意味ではありません。精神症状ではなく、対人関係などのあり方で定義されるので、「人格」障害と呼ぶのです。

その人の問題が単純ではすまない場合もあるようです。両者が複雑に入り交じることもあり得ますから。

アダルトチルドレンがいわれるのは人格障害ですよね。愛されなかった子ども。見捨てられ症候群。
信者にこれらが多いのは大川に似ているものが集まっているという皮肉でしょう。
私もそうですから。
克服してしまえば黒歴史になるだけで終わってしまう話なのですがね。

>一歩間違っとったらオーカワみたいになっとった」ゆう自覚はおますんで、

そんなことはなかっただろうと思いますよ。
2ちゃんねるの使者さんは人の話が聞ける人だから。
大川レベルにはほど遠いですよ。

自己愛性人格障害に人を見ているとけなすと余計にがんばって自分はすごい人間だと騒ぐんですよね。
一番いいのは無視したり、相手にしないこと、理路整然とした批判だとわかってきました。
2ちゃんねるの使者さんはいいところをついていると思いますよ。

私の認識ですが

幻覚幻聴、鬱症状など脳に関わる症状が出た場合は病気。
霊が見えるや宇宙人を見た、神の声が聞こえる、悪霊が自分にささやくといった場合は病気でしょう。

神を見たことを周囲に触れ回り、自分にはそれだけの力があると誇示し、人の賞賛を得ようとする場合は、実際見たと言う場合は病気。実際見ていない、妄想だけで言っている場合は人格障害という感じだと思います。

もちろん両者が混じっている場合もあるのでなんとも言えないです。
大川の場合元嫁のきょうこ氏の証言で「夫が夜中にぶつぶつと霊言をしゃべっていた」と週刊誌に暴露した内容や、ファルコン告発にあるように薬を飲んでいたのが本当なら、病気だろうなと思います。
しかし取っている行動が整合性がないわけでもなく、自身の社会的評価を誇示し(なにもありませんが)、信者から金を巻き上げることを指示できるわけなので、この辺りは人格障害を思わせます。
どちらもあるのかなと思いますが。

このような人物を社会的リーダーと祭り上げ、他人とは違う能力の持ち主だと評価することはまさに教祖の狙ったところで、いいかげん信者には気がついてほしいところです。

Re: 簡単に言いますと & 私の認識ですが

カチカチはん、くわしい説明どおもだす。

なるほど、「統合失調症」は器質的なモンが関わった、れっきとした「病気」でんな?
一方で「人格障害(パーソナリティ障害)」は「病気」には入らないテゆわれとるよおでんな?

メンタル関連の症例にはいろいろおましてムツカシイですわ・・・。
   1 統合失調症
   2 ボーダー(境界性人格障害)
   3 躁病
   4 サイコパス
   5 自己愛性人格障害


わてはオーカワはおそらく「5.自己愛性人格障害」やないかては思おとるんでんが、
症例チェックやと「4.サイコパス」なんかドンピシャやし、
「大言壮語」の部分やと「3.躁病」にかかったわての先輩ともソックリなんだす。

せやケド、オーカワはどおも「幻聴」が聞こえるみたいなんだす。
今は閉鎖されてしもたアイマイミーはんのブログによると、
「会議中のオーカワは突然中を向いて、誰かの声を聞いてうなずくよおな仕草を良くしていた」とかおますし、
教団史のコラムにも「初期の、カーテンで仕切っただけの主宰室から先生が誰かと会話している声が良く聞こえた。
電話をしてるんだろうなと思っていたが、後でその部屋には電話はなかったという事を知って愕然とした」テ書いてます。
幻聴が聞こえる以上、「1.統合失調症」か「2.ボーダー(境界性人格障害)」やないかゆう気もするんですわ。

わてのブログは今、「日本ブログ村」の「統合失調症カテゴリ」にも参加してますんやケド、
わての見立てが間違ごおとったら病気で苦しんどる方々には失礼だす。
カチカチはん、「人格障害・パーソナリティ障害カテゴリ」にでも引っ越した方がええですやろか?

私の思うところですが

2ちゃんねるの使者さん。
長文すみません。

>メンタル関連の症例にはいろいろおましてムツカシイですわ・・・。
   1 統合失調症
   2 ボーダー(境界性人格障害)
   3 躁病
   4 サイコパス
   5 自己愛性人格障害


多分こうだと思います。私は専門家ではないので私の理解のことですが。

統合失調症 →病気
躁病 →病気
サイコパス →人格障害(多分反社会性)
ボーダー(境界性人格障害)→人格障害
自己愛性人格障害→人格障害


>自己愛性人格障害」やないかては思おとるんでんが、

私もそうだと思います。元々はそうだったものがよくわからないこっくりさんや行などのオカルト行為を行なって幻聴幻覚がでるほど病んでしまったのではないかと思います。(ストレスの過剰でも出たりするくらいですから)
人格障害はいろいろ種類があるのですが、大川隆法は混合型のように見えます。
自己愛ほか、演技性もあるし、反社会性や妄想性も感じられます。
宗教団体の教祖様という人生を選んでしまった故にこじれにこじれている感じがします。

また、幸福の科学の発展を見るとふつうでは考えられないことが多々起こっています。例えばエルカンターレ(俺神様)宣言、フライデー事件、裁判、教団の発展から出た莫大な利益、神様のコプスレ、幹部の暴走裸の王様が暴露、夫婦の不仲、弟子の造反などなど。これが大川隆法の身の上に起こったことです。普通じゃないですよね。しかも、教団施設に閉じこもり、自分を崇拝する職員信者とだけ関わっている人間がまともな神経でいられるとは思えないんです。今本気で大川隆法のためを思ってつきあっている人間は彼の周囲にいないでしょう。人格障害を改善するために愛されていなかった子どもの頃の自分を受け入れてもらう必要がありますが、今の大川隆法の周囲にそのような人間がいるとは思えません。

もともと幻聴幻覚の症状があるのに、それを適切に対処するどころか、事実を隠蔽し、霊能力と持ち上げて嫁や幹部に奉られているのを思うと、教団には誰も大川のことなど本気で心配していないのだなとわかります。ファルコンの告発にあった、嫁の実家で準備した薬が必要だとわかって渡しているのならば、大川隆法が精神的に病気であると周囲がわかっていたわけですから、ひどいものです。

>せやケド、オーカワはどおも「幻聴」が聞こえるみたいなんだす。


普通は病院に連れて行くレベルですよね。
幻聴は脳に何らかの障りがあると考えるようですよ。

●「誰もいないのに声が聞こえる」というのはどんなことですか
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/symptom2_4.html
聞こえる声の背景にある病気

幻聴(幻声)を引き起こす原因として、いくつかの精神科の病気が考えられます。代表的なものを3つ挙げてみましょう。
ひとつは、統合失調症という病気です。統合失調症の幻聴は、不安で恐ろしい気分、周囲の世界が変わってしまって切迫したような感覚とともに聞こえてくることが多いものです。10代後半から20代に始まることが多い病気です。
次は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)という病気です。こころが非常に傷つくような出来事を経験した後に、その経験がよみがえるようにして幻聴が聞こえてきます。短い言葉のことが多いようです。しかし自分では、昔のことがよみがえるという感覚は必ずしもありません。
最後は、薬物によるものです。アルコール・大麻・覚せい剤・シンナーなどいろいろな薬物によって、使用している最中、あるいはしばらくたった後に、幻聴が聞こえてくることがあります。

>「人格障害・パーソナリティ障害カテゴリ」にでも引っ越した方がええですやろか?

思うんですが、2ちゃんねるの使者さんが統合失調症とは何か、人格障害とは何かわからず、また大川隆法がそれらしくあってもはっきりとはわからない以上、カテゴリーの登録は難しいのではないでしょうか。

私でしたら、身近な人間が証言した、もしくは公の行動での大川隆法の奇妙な行動の記事を出し、それが統合失調症なり、人格障害なりの事例と比較して、記事を読んだ人に判断してもらうようにします。このような症状がある人を神様だと思いますか?と。事例を出し論じたもので判断してもらうのが一番いいと思います。まあ、これだと宗教団体批判カテになるんですよね。

それにこのブログは宗教関係カテゴリー関係だけでも十分だと思いますよ。読者がたくさんいますよ。

自己愛性人格障害のサンプル 経験から

父なのですが、非常に難しい状態で、本人の自覚がないのでいかんともしがたく、私はつきあうことをやめました。絶縁です。
賞賛を常に求めるのには辟易します。加えて攻撃的で支配的で、自分以外の人間はすべて愚かなので、バカにしてきます。私が参ってしまいます。(二世信者で親が子どもに入信を強要し、教団の間違いに気づいた子どもが脱会と親との断絶をするのは似たような図式だと思います。)
前々から言動に人格障害を感じていましたが、知識を得てみるとまさにその通りだと思いました。

自己愛性人格障害の人は自分の客観視できませんし、他人の立場で見ることができません。
自己愛性人格障害の特徴から父をどうとらえるかを考えてみると、彼を変えることは私にはできません。
私ができることはNOと言うことだけです。
自分ができることしかできないのだから離れるしかないと結論づけました。
関わるのは無理だと決定的に納得したのはこのことからです。

大川隆法が自己愛性人格障害であるなら、こういえます。
大川隆法は自分のことしか考えていない人間です。悟りを得た人間などではないということです。
大川隆法が賞賛されるために他人は存在しているのであり、常に自分は賞賛されるべきものだと考えています。
どうしてそう思うのかというと、親にほめてもらえなかった悔しい思い、惨めな思いが残ったままであるからです。
そこから抜け出せず、自分で自分は素晴らしいのだと人からの賞賛を無理矢理にでももらいたいのです。
精神発達が非常に未熟で賞賛されるためには次から次へと嘘を言うのが平気です。
自分より素晴らしいものはいない、いれば嫉妬の対象となり攻撃する。嘘でも貶めることを言ったりします。
自己愛性人格障害とはそういったものです。

己が悟った、自身は神だと言えばその通りになるのではありません。
まさに「正しく」相手を見て大川隆法がどのような人物なのか判断してほしいと思います。

Re: 私の思うところですが

カチカチはん詳しい説明恐れ入ります。

うーん、確かに今んトコロ、オーカワを「統合失調症」テ言い切るんには無理がおますなあ。
こおゆう一知半解な理解で「統合失調症カテゴリ」におるんは病気で悩んどるお人らには失礼ですわな。
近いうちに「統合失調症カテゴリ」からは退去する事にしましたわ。
ホンでとりあえず、「人格障害・パーソナリティ障害カテゴリ」あたりに引越ししますわ。
そこでちょっと他の方の意見を聞くコトにしよかいなテ思てます。

わての目的はあくまで、
  1.自分と女房が幸せになること
  2.そおために、女房の洗脳を解くこと
  3.洗脳を解くために、コーフクを潰すこと(女房は潰れんとワカランから)
  4.ついでに教祖の心理、騙される信者の心理を未来に残す事
なんだす。

オーカワを宗教家や思うと、ワケワカランよおになるんですわ。
オーカワを人格障害やて思うと、すべてがスッキリわかるんだす。
この分野はまだまだ未発達ですんで、わて、将来のケーススタディとして記録を残したいんですわ。

将来、こんなんなったらええでんな!
   子 「お父はん、『自己愛性人格障害』って、なんやの?」
   父 「こないだテレビで幸福の科学やっとったやろ? あれに出て来た大川隆法ゆうんが『自己愛性人格障害』なんや」
   子 「あ、そおか! わかるわかる~!」

Re: 自己愛性人格障害のサンプル 経験から

ええ? これ、カチカチはんの体験でっか?
「攻撃的」ゆうトコ以外はわてのおとんと同じやおまへんか!
あと違ゃうトコは、わてのおとんは宗教なんか馬鹿にしとった代わりに、わてが宗教に走ってしもたゆうトコですかいな?

わて、二世はんらの洗脳解除のために、いずれわての体験も書かなアカンて思てましたんや。
そん時カチカチはんのこの話、併記してもよろしいでっしゃろか?

そうなんですよ

2ちゃんねるの使者さん
またまた長文ですみません。誤解なくと思うとくどくなってしまう。ごめんなさい。

>うーん、確かに今んトコロ、オーカワを「統合失調症」テ言い切るんには無理がおますなあ。

統合失調症の判断は病院行っての診断が欲しいところなのですよ。ここをいじるより、行動で判断できる人格障害であろうというほうがまだわかるし、同じところで悩んでいる信者もいるだろうし、と思います。

>わての目的はあくまで、
  1.自分と女房が幸せになること
  2.そおために、女房の洗脳を解くこと
  3.洗脳を解くために、コーフクを潰すこと(女房は潰れんとワカランから)
  4.ついでに教祖の心理、騙される信者の心理を未来に残す事
なんだす。

1.2をまずは達成されて、3.4に行きたいところですね。3.4ができなくても私は使者さんがまずは幸せになってほしいと思います。幸福の科学の呪縛から離れることが一番いいですから。

大川隆法の間違い明確にし、またなぜそれに惹かれてしまった自分の心を明確にする必要がありますね。
この人格障害に関してはわかりやすい内容、まとめがいるのかなあ。
私は自分の必要性からあれこれ本を読んだり考えたりしていますが、まとめを書いてみましょうか。
お役にたつかどうかわかりませんけど。

>オーカワを宗教家や思うと、ワケワカランよおになるんですわ。
オーカワを人格障害やて思うと、すべてがスッキリわかるんだす。

宗教家の項目に一切当てはまらず、人格障害の項目にはド・ストライクですもんね。
ほとんどの人はここに気がついているのですが、似た者には親和性を感じることから同じ人格障害の人が集まってしまうという恐ろしさ。

私が考えるところですが、ちょこっと思い出すところで書き出してみます。

アルゴラブさんの告発は初期の大川隆法の様子がわかります。
父である善川氏や兄の富山氏、大川隆法の母親とのやり取りの断片。

優秀な兄へのコンプレックス、オカルトや霊、宗教めいたものを容認する家庭環境などが感じられます。
善川氏自身が社会への適応ができないままであり、息子の妄言を出版社に売り込むことにより、社会からの賞賛が欲しかったのではないかと感じます。

ファルコンさんの告発では嫁や子どもとのやり取りの断片。

嫁との不仲。自身が理想とする家庭が築けない。最終的には裏切り者だと嫁をののしり、追放するところからこのことが伺えます。「裏切り者」というのは大川の本音でしょう。なにがどのように「裏切り者」なのかはわかりませんが、嫁が大川を裏切ったと考えているということだと思います。子ども、信者を味方につけているところからも伺えます。大川は自分が正しいという立場から離れたくないのは教団運営上の問題ではない感じがします。自信がないから相手をののしり、自分の味方につけようとしている必死さが伺えます。

初版太陽の本の自己の過去。ミニ自伝の部分。

これは自分で著し、自分から公にしたものでこの文章には非常に大きな意味があると思っています。なぜこれを書いたのか?と考えると自身に悩みがあり、それをわかってほしかったからと思えるのです。その部分を指摘されると今度は訂正、削除し自慢のようなものに差し替えてます。つまり、この部分には他人がどう見ているのかを非常に気にしていたと言うことです。
大川隆法は法であり、神であるというのなら、なぜ個人的な中川隆を自分からさらしたのでしょうか。確かに教祖はどんな人物だろうか?と他者が興味を持つのはわかるのですが、宇宙の法を悟り、宗教家として生まれ変わった身の上だというのに、なぜあえて自身の過去をさらして、また他人の評価を気にするのか。


幸福の科学での宗教家としての行動、発言はすべて中川隆の心の発露として考えていいと思います。
人格障害の人は嘘をつこうとして嘘をつくのではなく、本当のこと、自分が思った正直なこととして嘘をつきます。意外と正直なんですよね。自己をすごい人間だと知らしめるために選挙に出る。本音は出たくなくてもすごい人間だと知らしめるためにはやってしまう。自身がすごい人間だと知らしめるのは他人が気になるからです。自分が一番で他者は自分を賞賛するために存在するのに、他者が気になる。どちらも大川隆法の本音です。

これが宗教家だと敬うのは難しいですね。

Re: 自己愛性人格障害のサンプル 経験から

2ちゃんねるの使者さん
>ええ? これ、カチカチはんの体験でっか?

そうです。
兄弟全員このために幸福の科学に入会してます。
一人はガチガチの職員。
一人は幽霊会員。
私は、入会後、大川は宗教ビジネスをやっていた詐欺師と気がつき、さっさと脱会です。

父は宗教は嫌いですが、代わりにお金を拝んでいました。当時は高度成長期のど真ん中。金があるものがすべて勝利するような思想でした。実際金を持っていたので、非常に増長していました。というか、金しか持っていなかったのだと思います。すべては損か得、金があるかないか、強いか弱いかで決められ、他人と話す内容は自慢か、他人をバカにする話でした。子どもには育ててもらっている感謝の強要と、自分がいかに苦労したかの話と、気に入らないなら出て行けと話すことはそれしかなく、母はそれを傍観し、親子の心の交流があったとは言えない家庭でした。

このため金より心だと宗教に走る子どもがいてもおかしくないです。
一番負担があった兄が宗教に走り、まずは某キリスト教系の新興宗教に入信します。
しかし超能力に興味があったため、オウム→阿含→幸福の科学へと興味をうつし、幸福の科学に入会します。
周囲に伝道しまくり、私も影響を受けて入ってしまいました。やはり人生は金より心だと思っていたからです。

私は自分に正直でおかしいものをおかしいと思う心があったこと、どうしてこうなっているのだろうと探求する気持ちがあったこと、いろいろな本を読む習慣があったこと、心理学の知識が少しあったことから、幸福の科学を抜け出せたと思います。

二世信者さんは大変だろうと思います。
宗教以外でも似たようなものを押し付けられて苦労している子どももいます。参考になるといいですけど。

パーソナリティ障害(人格障害)について

自分でも調べたいことがあるので、まとめたらこちらに貼付けようと思います。
お時間いただくと思いますが。
この記事のコメント欄ではいわゆるスレチかなと思うのですが、いいでしょうか。

Re: そうなんですよ & Re: 自己愛性人格障害のサンプル 経験から & パーソナリティ障害(人格障害)について

カチカチはん、いろいろ詳しゅう解説してもろて助かりますわ。
ホンマはわても人格障害について、キッチリ勉強せなあきまへんのやケド、
なんせ近年オーカワが狂ったよおに霊言乱発しよりますんで、時間が取れまへんのですわ。
多分これからますますオーカワの奇行は増えて来まっしゃろから、
わても潜入取材で手一杯になりそおなんだす。

  >ほとんどの人はここに気がついているのですが、
  >似た者には親和性を感じることから同じ人格障害の人が集まってしまうという恐ろしさ。

ホンマにそおや思います。
今残っとる信者はんらは「正しいから信じる」んやのおて、
「なんとなく親和性を感じるから残っとる」ゆう感じがするんですわ。
おそらくナンボ正論かましても、「アー、アー、聞こえなーい! 聞きたくなーい!」や思うんだす。
実はわての女房がこのタイプなんで、コーフクが潰れるトコ見せるか、社会問題起こすトコ見せるしかないんですわ。


人格障害や心理学の解説はカチカチはんにお願いしますんで、
思いついた時に書き込んでもらえまへんですやろか?
このスレも確かにスレチでんが、すでに署名も目的を終えたみたいですんで、
このままこのコメント欄に書いてくれはって構わんでっせ。

Re:パーソナリティ障害(人格障害)について

2ちゃんねるの使者さん

了解しました。
ネットで使えそうな資料や入門書などを何冊か読んでいます。
まとまったらこちらに貼付けますね。
お待ちくださいませ。

>「なんとなく親和性を感じるから残っとる」ゆう感じがするんですわ。
おそらくナンボ正論かましても、「アー、アー、聞こえなーい! 聞きたくなーい!」や思うんだす。
実はわての女房がこのタイプなんで、コーフクが潰れるトコ見せるか、社会問題起こすトコ見せるしかないんですわ。

そうですね。
幸福の科学が潰れるのはいいと思うんですが、でもなぜ奥さんが幸福の科学に親和性を感じるのかを考えていかないと解決しませんよ。外因と内因の問題は両輪でどちらも必要なことですよ。
幸福の科学が無くなっても奥さんは似たようなものを探し出してきてまたそれに依存するかもしれません。

オカルトをメインとした教祖自身を神だと主張する宗教のいかがわしさと問題性を指摘し、かつなぜそれに惹かれてしまったのか、自分の問題を見つけることは大事だと思いますよ。

私のことですが、幸福の科学で知り合い結婚しましたが離婚しました。私は幸福の科学が宗教ビジネスの詐欺師であることを説得しましたが、理解できないようでした。相手は離婚にあたり一応脱会することになりましたが、しばらくして違う似たような新興宗教を探してきて入信していました。

私は若いときに親との問題が引き金で幸福の科学に入会しました。生きていく指針なるものが欲しかったからです。私はこのような新興宗教に指針を求めたのはなぜだろうかと考えました。私の場合は幸福の科学はもっともらしい人生の答えを出していたからです。それが役に立つのか、真実だからとはわからなかったのですが、本来答えがない人生の答えをくれたからだと思います。パクリの安っぽい思いつきのものだと気がついたときは愕然としましたが、そのときこそ私が成長したと言える瞬間だったと思います。

人生いろいろな問題を抱えて皆生きています。私のような理由以外で子どものいじめ、病気、夫の事業の失敗、結婚できない、などなどでオカルト系の宗教や団体に入会する知人たちがいました。答えが欲しい人はたくさんいて、新興宗教に入信するきっかけは誰にでもいつでもあるんですよ。個々が気がつくだけの認識を上げる必要があると思いますよ。

何となくですが、話を聞いてあげるだけでも前進する気がしますけどね。(その人の想像する)大川に自分の自己確立の部分を明け渡して親近感を感じているのは、身近に自分のことをわかってくれないということでもあるわけです。何が欲しい答えなのか想像する大川に頼るのではなく、話ができる目の前の家族と話ができるといいのではないかと思うんですけどね。

メサイアコンプレックス

2ちゃんねるの使者さん。
これも信者には当てはまっている人が多いのではないでしょうか。
重要だと思うので貼っておきます。

メサイアコンプレックス
http://ja.wikipedia.org/wiki/メサイアコンプレックス
メサイアコンプレックスとは人を助けずにはいられないような共依存的心理を表す用語である。

メサイアというのは、一般的な日本語ではメシア(救世主)と言われるもののことである。この心理が形成されるのは自分は不幸であるという感情を抑圧していたため、その反動として自分は幸せであるという強迫的な思いこみが発生するとされる。さらにこの状況が深まり、自分自身が人を助ける事で自分は幸せだと思い込もうとするとされる。

なぜこのような論理になるかと言えば、幸せな人は不幸な人を助けて当然という思い込みを自らに課す事で「自分は幸せである、なぜなら人を助けるような立場にいるから」という理論を構築できるためである。本来は人を援助するその源としてまず自らが充足した状況になることが必要となるのだが、この考えは原因と結果を逆転させており理論的には無論無理がある。

結局のところそういった動機による行動は自己満足であり、相手に対して必ずしも良い印象を与えない。また、相手がその援助に対し色々と言うと不機嫌になる事もある。しかも、その結果が必ずしも思い通りにならなかった場合、異常にそれにこだわったり逆に簡単に諦めてしまう事も特徴的である。このようなことは宗教などの勧誘にも見られる。

メサイアコンプレックス2

こちらがわかりやすくて詳しいので貼っておきます。

あなたも、「メサイア・コンプレックス」?
http://allabout.co.jp/gm/gc/299180/
隣人を愛せないのに、人類愛を説く「メサイア・コンプレックス」

「メサイア・コンプレックス」という言葉をご存知ですか? 「メサイア」とはメシア、つまり救世主のことです。自分で自分を救い、愛することができないのに、世のため人のために尽くすことにこだわることを、「メサイア・コンプレックス」といいます。

たとえば、こんな人がメサイア・コンプレックスにありがちなタイプです。

●「将来の夢は?」と聞かれたときに、「人類を救済する」「世の中を変える」などと大言壮語する
●理想的な理屈ばかり言うが、現実に即して考えるのは苦手
●「人類愛」を説くわりに、友人や家族のことはどうでもいい
●「親切にしよう」と言うわりに、小さな親切に感謝できない
●身近な幸せを見つけられないのに、大きな幸せを与えることにこだわる

共依存とは

共依存
http://ja.wikipedia.org/wiki/共依存
共依存とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存する、その人間関係に囚われている状態を指す。一般的に「共依存」と言うと、病的な人間関係などを指すことが多い。共依存者は自己愛・自尊心が低いため、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、共依存関係を形成し続けることが多いと言われる。

現在では、単にアルコール依存症患者との関係だけでなく、「ある人間関係に囚われ、逃れられない状態にある者」としての定義が受け入れられている。例えば、暴力を振るう夫とそれに耐える妻の関係、支配的な親と愛情を受けたい子供の関係、相手から愛されることが目的となっている恋愛関係などがある。この観点から、自立できない子供のパーソナリティ障害・恋愛における自己愛的な障害・ストックホルム症候群にまで共依存の概念が検討され、使用されるようになっている

前4コメへ返信

カチカチはん、お世話になります。
わてもちょっとリキ入れた記事を3本ほど書かんとあきまへんので、ゆっくりで結構でっせ(笑)。


Re:Re:パーソナリティ障害(人格障害)について

カチカチはんもやっかいな育てられ方をしたんですな・・・?
わてもかなり似たよおな育てられ方をしましたんで、カチカチはんには共感しますわ。
わては「お前のせいで苦労させられる」ゆう罪悪感と、
右行っても左行っても否定される、「ダブル・バインド」を植えつけられとったよおなんだす。
「ありのままの自分」、「自然体での自分」を否定され続けて育ったんで、
「どないな生き方したら、親から否定されんで済むんや?」ゆう動機で宗教に走ったんや思います。

【それと、女房の原因はわかっとるんだす。要おするに、あいつはアホなんだす。
誤解なきよう正確に表現すると、「エル・カンターレを信じている純粋な自分が好きっ!」って酔っておるんだす。
「幸福の科学信者」やのおて、「自分教信者」なんだす。
その証拠に教義や法話の説明をさせても、「とにかくもう全~部凄いの!」しかゆえんのだす。
信者の風上にも置けんヤツですわ(笑)!】

 ※ 【  】部分、将来女房にこのブログを見せる日が来た時には、削除せんとアキマヘン(笑)!


Re:メサイアコンプレックス

うーん、他の信者はこの視点から観察したコトおまへんので断言でけまへんが、かなりおるかも知れまへんなあ・・・。
少なくともわての場合は「慈悲魔」ゆうカタチで現れとります。
わてのココロの奥底を分析&検証すると、2点おますのや。
1.「自分は生きとるだけでみんなに迷惑をかける存在らしい。せやから普通以上に他人に良おせんとあかん・・・」
2.不幸な人ゆうか、困っとる人に手を差し伸べると、当然感謝されますやろ?
  それがわてみたいなニンゲンには快感で、クセになるみたいなんですわ。
  読者のみなはん、わてもかなりダークなニンゲンなんで、ご用心、ご用心(笑)。


Re:共依存

うわあ、これはまさにどストライクの話題でんなあ!
これもいずれ記事にまとめんとあきまへん!

お返事です

2ちゃんねるの使者さん

お忙しいところ連投ですみませんです。
私も実は忙しくなっているのですが、調べていると止まらず。笑。
親の問題が自分の中で一段落したせいか、前の理解とは変わってきているようで、調べていると新たな発見がありますね。

>右行っても左行っても否定される、「ダブル・バインド」を植えつけられとったよおなんだす。

同じですわ。家は感謝の強要があり、子どもは親に敵わないことを植え付けられたので私は生まれてきたことを否定していましたね。生まれてこなければ良かったんだとずっと思っていました。よく「子どもは金がかかる」と直接も間接的にも文句を言われましたよ。いい子になっても認めてもらえるわけではありませんでした。
私が入会した当時の学生部の信者は、みな親との問題を持っていた感じです。少なくとも私が知っている人はそうですね。

>あいつはアホなんだす。

あはは。奥さんへの愛情を感じるので、笑っておきますよ〜。笑。

>誤解なきよう正確に表現すると、「エル・カンターレを信じている純粋な自分が好きっ!」って酔っておるんだす。

宗教をそのように利用する部分はあるでしょうね。欲にまみれたこの世に信じられるものは純粋な精神と高貴な神。それに関わっている自分が素晴らしい、価値があると。私も潜在的にこの気持ちはありましたね。しかし子どもを育てるときにこの考えだとダメなので捨てました。理想だけでは子どもは育てられませんから。子どもが私に教えてくれたことなんですよね。

>1.「自分は生きとるだけでみんなに迷惑をかける存在らしい。せやから普通以上に他人に良おせんとあかん・・・」
>2.不幸な人ゆうか、困っとる人に手を差し伸べると、当然感謝されますやろ?

まさにメサイアコンプレックスでは??

メサイアコンプレックスは以前から知っていましたが、一般向けの文献ではあまり見かけなくてあまり知識があると言えません。この辺りはパーソナリティ障害(人格障害)と絡むようで調べる必要がありそうです。

私もその気持ちがあると気がついたときから違和感があったんです。なぜ人に不必要に親切にしたがるのだろう、相手に自分で出来ることすら親切だと押し付けている。余計なおせっかいをしている。私が他者からのよい評価を求めている部分があると。「いい人」といわれたくてやっている部分があるわけです。見返りを求めず親切にしているのに、いい人と思われて嬉しいはずなのに、でもなんだか疲れる。突然人と関わることが嫌になる。親切にした人と関わりたくなくなる。なんだか不自然な親切行為で違和感があることをしているんですよ。よく見ると仲の良い信者もやっているんです。どうしてわかるかというと、何か違和感があるのでわかるんです。確かに行動は感謝も見返りも求めていないけれど、他者を見ていないのに他者に親切にしているというか。

どうしてそう思うのか?
2ちゃんねるの使者さんが言う1.2が理由なら、そのとおりなんです。

自己否定が強く周囲から認められたいと感じている人は当てはまる人がいそうです。他者に「いいこと」をしても自己が肯定されないままなので、何も解決しないし、自己肯定感が欲しくて同じことを繰り返すのではないかと思います。「いいこと」をしているのに自分は否定されることはないと考えるところもあるでしょう。

この辺りが大川のいう「与える愛」とリンクするような感じがします。大川自体がメサイアコンプレックスを持っていると感じます。また、この心理を利用して信者を動かすことが出来ますね。

共依存は前から言われていますが、パーソナリティ障害とメサイアコンプレックスとでリンクしていそうですね。
カルト新興宗教にハマる人の心理で良いものはないかと調べているのですが、なかなか見つかりません。でもこのあたりではないかなと感じています。

分析はいいんですが、問題はどうやってよい方向に転化できるか、なんですよね。そこも調べてみたいですね。

Re: お返事です

カチカチはん、ホンマにおおきに!

なんちゅうか、わての気持ちを理解してくれはる人がおるんは嬉しいですわ。
まあわても、この年なって親を恨む気持ちはおまへんケド、
普段普通にしとってふっと感じるんは、自分の罪悪感・劣等感・無能感・無価値感、
それと「どお生きたらええんかワカラン不安感」なんですわ。
まあこんなん両親から刷り込み洗脳された、文字通り「○○感」でおまして、実態なんぞないんはわかってますのや。
せやけどアタマでわかっとっても、無意識の行動や考え方に影響が出とるなあテ感じるんだす。
「子供の頃の洗脳って、なかなか抜けんな」思う今日この頃なんですわ・・・。

感謝

2ちゃんねるの使者さま
カチカチさま

すごく勉強になります。本当にありがとうございます。
思わずコピーして日記に貼り付けてしましました。

僕もです。

メサイアコンプレックスという言葉を初めて知りました。
とても勉強になりました。
ありがとうございます。

知識が心の縛りをなくすものになるといいですよね

心理学の知識についてちょっと思うことです。
いろいろ貼っておいたこともありまして、必要かなと思い書かせていただきますね。

幸福の科学では大川の教えが縛りとなり、裁きの杖となり、不自由にします。
人の心の動きや発達を知ることによって縛りから解き放たれ、人を裁かず、自由になるといいですよね。

私の知り合いで幸福の科学ではないあるカルト宗教の二世信者がいました。母親に問題があったようで、パーソナリティ障害だったようです。中学ではいじめにあったりもしたようです。いつもびくびくしていました。父親が病気になり、妹の統合失調症がひどくなり、その人は今までの我慢が母親に噴出しました。私はその相談を受け、カウンセラーさんを紹介しました。どのような内容で解決に至ったのかはわかりませんが、うまく収まったようなことを聞きました。このことからその人は心理学に興味を持ち、入門書などを読み、パーソナリティ障害について知ると、得た知識で母親を攻め始め、反省を求め、謝罪を強要するようになってしまいました。

本来その知識は自分の心の縛りを解き、自分自身を認め、心が安定し、周囲との関係が良くなるものであるはずなのですが、裁きの道具になってしまったのでした。それはその人の母親がその人にカルト宗教の教義を強制的に信仰させたのと行動としては同じことです。良い手段があってもその使う人の心が安定しなければ悪い手段になってしまいます。

私は大川隆法がパーソナリティ障害だとし、その行動の動機を考えてみてから、大川隆法に過剰な反応をしなくなりました。私の中から幸福の科学と大川隆法は出て行ったのでしょう。ずいぶん時間はかかりましたが、皆様におかれましても解き放たれる日が来ることを希望します。そして断片的ではありますが、心理学の知識で人を裁くのではなく、ぜひご自分の心の安定をもたらすものでありますように。

お返事です。

このコメント欄を私物化してるようですみません。
ちょっとはお役になっているのかな。

2ちゃんねるの使者さん

>普段普通にしとってふっと感じるんは、自分の罪悪感・劣等感・無能感・無価値感、
それと「どお生きたらええんかワカラン不安感」なんですわ。

原因はなんでしょうね。私も昔は常にそんな感じでした。今はないです。不安になると出てきますが、その不安は体調が良くない(主にホルモン系か?)と思うときに周期的になります。脳内の神経伝達物質(セロトニンなど)の欠乏なんかでも原因はあったりします。

また私の場合ですが、親の行動による「お前なんかいらない」も原因としてありましたが、私自身が、自分の思うことを自分が認められない、正直に受け止めていない、常に自分が自分を否定しているという気持ちがありました。それに気がついてから出来るだけ自分に正直になり、気持ちを独り言でいいから吐き出し、「そうか、私はこう考えているんだ、私は私だ。その気持ちが人にどう思われるかは関係ない」と納得するという作業をするようにしました。

人に認められたいと必死になり、自分を隠してきたので、この作業を積極的に行なわないとなかなか自分の本音が出せなかったのと、自分の気持ちが人の目を気にして愛されたい自分でコーティングしないためです。常時親に嫌なものを植え付けられた自分が自分を否定していると、心の安定が難しいと思います。誰が認めなくても自分は自分の味方である、正直な自分を自分が認める、これが自信の第一歩だなと思っています。長期に続けてきて、また自分のいいところを認めて付き合ってくれる人がいたことも良かったです。

あとね、劣等感は悪いものではないですよ。

アドラー心理学が劣等感について言っていますね。
コンプレックスという言葉はユングが作ったものですが、意味は劣等感というものではありません。心理学者アドラーがコンプレックスのなかに劣等感なるものがあるとしました。

アドラー心理学
http://ja.wikipedia.org/wiki/アドラー心理学

アドラーが自分の心理学について、個人心理学と呼んだように、アドラー心理学では、個人をそれ以上分割できない存在であると考えることから、人間の生を、個人という全体が個人の必要な機能等を使って目的に向かって行動している、というふうに考えている。より具体的には、人間は、相対的にマイナスの状態(劣等感を覚える位置)から、相対的にプラスの状態(優越感を覚える位置)を目指して行動している、と考えている。

2ちゃんねるの使者さんは自己評価が単に低いだけのような気もしますよ。


さざなみさん
べーちゃんさん

お役に立ちますか。よかったです。参考になりそうなものがありましたらまた見つけてご紹介しますね。
パーソナリティ障害のまとめも今考えてるので、出来たらご覧下さい。

Re: 感謝

さざなみはん

いや、そないにゆうてもらえたら、わてはもお・・・。

Re: 僕もです。

べーちゃんはん

カチカチはんはよお勉強してはりまんな?
わても参考になりますわ。

いろいろと

カチカチはん

Re:知識が心の縛りをなくすものになるといいですよね

思い出したコトがおます。
わてのおかんは武家の生まれで、礼儀作法にうるさかったんだす。
そんなもんやから家に来るお客はんらもかえってキンチョーしてまうし、
おかんも無作法なニンゲンには不快感を感じとったんだす。
裁くまではしとらんかったんですケド、人のランク付けをするトコロがおました。
本来、礼儀作法ゆうんは相手を不愉快にさせんで、
どっちかゆうたら客を喜ばせるゆうんが本来の趣旨や思うんだす。
客をキンチョーさせたりランク付けするんは使い方を間違ごおとったなテ思いますわ。


Re:お返事です。

うわあ、「お前なんかいらない」でっか?
カチカチはんの親御はんも酷いでんなあ!

まあわての場合も似たよおなもンで、ナニをやっても「お前はダメだ、お前は困ったヤツだ」ゆわれてましたからなあ・・・。
小ガッコの時はけっこお成績良かったんで、テストでよお100点とって帰って来ましたんやケド、
「そんなん授業をしっかり聞いとったら当然や!」
「お前はすぐそおやって天狗になるからあかんのや!」
ゆわれとったんだす。100点より上は努力のしよおがおまへんのに・・・。

今考えましたら、わては別に褒めてもらえんでもよかったんや思います。
親が嬉しそおな顔をしとったら子供心にも満足しとったテ思います。
ホンでもおとんはわてを腐してからかって喜こんどったし、
おかんは後妻なんで基本わてには無関心。

あ、わてのホンマのおかんはわてが1歳のときに死にましてナ、
ここでゆうおかんは、わてが5歳の時に再婚したおかんですわ。
ホンで、ここだけのハナシなんやケド、
わて、おとんのコトは「お父ちゃん」、おかんのコトは「お母さん」呼んどったんだす。
別に親からゆわれたワケやないんやケド、子供心に気ぃ使ことったんでんな?
ホンでも今考えたらおとんもおかんも薄情やわ!
「そんな区別せんで“お母ちゃん”て呼びぃ!」テ叱ってくれたらナンボ気ぃがラクやったか・・・。
なんちゅうか、変なトコに気ィ使こおて、コドモのクセにオトナのよおで、
かといってオトナではない、ややこしいコドモやったんだす。あっはっはあっ!

> まあわての場合も似たよおなもンで、ナニをやっても「お前はダメだ、お前は困ったヤツだ」ゆわれてましたからなあ・・・。
> 小ガッコの時はけっこお成績良かったんで、テストでよお100点とって帰って来ましたんやケド、
> 「そんなん授業をしっかり聞いとったら当然や!」
> 「お前はすぐそおやって天狗になるからあかんのや!」
> ゆわれとったんだす。100点より上は努力のしよおがおまへんのに・・・。

私も同じようなことを言われて育ちました。
小学校ではケアレスミスでもない限りほぼ常に100点、
中学校では常に上位20位以内(1学年300人の学校)でした。
「100点か、あっそ。」
「それよりなんでちゃんと食器洗えないの!」
だもんなぁ。罪悪感しかわかないっつぅの!

最近、親は自身の理想像になるまで納得しないんだなと気づいたときに
徒労感とか、無力感とかになりました。
それでも、親に認められて喜んでほしいのは子供の真理なんですよね。

親が子どもをどうあつかっていいかわからないんですよね

2ちゃんねるの使者さんもいろいろとあるんですね。

>わて、おとんのコトは「お父ちゃん」、おかんのコトは「お母さん」呼んどったんだす。
別に親からゆわれたワケやないんやケド、子供心に気ぃ使ことったんでんな?
>ホンでも今考えたらおとんもおかんも薄情やわ!
「そんな区別せんで“お母ちゃん”て呼びぃ!」テ叱ってくれたらナンボ気ぃがラクやったか・・・。

気を遣ってたんですね。
お父さんはお母さんに気を遣っていたので言えなかったんでしょうね。
それをみて、子どもの2ちゃんねるの使者さんも気を遣っていたんですよ。
一番弱い立場の子どもが一番を気を遣って家庭の平和を維持していたのでしょう。
私は子どもを育てた経験で思うんですが、幼い子どもによくそんなことできるなって思います。
後妻で来られたお母さんは子どもってどういうものかよくわからなかったんでしょうね。
子どもは大人の小さいものみたいな感じで、大人と同じ扱いをすればいいと思っている人が多いんですが、子どもは子どもなんですよ。

幸福の科学でいう子どもの扱いは全然あってませんよ。
子育てには一切参考になりませんでした。考えたらあの考えは大川に子どもが出来る前のもので、よくわかってないとしか言いようがないです。幸福の科学の教えは子どもを裁くのに都合のいいものばかりです。子どもの心身がどのように大きくなっていくのか、どのように精神が発達して、大人となり、人間関係や社会との関係を構築していくのかを知るのは重要だと思いますね。この辺りは発達心理学なんですけどね。

大川はパーソナリティ障害だと思われますが、この障害は精神発達が未熟だと言われています。子どもが夢想したままの教義で成熟した人間関係を築き、心の安定なんかを得るなんてことは無理なことです。


ルジェさんこんにちは。ルジェさんも大変でしたね。

>小学校ではケアレスミスでもない限りほぼ常に100点、
中学校では常に上位20位以内(1学年300人の学校)でした。
「100点か、あっそ。」
「それよりなんでちゃんと食器洗えないの!」
だもんなぁ。罪悪感しかわかないっつぅの!

子どもをちゃんと見てないんですね。大人の感覚だとそんなもの出来て当たり前なんでしょうが、子どもにとっては今のことなのに。幸福の科学信者は理想が高いし、子どもは大人と同じと考えているので要求も高いです。本当かどうかわからない「人生計画」や「親を選んで生まれてきた」という教義がいかに親と子どものよい距離をとれなくしているかわからないのでしょう。

親の要求に応えてもまた次の要求が出てきて疲れるだけですね。自分が大人になって何かおかしいと気がついたら、それが終わりの日です。要求に応えた分が恨みに変わったりします。恨めない場合、無気力や徒労感が襲うのはわかります。私はルジェさんみたいに期待に応えられませんでした。要求が天井知らずだったので、あきらめてしまったんです。あきらめたらずっとバカ扱いでした。親だから子どもより認識も高いと思いがちですが、そうではないということですね。

Re: タイトルなし

ルジェはん、毎度だす。

  >親は自身の理想像になるまで納得しないんだなと気づいたときに・・・

わてのおとんやほかのニンゲンを観察しとると、
「自分はいったいどおなりたいんか?」ゆう明確な理想像を考えんで生きとるニンゲンが9割や、思いまっせ。
せやから「もっと収入が欲しい」くらいの漠然とした願望はあったとしても、
年収500万になったら、「次は1000万」、
1000万になったら、「次は2000万」テ、なるんや思いますわ。
どこぞのニセ仏陀見とったらよおわかりますわ!

Re: 親が子どもをどうあつかっていいかわからないんですよね

カチカチはん

  >後妻で来られたお母さんは子どもってどういうものかよくわからなかったんでしょうね。

「育てのおかん」は18歳の時に脊椎カリエスになって、9年間サナトリウムで青春時代を過ごしたんだす。
せやから子供への接し方なんか全然ワカランのだす。
どっちかゆうたら、「病気にさえならんかったら・・・」ゆう悔しさを、ココロの深いトコに溜め込んどったゆう気がしますのや。
せやから子供心にも素直に甘えるみたいな雰囲気は皆無でしたな・・・。

Re: 親が子どもをどうあつかっていいかわからないんですよね

2ちゃんねるの使者さん

>「育てのおかん」は18歳の時に脊椎カリエスになって、9年間サナトリウムで青春時代を過ごしたんだす。

人間は一生懸命やってもどうにもならない仕方がないことはありますよね。
ほしいものをくれと子どもが思っても親がわからなければあげられませんし。

私はいわゆるアダルトチルドレンでしたが、克服できましたよ。
2ちゃんねるの使者さんももちろんできると思います。

勧誘

2ちゃんねるの使者さん

パーソナリティ障害(人格障害)のまとめが遅くてすみません。
今週末まで忙しいのでお待ち下さいませ。

いろいろ調べているとパーソナリティ障害だけではすみそうにありませんね。
アダルトチルドレン・共依存→パーソナリティ障害→境界性人格障害・自己愛性人格障害
とどんどんつながっていきます。
統合失調症との違いもみないといけないようです。

アダルトチルドレンの精神的癒しの方法についていい本がありました。
アドラー心理学の劣等感の部分もぜひお伝えしたいところです。

こちらにお邪魔してばかりなので申し訳なく、まとめブログを作ろうかなと考えています。
そのときはお知らせしますね。


別件です。
未だ職員の兄が親戚との会合の折に息子に幸福の科学関係の話で接触してきました。
宇宙人だのオーラだの悩みがあったら相談してだの。。。
息子には新興宗教には接触しないように話をしてありましたので大丈夫でした。
いつか勧誘めいたことをしてくるだろうと思っていましたが、あたりでした。
やっぱり大川の言う宇宙人を信じていたのだなあと思うとあわれに見えてきました。
私の兄も私と同様アダルトチャイルドで、どこの部分で教団に取り込まれているかわかるだけになんとも言えません。
やはりこちらが知的武装する必要が大いにあると感じました。
いつか対決するかもという予感がします。
洗脳解除の良い本があるといいんですが、なかなか見つからないんですよ。

洗脳関係

ご無沙汰(o`・ω・)ゞデシ!!
PC引越し作業やら、日々におわれてごそごそとやっておりました。

ちょっといきなりそれるけれど。
韓国の沈没船(亡くなった方のご冥福をお祈り)、対馬の海上保安、海上自衛は
レスキューの準備をしていたようです。
 #レーダー技師の自衛官が結構早く見つかっていたと。
上からの発動待ちだったそうですが、拒否したらしいですね(韓国さんは)。
まぁいつものことですか。

で、洗脳のことなんですが、ダブルバインドもなかなかまとまりませんし、
ちょうどよい本なんてのも、出回っていれば変な宗教なんかいちころでしょうしね。
難しいところ・・・(人によって状態は違うし)としか言いようがなさそうです。

が、ちょっと軽めの、ジャブくらいで。
「メンタリスト」っていうアメリカのドラマがあります。
レンタルもありますし、ケーブルやスカパーで流れてもいます。

もと「いんちき霊能者(本物のメンタリスト:行動心理学のプロ)」が、ある事件を機会に
警察に協力をして、きちんと推理していくみたいな話ですが
結構面白く、ポイントポイントはつかんでいるようですよ^^;
 #まぁその道のプロではないので、どのくらいかはわかりませんが。

と、軽いのをひとつ、ご紹介。

最終的には、「如何にこいつがインチキか?」を見抜く目が必要ですから、
どうしても「知的・自然科学的常識」や「論理力」なんかになるんでしょうかねぇ。。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

みなはん、おおきに

カチカチはん、お侍はん、コメントおおきに! 返事が遅れてですんまへん。
『忍耐の法』の記事で、久々に「退会者だより」を書き上げたんで、死んでましたわ(笑)!



>カチカチはん

いや、ゆっくりでええでっせ!
このわても煽られ気味ですんでの(笑)。

お兄はんのこと、ひょっとしたら布施や伝道のノルマの実績を残さんと、
減俸や降格の圧力があるんかもしれまへんなあ。
なんたって、堤清二の霊言で、
   「講師が200名いる。こんな奴らに金を払うのか? 給料の一部は霊言本で現物支給しろ。」
   「本部講師は、オレの本を二宮尊徳のように、薪のように背負って一所懸命売って現金に換えて給料にしろ。」
ゆうとったくらいですんで、リストラをかなり進めとる思いまっせ。



>お侍はん

今回のセウォル号沈没の事件は、いろいろショックですわー!
今日まで「三文コリア・ウォッチャー・アマ5段」続けとって、
タダの沈没やったら「ざまあみいや、海神神社の仏像盗んだバチや!」ゆうて笑ろおとったんやケド、
ニュースに出て来る関係者、出る奴、出る奴、全員「ニンゲンのクズ」ばっかりやおまへんかー!
極めつけは子供を亡くした親が、助かった高校生に「何でお前だけ助かった!」テ言い放つ始末!
わてもお、これにはゲンナリしましたわー!
ニンゲンここまで醜悪になってええんかい・・・!
とても同じニンゲンとは思えまへん! 遺族にもゲンナリやわ・・・!

こんな連中が群れで押し寄せる対馬は、ホンマ堪ったもンやおまへんなぁ!

リストラ対象ですね、きっと

2ちゃんねるの使者さん

ぼやきです。

兄はもう幸福の科学では上に行けないと思います。リストラ要員ですね。
初期には若いのに出世していると、もてはやされた時期もあったのですが
ある陰謀で、讒言で降格、左遷させられています。
ミニ教祖扱いですから、もう絶対上には上がれないでしょう。
精舎で差し障りのない講義をちょこっとやったりぐらいしかさせてもらえないようです。

そんな陰謀がある教団で悟りも真理もあったもんじゃないのがわからないようですし
一時期はたくさんの人前で講釈を垂れていたあの認められた感じが忘れられないのだろうと思います。
今でも上から目線ですから。

調べていると人格障害の人は宗教にハマりやすい傾向があるようです。
自己愛性や依存性に関わるようです。
それ以外にもマインドコントロールされやすい部分もあるようですね。
しかし人格障害は長くその人に影響するようにマインドコントロールも簡単に解除できないようです。
調べれば調べるほど難しいと感じます。
もうあきらめようかな、と思うようになってきました。

私はずっと兄に殴られていました。
人格形成時にそれが大きな影響があったと後でわかりました。
もう憎んではいませんが、父と同じで絶縁するしかないなと感じています。

親子でも兄弟でも共感できないというのは、全く寂しいですが、それも人生、仕方がないと思える自分の年になったわけだと感じています。

Re: リストラ対象ですね、きっと

カチカチはん

  >私はずっと兄に殴られていました。

マジでっか? そらひどい!
ザンネンな話やけど、本人が疑問を持たん限り、説得は難しいでっしゃろな。
信者の場合はまだ可能性がありまっしゃろが、
職員は信者から一目置かれる快感と、還俗して一般の会社に勤める恐怖心のせいで、
なんとかして残りたいゆう気持ちがあるみたいなんですわ。
わてトコん支部長も来年定年なんやけど、「給料半分でいいから職員でいたい」ゆうてます。

親子・兄弟でも共感でけんゆうんはけっこおある話や思いますわ。
ちゅうか世ン中には、「相手の話を聞く」より、「自分の話を聞いて欲しい!」人間が多いて感じるんだす。
せやから説得しよ思おても、そもそもこっちの話を聞くつもりがないんで説得が成り立たんケースがほとんどゆう気がしとります。

ダブルですわ。笑

2ちゃんねるの使者さん

>マジでっか? そらひどい!

自己愛性人格障害の父と兄のダブルパンチだったんですね。
毎日一時間ぐらい殴られます。兄が殴る理由は「どうだ!俺は強いだろう!」です。
どこの家庭でもこうやって兄というものは殴るものだと思っていました。
日常的に殴られると感情が出なくなるんですよね。
言葉や態度で否定をされても、暴力で否定されても同じようですね。

この人が壇上に上がって真理を説いても私はいつも嘘っぱちだなあと思ってしまいます。
この人も父親に精神的にやられていて、それが重荷で幸福の科学に入信し、大川の言う通りに学び行動してもその精神的重荷が外れていないのがわかります。
宇宙人など信じて人生のなにが解決できるのか?
宗教ごっこで自らを優越感でごまかしているだけなんですよね。

兄は一時期ちまたのオカルト本を読みあさっていました。守護霊とか、生まれ変わりとか、超能力など。幸福の科学以外の似たようなもので知識を補い、幸福の科学の正しさをより強めたかったのでしょう。わざと人前でそのような本を読み、自分が努力している姿勢を見せ、幸福の科学の伝道も兼ねているようでしたが、精神や思考が未熟のままで人を指導するために選択するものがオカルト本。そして努力の方向性も違うということがわからないようです。まともだったらこの手の種類の本を参考にすること自体が間違っているとすぐわかります。このような人間が信者の前で大川の出版物の講義をするわけです。何から何まで間違っているのですが、この間違った行動で幸福の科学が正しいんだと思う動機をどんどん強くしているのを見ると、脱会に至る道にはほど遠いと感じられます。


>ちゅうか世ン中には、「相手の話を聞く」より、「自分の話を聞いて欲しい!」人間が多いて感じるんだす。
せやから説得しよ思おても、そもそもこっちの話を聞くつもりがないんで説得が成り立たんケースがほとんどゆう気がしとります。

とくに幸福の科学に人はそうですよね。
パーソナリティ障害(人格障害)を調べていくと、ほとんどの信者はアダルトチャイルドで、パーソナリティ障害だろうと感じます。人の話を聞くどころか自分が生きにくい部分を感じて必死なのではないかと思ってきました。

「平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学」を読んでいますが、悪と呼ばれるものは自己愛と大きく絡んでいるようです。歪んだ自己愛を守るために平気で嘘をつけるようになるようです。なぜ幸福の科学の信者も職員も教祖も嘘を平気でつけるのか。つまりはそういうことなんだと思います。あの集まりが歪んだ自己愛を育める唯一の場所で、それを守るために必死なんでしょう。やっぱり説得は無理ですねえ。。。。

Re: ダブルですわ。笑

カチカチはん

   >毎日一時間ぐらい殴られます。兄が殴る理由は「どうだ!俺は強いだろう!」です。

ええ? 1時間テそらなんでっか?
当時はお兄はんも子供でっしゃろから、子供としてはかなりイビツでっせ!
しかもお父はんとのダブルパンチでっか?
カチカチはん、えろお大変な子供時代送ったんでんな?

うーん、わてちょっと今日は休ましてもらいますわ。
また明日、返事します・・・。

Re: ダブルですわ。笑

2ちゃんねるの使者さん

>お兄はんも子供でっしゃろから、子供としてはかなりイビツでっせ!

今思うと本当にそうなんですよね。でも大人になってアダルトチルドレンという言葉を知るまではよくわからなかったです。

テレビを見ていると、宿題をしていると、いきなり始まるんですよね。殴る、蹴る、締め上げる、なんでもありです。テレビを見たいんですが見られない。気がついたら次の番組になっていて一時間経っているというのがいつものパターンです。さんざんやられた後、お前は負けたから俺の言うことを聞けとあごで使います。あれをもってこい、これを買ってこい、など。パシリです。誰も助けてくれません。母は「お前が悪い」といい、父は兄を「元気がいい」とほめます。小学校の上がる前から高校まで10年以上ほぼ毎日やられました。お金もとられたし、宿題もやらされましたね。

アダルトチルドレンを知ったとき、自分がやられていたことがなんだったのかを知り、あまりの怒りと、今をどう考えていいか、受け入れられない事実とでかなり悩みましたよ。もうずいぶん前のことですが。

幸福の科学に関わった後に一応謝ってきましたが、それですむ問題ではなかったんですね。その謝罪は本当に悪かったと思って謝ってきた訳ではなく、大川に関わるための謝罪であることもわかってしまいました。
過去のことは消せません。でも幸福の科学をやめてくれればちゃんとつきあってもいいと思う部分もあり、説得など出来ないだろうかと考えていましたが、調べれば調べるほど無理だと感じます。

こちらで思いを吐き出してわかった気持ちです。この場所をお借りして書き込みさせていただき、ありがとうございます。

大川隆法は「自己愛性人格障害」

いろいろ調べてまとめようと思ったらいいまとめがありました。
貼っておきますね。

「幸福の科学」の「隠蔽された実態」 -元信者の証言-
大川隆法は「自己愛性人格障害」
http://hs7jittai7info.blog.fc2.com/blog-category-3.html

カチカチはんへ

Re: ダブルですわ。笑

うわぁ・・・、失礼ながら、なんちゅうか、かなりゆがんだ家庭環境にいてはったんでんなあ・・・。
わての家庭環境もかなりゆがんどりましたが、少なくとも暴力だけはおまへんでしたのや。
子供のカチカチはんをイメージすると、なんちゅうか涙が流れますわ・・・。
すんまへん、コトバがよお出まへん・・・。


大川隆法は「自己愛性人格障害」

RemonstrateHSはんのブログでんな?
彼女のブログ、すんげえ濃いいんで参考になりますわ。

ところで2chで「宗教妄想」について教えてくれはった方がおるんですわ。
   宗教妄想|統合失調症の原因と症状・治療法
   http://www2.gz-sf.com/post_17.html
これ見るとオーカワはやっぱり「統合失調症」なんかいな思おてしまうんでんが、どないでっしゃろ?

Re: ダブルですわ。笑

2ちゃんねるの使者さん

>うわぁ・・・、失礼ながら、なんちゅうか、かなりゆがんだ家庭環境にいてはったんでんなあ・・・。

やっぱりこのくらいないと幸福の科学への縁なんかつかないってとこでしょうか(笑)。
やられている自分を否定するので5歳ぐらいの人格が自分の中にいて、ずっと本当の自分と分裂していましたね。暴力が原因でなくても私のような人は学生部の会員ではいたと思いますよ。

しかし、幸福の科学の教えでは全然解決できないうえに、幸福の科学の教義の裁きが原因となり、もっと混乱しているかんじですね。私の場合、兄が幸福の科学に入ったので暴力はそこで終わりましたが、次は教義の押しつけと活動の強制が始まってきます。精神的土壌が育っていない心にインチキ宗教ではますますひどい状態になっていきます。

私は自分に関わっているすべてのことから離れないと自分と向き合えない人間関係でした。自分から離れるのは勇気がいることですが、自分には嘘がつけないので実行しました。結果それが一番良かったと思います。悪いものからまず離れることが大事だと思います。

>子供のカチカチはんをイメージすると

すみません。気を遣っていただきましてありがとうございます。私のなかの子どものころの自分が喜んでいます。私が良くなるために私の頭をずっとなでてくれ「あなたが悪かったんじゃないよ」といってくれる人がいました。わかってくれる人がいるというのはありがたいことです。

大川隆法は「自己愛性人格障害」

またまた長文ですみません。興味がなかったらごめんなさい。

>RemonstrateHSはんのブログでんな?
彼女のブログ、すんげえ濃いいんで参考になりますわ。

このかたの分析は素晴らしいですね。
こんな優秀な方を取り込んでいた幸福の科学の恐ろしさを感じる部分でもあります。
2ちゃんねるの使者さんも同様です。

>これ見るとオーカワはやっぱり「統合失調症」なんかいな思おてしまうんでんが、どないでっしゃろ?

いろいろ調べた後の私の意見です。
これに関しては判断は個々あるだろうと思います。

精神疾患は、世界保健機構 (WHO) による国際疾患分類 (ICD-10) や、アメリカ精神医学会による統計的診断マニュアル (DSM-IV) において、網羅的に分類されて、それで判定されているものらしいのです。

統合失調症ははっきりした原因が不明です。このマニュアルから判断されているようです。(人格障害もDSM-IVで示されています。)またその患者の症状を観察して判断しているようです。

私たちは精神科医ではないです。また身近にいなければ、統合失調症の人はどんな症状なのかよくわからないですよね。
大川隆法は大川隆法の見せていい部分しか見せていないのも判断を難しくさせます。書籍は都合のいい部分だけしか出していませんし、ビデオ呆話は会員限定で、それも都合の悪い部分は削れるわけです。普段の大川はわからないわけです。精神疾患の場合、心理面での症状以外に身体面や生活行動面にも症状が出ているはずです。不眠・食欲不信・イライラ・動悸、鬱症状など。その部分が全然わからない。統合失調症の特徴である症状は見られますが、パーソナリティ障害(人格障害)の症状もありますので、判断は精神科のお医者さんの診断でしょうね。

出版物その他で判断してもパーソナリティ障害(人格障害)だろうと思います。

パーソナリティ障害とは
パーソナリティ障害(人格障害)は、その人本来の人格から生じる困難のために、スムーズな日常生活が送れなくってしまう精神疾患のひとつ。パーソナリティ障害の人は自分の行動に問題があるとは思っていないことが多いため、不具合が生じてはじめて問題に気づきます。パーソナリティ障害は基本的には病気ではなく障害であると捉えられています。

B郡と言われる
・自己愛性パーソナリティ障害http://ja.wikipedia.org/wiki/自己愛性パーソナリティ障害
・演技性パーソナリティ障害http://ja.wikipedia.org/wiki/演技性パーソナリティ障害
・反社会性パーソナリティ障害http://ja.wikipedia.org/wiki/反社会性パーソナリティ障害
の部分を感じます。

またパーソナリティ障害(人格障害)は
A郡に
・妄想性パーソナリティ障害
・ジゾイド・パーソナリティ(統合失調)障害
・統合失調症パーソナリティ障害
とあり、統合失調症と似たような症状のパーソナリティ障害の分類もあります。


統合失調型パーソナリティ障害……統合失調症の陽性症状に類似
統合失調質パーソナリティ障害……統合失調症の陰性症状に類似

統合失調型パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法
http://allabout.co.jp/gm/gc/374851/

「統合失調型パーソナリティ障害」という病名は、「統合失調症」と類似していますが、実際、症状に類似性があります。統合失調型パーソナリティ障害の人は、統合失調症の陽性症状のように、現実認識に問題が生じやすいです。ただ、統合失調症と異なり、はっきりとした幻覚、妄想はありません。
統合失調型パーソナリティ障害の頻度は、人口の約3%。統合失調型パーソナリティ障害の原因自体は不明です。

統合失調型パーソナリティ障害の症状
・他人と親密な関係を築きにくい
・考え方、行動、話し方が周りの人にエキセントリックな印象を他人に与えてしまう
・被害妄想的な考えを抱きやすい
・幽体離脱などの、非日常的体験がある
・感情が、その場の状況にそぐわない印象を他人に与える
・自分とは関係のない周囲の出来事を、あたかも自分に深い関係があるかのように受け止めやすい
・迷信、第6感、占いなど、超常現象的なものに、行動が影響されやすい

パーソナリティ障害診断
http://ja.wikipedia.org/wiki/パーソナリティ障害#.E8.A8.BA.E6.96.AD

パーソナリティ障害は一種の「性格」であるとも言えることから病気ではないと思われている点も多いが、これは短絡的な考えである。医学においては生物学的な存在概念である「疾患」と違い、「疾病(病気)」は正常な状態である「健康」に対置する価値概念であり、平均からかけ離れた状態になり、生存する上で不利になることを意味する。またそれら「病気」の概念は、人間が生活していく上で不都合な状態であるとする社会的な側面も包含している。よって、パーソナリティ障害は広義の意味で疾病であると言えるだろう。

本来、個人がどういった性格をしていても、それが不法行為や非行行為など、他人に迷惑を及ぼさない行為でなければ他にとがめられることはない。しかし加害行為が行われてしまった場合、そのプロセスがパーソナリティの偏りにあるとの判断がたやすい場合には、社会性に照らし合わせたうえでパーソナリティ障害であると判断される場合がある。

しかし、本来多種多様であるはずの個人の「パーソナリティ(人格・性格)」を「社会と矛盾しない存在であり続けなければならない」とする決まりはなく、「パーソナリティ障害」は医学的概念から判断されるものである。

統合失調症や気分障害などの精神疾患では、パーソナリティ障害の病像を示すこともあるため、鑑別に注意しなくてはならない。


大川隆法は「自己愛性人格障害」

つづき

統合失調症とは
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/tougou-inf.html

統合失調症 症状、その発現要因は明らかではありませんが、患者さんの脳にいくつかの軽度の変化があることが統合失調症の研究で明らかになっています。
神経伝達物質の異常が原因
脳の機能障害、構造異常が原因


統合失調症の症状

陽性症状
この統合失調症の急性期症状は誰も何も言っていないはずなのに、現実に「声」として悪口や命令などが聞こえてしまう「幻聴」や、客観的にみると不合理であっても当事者にとっては確信的で、そのために行動が左右されてしまう「妄想」といった症状が代表的です。 これらの症状を「陽性症状」と呼びます。

統合失調症 症状・不思議な体験(幻視・幻聴・幻臭・幻触等)
・事実にないような事を考えたり話したりする・幻聴・幻覚で誰かと会話をしている
・ぶつぶつ一人ごとを言う
・被害妄想がある(誰かが悪口を言う妄想)
・自分や他人の考えが伝わる感じがする
・考えの混乱、話題の飛跳
・奇妙な行動
・壁に穴を開けたり、盗聴されている等の発言
・眠れない 興奮
・感情の不安定さ
・病識のなさ「自分は病気ではないと言う」

思考内容の障害(妄想)
客観的に見てありえないことを事実だと信じること。妄想には以下のように分類される。一人の統合失調症患者において以下の全てが見られることは稀で、1種類から数種類の妄想が見られることが多い。妄想とは、誤った考えを、根拠もないのに確信している状態です。説得したり、誤りを証明して見せても、その考えを変えることはできません。統合失調症では、被害妄想がよく見られます。誰かに見張られている、尾行されている、盗聴されている、自分の噂をされている、自分のことが放送されているといった内容のものです。

・被害妄想:「近所の住民に嫌がらせをされる」「通行人がすれ違いざまに自分に悪口を言う」「自分の臭い体臭を他人が感じている」
・関係妄想:周囲の出来事を全て自分に関係付けて考える。「あれは悪意の仄めかしだ」「自分がある行動をするたびに他人が攻撃をしてくる」
・注察妄想:常に誰かに見張られていると感じる。「近隣住民が自分を見張っている・盗聴器で盗聴されている・思考盗聴されている・監視カメラで監視されている」など
・追跡妄想:誰かに追われていると感じる。
・心気妄想:重い体の病気にかかっていると思い込む。
・誇大妄想:患者の実際の状態よりも、遥かに裕福だ、偉大だ等と思い込む。
・宗教妄想:自分は神だ、などと思い込む。
・嫉妬妄想:配偶者や恋人が不貞を行っている等と思い込む。
・恋愛妄想:異性に愛されていると思い込む。仕事で接する相手(自分の元を訪れるクライアントなど)が好意を持っていると思い込む場合もある。
・被毒妄想:飲食物に毒が入っていると思い込む。
・血統妄想:自分は天皇の隠し子だ、などと思い込む。
・家族否認妄想:自分の家族は本当の家族ではないと思い込む。
・物理的被影響妄想:電磁波で攻撃されている、などと思いこむ。
・妄想気分:まわりで、なにかただごとでないことが起きている感じがする、などと思う。
・世界没落体験:妄想気分の一つ、世界が今にも破滅するような感じがする、などと思う。

陰性症状
陰性症状は自信や自己効力感を奪い、根気や集中力が続かない、意欲がわかない、喜怒哀楽がはっきりしない、横になって過ごすことが多いなどの状態として現れるものがあります。従って、「うつ病」「ひきこもり」と間違われるケースも多く「一見、元気にみえるのに、なぜか、仕事や家事が続かない」といわれるような状態です。
また、込み入った話をまとめてすることが苦手になったり、会話を快活に続けることに困難を感じたり、考えがまとまらなかったり、話が飛びやすくなったりして、しばしば、自分でいろいろなことを決めて生活を展開していくことが大変難しく感じられます。

・感情・意欲の低下(関心が持てない・何もしたくない・身なりを気にしない)
・思考力低下(了解の悪さ・返答に時間がかかる・気持ちを伝えにくい)
・過剰な睡眠・極端な疲れやすさ・ひきこもり
・入浴回数の低下、カーテンも閉め切った部屋
・変化に弱い(対人関係が苦手・緊張しやすい)
・集中・持続力低下・気が散りやすい
・根気がない・一度にたくさんの事が出来ない

感情の障害
感情鈍麻:感情が平板化し、外部に現れない。
疎通性の障害:他人との心の通じあいが無い。
カタレプシー:受動的にとらされた姿勢をとりつづける。
緘黙:まったく口をきかない。
拒絶:面会を拒否する。
自閉:自己の内界に閉じ込もる。

思考の障害
常同的思考:無意味な思考にこだわり続けている。興味の対象が少数に限定されている。
抽象的思考の困難:物事を分類したり一般化することが困難である。問題解決においてかたくなで自己中心的。

意志・欲望の障害
自発性の低下:自分ひとりでは何もしようとせず、家事や身の回りの事にも自発性がない。
意欲低下:頭ではわかっていても行動に移せず、行動に移しても長続きしない。
無関心:世の中のこと、家族や友人のことなどにも無関心でよく知らない。

その他の統合失調症 症状
独言・独笑
考えがまとまらなくなる
幻聴・幻覚
自分のことを自分でやっているという感じが無くなる
仕事や学習能力の低下


統合失調症診断
http://ja.wikipedia.org/wiki/統合失調症#.E8.A8.BA.E6.96.AD

ICD-10での診断基準は以下のとおり。
症状基準 項目(1)の症状のうち1つ以上、項目(2)のうち2つ以上が1か月以上続くこと。
(1)
・考想反響、考想吹入、考想奪取、考想伝播
・他者から支配され、影響され、服従させられているという妄想で、身体、手足の動き、思考、行為、感覚に関連していること、及び妄想知覚
・患者の行動を注釈し続ける幻声
・不適切でまったくありえないような持続的妄想
(2)
・1か月以上の持続的幻覚
・言語新作、支離滅裂、的外れ会話
・緊張病性の行動
・陰性症状

DSM-IV-TRでの診断基準は以下のとおり。
以下の2つ以上が各1か月以上(治療が成功した場合は短い)いつも存在する。
・妄想
・幻覚
・解体した会話
・ひどく解体した行動(例:不適切な服装、頻繁に泣く)、又は、緊張病性の行動
・陰性症状

統合失調症で一番目立つ症状は被害妄想と幻聴。しかし必ずしも上記の症状が現れるという訳ではない。統合失調症患者が心因反応という診断名が初診時に付いている場合がある。心因反応は心因性で統合失調症は内因性である。外因性精神病という外傷によるものもある。これらは違う病気とする学説もある。



身内の方がパーソナリティ障害(人格障害)から統合失調症になったなどの記事がありました。関連性はあるようです。
統合失調症の場合、どんな精神状態でも 理性は保たれてるケースが多いらしいです。

これは統合失調症と思われる方の文章です。精神科のお医者さんに質問しているものです。
「皆と同じようにipodの手術を受けたい」http://kokoro.squares.net/psyqa1541.html
「集団虐めをされて精神的に参っています。855項目もあります」http://kokoro.squares.net/psyqa1380.html
「まわりの様子がおかしくなり、奇妙なことが続けて起こる」http://kokoro.squares.net/psyqa0814.html

私の感覚なのですが、確かに大川隆法は統合失調症の症状に当てはまるのですが、こういうのを見ると大川隆法は統合失調症とは違うのではないかなあと思ったりします。宗教妄想がどこまでなのかもあるのですが、統合失調症だともっと支離滅裂な感じではないかと。恣意的(かなり幼稚ですが)に幸福の科学に人が集まるように小保方さん擁護をするものかなあ、金を集めるような霊言やイベントをやるかなあと思うんですよね。インタビューなどは前後の嘘はあるけれども、ちゃんと答えていますし。大川隆法の妄言(霊言・呆話)は自分を認めてほしい嘘の連発のように見えるんです。統合失調症の人はそのような理由の妄想ではなく、幻覚・幻聴があり、本当にそうなんだと訴えているような感じです。しかし大川隆法の行動を幹部が隠していたらわからないんですけどね。宗教妄想ではオウムの例を出していますが、麻原は統合失調症ではないですからね。狂ったふりをして死刑を逃れようとしたくらいですから。宗教妄想の程度とそれ以外の部分がどうなのかなあというところだと思います。

大川隆法に簡単に精神疾患だと認定して、行なったことの罪を逃れさせたくないなあと思うんですよね。私は。
幻覚幻聴があると責任能力がないと認定されてしまいますよ。
人格障害で十分です。まともな部分があるのにいかれた霊言や宇宙人、俺仏陀の発言をしていると思われるほうがよっぽど恥ずかしいでしょう。大川隆法には責任を取ってもらうべきだと思います。

みなさんのコメント読ませていただきました。面白かったです。

特にカチカチさんは、随分ご苦労されているのですね。読んでいて、胸が痛くなりました。
なんと、言っていいか分かりません。

私は、黒川白雲さん、還俗の理由を知りたいと思うようになりました。
還俗されて、大川氏のマイコンから抜け出せるといいなあと思っています。

マインドコントロール

りんごさんこんにちは。

>特にカチカチさんは、随分ご苦労されているのですね。読んでいて、胸が痛くなりました。

参考になればと思ったのですが、ちょっと痛かったでしょうか。すみません。

子どものころのことは私にはどうしようもしがたいです。しかし、まだ兄のことは子どものころのことだとして許せる部分もあります。彼も子どもでしたから。ただ、大人になってからの幸福の科学での裁きや強制は子どものころのことよりも許せないんですね。心の空虚に忍び込むインチキ宗教。カルトにハマる原因にアダルトチルドレンやパーソナリティ障害のかかわりがあることに気がついてきました。似たような信者さんがいると思いますが、気がついてほしいと思います。

マイコンをはずすのは難しいようですね。調べているとくらくらしてます。オウム関係以外でも調査した西田公昭さんの著作を見ていますが、洗脳よりマインドコントロールは巧妙なようですね。問題はオウムのような破壊的カルトだからマインドコントロールがとれない、幸福の科学のような書籍購入のノルマのカルトだからマインドコントロールはとれるといったカルトが悪質だから、そうではないかの問題でもないようです。騙すほうと騙されるほうの問題があるようです。

黒川さんはどのような理由で退職されたかわかりませんが、幸福の科学的な縛り(地獄に堕ちるなど)で苦しんでいる可能性はあるかも。時間がかかると思います。

Re: Re: ダブルですわ。笑

カチカチはん

コーフク信者になる人は、「貧・病・争(貧乏・病気・争い)」よりも、心の悩みを抱えた人が多そおでんな? かくゆうわてもそおですし、オーカワなんかテキメンにそのタイプだす! その意味でカチカチはんのコメントはえろお参考になりますわ!

問題なんは心の悩みの解決を求めてコーフクに近づくと、ますますビョーキが悪化するコトや思います。わても早よそっち方面にシフトしたいんでんが、最近のオーカワ、ネタばら撒き過ぎなんで、そっち方面の追跡だけでけっこおアップアップなんだす・・・。

Re: 大川隆法は「自己愛性人格障害」1&2

カチカチはん

膨大な調査、ありがとおて助かりますわ。リンク先までは読めんかったんでんが、なんとか時間を作って読んでみたいて思おてます。

うーむ、この世界はまだまだ未解明の部分が多いし、けっこお込み入ってまんなあ・・・。素人が軽々しく判定しとったらアカン感じでんな? とりあえずわても、「オーカワが統合失調症」ゆう考えは変りましたわ。やっぱ、「パーソナリティ障害(人格障害)」の方ゆう印象がおます。ただ、幻聴が聞こえるんは確かみたいやし、宗教妄想を併発しとるんはマチガイおまへんですやろ。

最近のオーカワの前口上を聞いてますと、パククネの霊や、理研の野依教授の霊、堤清二の霊なんかが「自分にもしゃべらせろ! さもないと帰らん!」ゆうてまとわりつくんで、仕方ないから霊言をやっとるゆう言い訳なんですわ。コーフク教義やと、オーカワの住まいである大悟館は聖なる光に満ち溢れ、しかも宗務職員によって何重にも結界が張り巡らされとるんで、本来、悪魔・悪霊は近づけんハズなんに、有象無象の霊がオーカワに寄って来とるんだす。しかも本来そんな霊たちを教え諭して成仏させれるんがエル・カンターレのハズなんに、「帰って欲しいから、仕方なく霊言を収録してお引取り頂いとる」んが自称・救世主、自称・宇宙神なんやそおでっせ(笑)! ほんならわてもイッチョ霊になって、寝とるオーカワの首絞めたら、「2ちゃんねるの使者」の霊言やってもらえそおでんな(笑)!

なんとか早いトコ現場レポートにケリつけて、信者救済の方に移りたい思おてます・・・。

Re: タイトルなし

りんごはん

カチカチはんの体験、せつのおなりまんな・・・。こんな子供時代の体験で、人生不器用に生きとる人が多いゆうんが悲しゅうなります。

わてもいずれはわての体験談を書くつもりでおるんだす。どんだけ役に立つかは知らんですけど、なんぼかでも心理学の発達に役立てばテ思おとるんだす。わての望みは科学の発達によって「ハンセン氏病(らい病)」の治療法が確立され、偏見がのおなった事みたいに、科学や心理学の発達によってアダルト・チルドレンや人格障害の人が再度自己確立でけるよな世ん中になる事、カルトなんぞいらんよおになる事なんだす。あと、早いトコ、コーフクが不渡り出して、女房の洗脳が解けて欲しいですわ・・・。

黒川はん還俗の理由は新記事で書きましたがわかりまへんですわ。元会員はんが傍証らしい証言してくれはってますんで、多分そっちの理由あたりが可能性高いかも知れまへんなあ。わての立場やとそっちよりカネ詰まりの方がだんだん実感でけてまっせ~(笑)!

Re: マインドコントロール

カチカチはん、りんごはん

横から失礼。
黒川はんに贈る言葉。

   「自己責任だす」

わては信者と職員は「差別」して扱うつもりでおるんですわ。
むごいかも知れまへんケド、活動するホド財産減る人と、財産こしらえた人とは「差別」するつもりだす。
種村はんみたいに「ゴメンナサイ」ゆうたら許しまんが、
きょう子はんみたいに謝罪のコトバがない人は、たとえアンチになっても許す気が起こらんのですわ。

キツイことゆうてすんまへん・・・。

Re: Re: ダブルですわ。笑

2ちゃんねるの使者さん
お疲れさまです。お返事ありがとうございます。

>コーフク信者になる人は、「貧・病・争(貧乏・病気・争い)」よりも、心の悩みを抱えた人が多そおでんな?

そうだと思います。はっきりこうだと言えないんですが、集まった人たちに傾向性はあると感じます。ただ初期入会の信者と伝道期以降の入会信者には差があると感じますね。初期は神理学習団体であるのが大きい部分でしたが、伝道期以降は違うので。しかし大川隆法を肯定する心理は共通するところだと思います。

マインドコントロールを見ているとマインドコントロールされる側の悩みをついてくるんですよ。慢性的に悩んでいる人はその悩みから脱出したくてマインドコントロールされやすくなるようですね。

>問題なんは心の悩みの解決を求めてコーフクに近づくと、ますますビョーキが悪化するコトや思います。

結局依存しているだけで解決しませんし、良くない考え方にマインドコントロールされますから、ますます悪化の図式ですね。幸福の科学に依存する理由はそれぞれで、本人の自覚以外に離れる術はないですが、知っておけば役に立つのであればもう少しいろいろ調べてみますね。

Re: 大川隆法は「自己愛性人格障害」1&2

2ちゃんねるの使者さん

>「パーソナリティ障害(人格障害)」の方ゆう印象がおます。ただ、幻聴が聞こえるんは確かみたいやし、宗教妄想を併発しとるんはマチガイおまへんですやろ。

演技性パーソナリティもあると思うんですね。作曲をゴーストライターさんに頼んでた耳が聞こえない演技をしているあの人みたいな感じです。嘘を本当のように演技し、他人の注目を浴びたい人格です。耳が聞こえない演技を霊が見えるに置き換えれば同じではないかと。最近の大川隆法は年を取ったせいか自分で作った過去の設定を忘れているようですが、この辺りも人格障害を思わせるんですよね。

私の経験ですが、アダルトチャイルドな部分が解決されないままのころ、生まれたばかりの子どもが突然亡くなり、それが元で長期間鬱状態でした。人生最悪の時期です。今思うとPTSDだったんだと思うんですね。そのころは眠れない、食べられない、自分を責めることが多く、短期間ですが、幻覚幻聴が出ました。緑色のうねった長いものが頭に巻き付いて見えたり、「お前なんか死ね」と耳元ではっきり聞こえたり。体重は落ちてガリガリで。さすがに見かねた母が助けてくれた経緯があります。思考ははっきりし、異常行動をするわけではないんですが、心身ともに減退すると幻覚幻聴がでるいうことはあるんですよね。ものすごいショックなことがあれば誰だってそうなる可能性はあります。問題はその見えたもの、聞こえるものに振り回されないということです。大川隆法はそれを利用しているんですよね。


幸福の科学公式ウェブサイトで大川隆法の紹介が自己愛性と演技性で満ちていて気持ち悪いですね。自己設定の嘘だらけ。謙虚さは一切なくなっています。職員がやっているというでしょうが、やらせているのは大川隆法ですから。

大川隆法総裁 プロフィールhttp://happy-science.jp/ryuho-okawa/
主エル・カンターレhttp://happy-science.jp/el-cantare/
大川隆法総裁 教えhttp://happy-science.jp/ryuho-okawa/teaching/
大川隆法総裁 霊言http://happy-science.jp/spiritual-message/
↑これが特にひどいですね。

一部抜粋
●1956年7月7日、日本の徳島県にご生誕。

自分の紹介で「ご生誕」

●1981年3月23日に大悟(悟りを開き、霊界と同通)。
同年7月には自らが全人類を幸福へ導く使命を持つエル・カンターレであることを自覚されます。
●霊言とは、霊人や守護霊の思いを大川隆法総裁の肉声を通して明らかにするもので、各国要職者の守護霊や過去の宗教家などの魂を呼び出し、その本心を探究されています。

どこまで本気なの?と思うんですが、これはウルトラマンやスーパーマンと自分は同じだとする考え方でしょうね。現実と想像を区別できない嘘をつく。幼児性を感じるんですよね。大人として精神発達してないんだろうと思いますが、これに乗っかる人たちも同様です。

●大川隆法総裁 幸福の科学設立までのヒストリー
大川隆法総裁は、1956年7月7日、朝7時ごろに、徳島県麻植郡川島町(現・吉野川市)にご生誕されました。精進に精進を重ね、小・中・高と一貫して全国トップクラスの成績を修められます。さらに、生徒会長、テニス部部長、報道委員長などのリーダーも務め、その懐の深さや高潔な人格によって、ご両親をはじめ、同級生や教師から絶大な信頼を得られました。「彼は約束を必ず守る」、「人が見ていないところでは、いっそうきちんとしている」、「彼がいると、不思議とクラスがよくまとまる」などと評される青春時代を過ごされました。
●主エル・カンターレは、地球のすべての神々を導く存在であり、キリスト教的にはイエス・キリストが「わが父」と呼んだ方、イスラム教的にはアッラーです。
そして、主エル・カンターレは、現代の日本に大川隆法総裁として生まれられ、西洋文明と東洋文明を日本という地で融合し、全人類を導く教えを説かれています。
●世界中にあふれる様々な信仰や価値観を包括する、グローバルでスケールの大きな教えです。

自慢にあふれる内容。笑ってしまいます。


もうひとつなんですが、大川隆法にいわゆる良心はないのではないかと感じています。フライデー事件やデモ、チラシの抗議行動、元妻に対する仕打ちから思うことなんですが。以前2ちゃんねるの使者さんがおっしゃったようにサイコパスつまり反社会性パーソナリティももっていると思います。

こういったことが判断されると逆に行動パターンも見えてきますよね。対処がしやすくなる部分もあるでしょう。教団が霊言の乱発と反社会的な行動で失笑され、混乱と低迷により資金繰りが厳しいと思われる中、次は何をやるのでしょう。大事な人をぜひ守ってくださいね。

Re: マインドコントロール

2ちゃんねるの使者さん

>むごいかも知れまへんケド、活動するホド財産減る人と、財産こしらえた人とは「差別」するつもりだす。
種村はんみたいに「ゴメンナサイ」ゆうたら許しまんが、
きょう子はんみたいに謝罪のコトバがない人は、たとえアンチになっても許す気が起こらんのですわ。

それはそうだと思います。
おのおのの行動と責任と自覚で判断されるべきですね。
ただ上手にマイコンが離れて、教団内部の状況を話してくれるようになってほしいなってところがありますね。

マインドコントロール以外になぜオカルトに惹かれてしまうのか?を調べないといけないなと思っています。高い知識を持ってもオカルトを己の判断材料の知識とする人がいるのはなぜだろうといつも思うのです。

黒川さんは謝るでしょうかね?幸福の科学にまだそんなまともな人がいたようには思えないですけどねえ。。。

自己愛性パーソナリティ障害の判断基準

2ちゃんねるの使者さん

いろいろ調べて書き出してみました。参考になると思われるものをチョイスしました。
ブログをつくろうと思ったのですがなんだかうまくいかないので、申し訳ありませんが、こちらに貼らせていただきますね。お役に立たない場合は削除されてもいいですから。お時間があるときにでもお読みくださいませ。


▼自己愛性パーソナリティ障害

・自己愛とは「自分が好き」という感覚です。私たちは、自分を好きになって初めてほかの人を愛することができます。ところが自己愛性パーソナリティ障害は自己愛の障害ですから自分を好きという感覚がもてません。そのために他人を好きになったり、愛することがむずかしくなってしまいます。
・自己愛性パーソナリティ障害は、摂食障害、引きこもりなどを伴いやすい特徴があります。


DSM-Ⅳ-TRによる自己愛性パーソナリティ障害の定義

誇大性(空想または行動における)、賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

①自己の重要性に関する誇大な感覚(例:事業や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する。)
②限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
③自分が特別であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちに(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
④過剰な賞賛を求める。
⑤特権意識、つまり、特別有利なとりはからい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
⑥対人関係で相手を不当に利用する。つまり、自分自身の目的を達するために他人を利用する。
⑦共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
⑧しばしば他人に嫉妬する。または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
⑨尊大で傲慢な行動、または態度。

参考文献 パーソナリティ障害(人格障害)のことがよくわかる本 市橋秀雄著 講談社
http://www.amazon.co.jp/パーソナリティ障害-人格障害-のことがよくわかる本-健康ライブラリーイラスト版-市橋/dp/4062594080/ref=pd_sim_b_5?ie=UTF8&refRID=1SP2SHVBDV779HJT80TG

健康な自己愛とは

幸福の科学の愛の考え方と比べてみてください。



自己愛とは思われて育つもの

自己愛とはどんなものか、こんな会話を例に考えてみましょう。小さな子どもとお母さんが話しているところを想像してください。
「○○ちゃん、自分のこと好き?」
「うん、大好き」
「どうして?」
「だって、お母さんが私のことを好きだから。だから私もお母さんのことが大好きなの」
ほほえましい子どもの言葉ですが、じつは「愛されているから自分が好き」という感覚こそが、正常な自己愛にほかなりません。そして、正常な自己愛があるから、「愛してくれるからあなたが好き」と思えるのです。

自分への愛情が他人への愛情になる

子どもは、親から無条件に受け入れられ、愛されていると感じて初めて「自分はここに存在していいのだ」と自分自身の存在意義をもてます。
そして十分に愛されたから、自分への愛を脱却して他人を愛せるのです。
また、自己愛は自分を支える自信にもなります。つまづいたとき、失敗したときに、自分をなかから支え、次に挑戦する気持ちへと、心を柔軟に保つのです。

引用コラム(パーソナリティ障害(人格障害)のことがよくわかる本 市橋秀雄著 講談社)

依存症とは何か1

依存症のなかの対人依存・依存性パーソナリティ障害・共依存を、教祖と信者の関係に置き換えて考えてみてください。


●よい依存と悪い依存
「依存」にはよい依存と悪い依存があります。よい依存は成長ともに自立へとつながりますが、悪い依存は依存症へと進む恐れがあります。

よい依存では、主体性のある人間として、相手を尊重しながら、お互いに支えあい、助け合います。相手とほどよい間合いがよい依存で認められます。
依存とは人間が生まれつきもっている心の安定や肉体の満足を求める行為。
与え、与えられる
支え、支えられる
癒し、癒される
困ったときにお友だちに相談するように、お互いに対等の立場で支え合い、助け合う関係を築くことができます。

人は周囲とほどよい依存関係を保つことで、主体的に生きることができます。しかし、不安は孤独を紛らわすために、何かに頼ったり、相手を支配・束縛する「悪い依存」に陥ってしまうと、いつしか依存の対象である人やモノから離れられなくなってしまいます。これを「依存症」といいます。依存症は、自分をとりまくものとの関係の築き方によって起こる病といえるでしょう。
悪い依存とは、自分が安心や満足を得られないために、常に相手にしがみついたり、相手を支配・束縛することです。

自分のさびしさや悩みに耐えられない→自分こそが「安らぎ」を得たい→相手の立場を考えない→そのために相手をコントロールして安心を得ようとする→うまくいかないと、身近なもので「安心」を得ようとする→エスカレートする→依存症になる

●さびしさを埋めて「安心」を得たい
だれでも、心にさびしさはあるでしょう。でもさびしさを満たす方法を誤るとさらなるさびしさに陥ります。依存症はどのようにして起こるのでしょうか。

①くり返す
失敗したり周囲に迷惑をかけているのに、こりることなく、同じことを何度もくり返してしまう

②より強い刺激を求める
同じことを何度もくり返しながら、同じ程度の刺激ではもの足りなくなり、ますますエスカレートしていく

③やめようとしてもやめられない
「もうやめよう」と思っているのに、自分の意思ではどうにもコントロール出来ない状態

④いつも頭から離れられない
依存の対象がいつも頭から離れず、ほかに目がいかない。冷静な判断ができず、思いついたらすぐに飛びついていく

依存することをやめられない
「好き」と「依存症」は全く違います。依存症は、依存の対象であるものが、いつも頭から離れず、やめたいと思っても、本人の意思や努力ではどうにもならない「病気」です。

底知れぬさびしさを埋め続ける
依存症の始まりは、さびしさにあります。底知れないさびしさを埋めようとして、モノや人で、「安心」を得ようとします。しかし本当の安心は得られず、さびしさを埋め続けようとエスカレートしていきます。

さびしさとは
深い井戸の底に吸い込まれそうになるように、恐怖や孤独や絶望を感じるほどの感情です。郷愁を誘うようなさびしさとは、感触が違います。こんなに心が欠けていては、ひとりでは生きていけないという、無力感もともないます。

●行為や思考のコントロール障害
多種多様の依存症に共通するのは、自分の意思ではコントロールできないということです。
かつては薬物やアルコールなど、物質への依存がほとんどでしたが、対人関係やプロセスへの依存も、依存としてみなされるようになりました。人によっては、2つ以上の依存を合併しています。


参考文献 依存症のすべてがわかる本 渡辺登著 講談社
http://www.amazon.co.jp/gp/product/406259417X/ref=oh_details_o09_s00_i01?ie=UTF8&psc=1

依存症とは何か2

●依存の種類

・プロセスへの依存(プロセス依存) 
ある行為をする過程で得られる興奮や刺激を求めて、その行為にのめりこみます。行為そのものは目的ではなく、終わった後、たいてい後悔します。
ギャンブル・買い物・仕事・インターネット・ケータイメール・嘘や悪口・痴漢・万引き・恋愛・セックス・リストカット

・物質への依存(物質依存)
手近なもので食べたり、飲んだりすることで、肉体的な快楽や刺激が得られます。これによって、一時的に現実逃避しようとします。
アルコール・タバコ(ニコチン)・過食・ドラッグ

・人への依存(対人依存)
ゆがんだ上下関係で相手を支配・束縛したり、逆にしがみついたりすることによって、人とのつながりを求めようとするものです。「人とかかわるなかで安心したい」という心理。
世話型・職場・DV・児童虐待・パトロン・共依存・教祖

依存症の弊害は自分だけでなく家族や周囲をまきこむ。

●対人依存の心理
ふつうは対等な人間関係で支えあいますが、依存する人の人間関係は、相手の上位につくか、下位につくかという上下関係でつながります。

▶上位の人にはしがみつきたい(ex 夫によろこんでもらうために、夫にさからうことをしない従順な妻)

安心を得たい

困難をともなう

(対人依存は相手のあることだから)利用される

利他的従属 相手に「貸し」をつくることによって見返りを求め、相手にしがみつこうとする依存です。

依存性人格障害 なにもできない赤ちゃんの仮面をかぶって、安心を得ようとする行動パターンの人をいいます。


▶下位の人はコントロールしたい(ex 子どもの世話を焼くことで、よき母を演じ、評価されたい)

世話をする

評価されたい

安心を得たい

困難をともなう

(対人依存は相手のあることだから)いやがられる

世話型依存 自分の喜びを見いだすためだけに、相手の世話を焼きます。相手がひとり立ちすることを恐れています。

*世話型依存の人と、人に依存する人とはもたれ合い、お互いに離れられない「共依存」がうまれます。


●依存性人格障害① 頼るだけで自分自身が確立していない
大人になっても「世話されたい」

●依存性人格障害② 自分を犠牲にしても相手につくす
多額のお金を貢ぐなど、なぜわざわざ自己犠牲を払ってまで相手につくすのでしょうか。そこには相手に利益を与えることによって相手を支配したいという複雑な心理が隠れているのです。

つくす相手に従属している
依存性人格障害は、なんとかして人に依存しようとします。その方法は直接的に人にすがりつくタイプばかりではありません。自己犠牲的な「貸し」をつくって、相手に負い目を感じさせることで、しがみつこうとする場合もあります。これを「利他的従属」といいます。この依存関係は「そろばんずく」で成り立つので、ワイロと同様、お金がつきれば終わります。

利他的従属とは 相手に貢いだり、つくすことによって得られる見返りで自分の不安やさびしさを紛らわそうとする心のしくみ。

金品を要求される→頼られて気分がよい→金品を与える→喜ばれることがうれしい→与えていれば関係が保てる→つくす相手に頼りきっている→あなた任せの人生を送る(背景にあるのは孤独感)


参考文献 依存症のすべてがわかる本 渡辺登著 講談社

離れたくても離れられない「共依存」

共依存とは、無力を感じながらも相手を思い通りに動かそうとする人と、世話を焼くことでしか自分の存在価値を確認できない人が、お互いに依存し合っている関係のことをいいます。共依存は、つくすことで生きがいを感じたい、かまわれることで王様の気分を味わいたいというように双方の利害が一致しています。そのためつらくても離れられません。

共依存のパターン 健全な支え合いは、世話をしたり、支えたりする関係が、時に応じて入れ替わりますが、共依存の関係は、世話する側とされる側が固定しています。

A迷惑をかけることで相手をコントロール
相手を意のままにコントロールしたいと思い、少しでも欲求が満たされないと、やおら暴れるなどのトラブルを起こします。

世話を焼いてもらいたい
トラブルを起こして関心を集めようとするのは、さびしいからです。世話を焼いてもらったら、もっとつくしてほしいので、さらにトラブルを起こします。

↑↓

B世話を焼くことで安心できる
相手の世話をすることで、自分の存在価値を実感することができ、むなしさを紛らわすことができます。

私だけが救える
相手のわがままが大きくなればなるほど、自分こそわがままを直してあげなくてはと思いつめ、相手から離れることができません。

共通する心理
自分に自信がない・どちらも自分の意志で動くことができない
自分の価値観や判断に自信がなく、自分のなすべきことがわかりません。そのため、お互いに相手にすがりついた生活を送っています。


参考文献 依存症のすべてがわかる本 渡辺登著 講談社

メサイアコンプレックス

こんばんは。
使者さん、カチカチさん、すいません。

これまで出会った人の幸福を願っている自分は、絶対に救われる。
だからそういう念いを持ち続けることは大切だ。

やっぱり、メサイアコンプレックスな考え方ですよね?

こちらのブログを読んでて、良かったと思いました。

メサイアコンプレックス

べーちゃんさん
私の意見です。

>これまで出会った人の幸福を願っている自分は、絶対に救われる。
だからそういう念いを持ち続けることは大切だ。

メサイアコンプレックスとは人を助けずにはいられないような共依存的心理をいいます。人にいいことをすることで自分を認めてもらいたいわけです。そういう依存ですから、メサイアコンプレックスな考え方だといえるでしょうね。これまで出会った人の幸福を願う気持ちをもつことはとてもいいことなんですけどね。

幸福の科学でいう信仰とは実際は教祖と信者の共依存がほとんどではないかと私は思っています。日本は共依存がとても多い国らしいです。自分に自信がない人が良い言葉、例えば「愛」「善」「幸福」「神」「奉仕」などで共依存関係に組み込まれてしまっているのではないかと思います。人によいことをするのに私がしてあげたんだといわなくても、本当に人のためを思ってやっていることではない、自分が認められたいからやっていることは自分に嘘はつけません。ずっとなにか違和感を感じながら、または違和感を見ないようにしながら生きていても嘘のつけない自分が苦しんでいると思います。

みなはん、コメントおおきに~!

カチカチはん

いろいろ調べてくれはって、ホンマに感謝ですわ。
とりあえず6月初めをメドに「オーカワの心理分析」の記事を始めたいテ思おてます。

とりあえず、書きかけのまま中断しとった「2013えるかん祭りレポート(全3回) その3」を完成させたらテ思おとったんでんが、ここんトコ、教団に細かい変化や不安定な動きがあるんですわ。なんちゅうか、火山噴火前の微細振動とでもゆうよおな・・・。早い話が財政悪化が原因のよおなんでんが、ひと揺れあるかも知れまへん。

先日、「フビライ・ハーンの霊言」をやったんでんが、なんかこいつ、「破壊と世界支配の神」ゆう設定なんだす。ホンで、「中韓米を動かして、日本を占領する」みたいなコトをゆうとったんですわ(ソース:支部で本をパラパラ見ただけ。全部見とらん。霊言聞いとらん状態。それよりも、霊言収録から1週間程度で本になった事が驚き!)。それとは別に、「フビライ・ハーンが日本を侵略する陰謀が迫っています。信仰心を10倍にして日本を守りましょう(=お布施を10倍しましょうの意味)」ゆうメールが届いて来るんだす。この分やと以前やった『救国植福(=1年分のお布施を3月中に集めましょう!)』と同じコトをしそうな雰囲気なんだす。

そんな訳で5月中はスパイ活動の方に専念させておくれやす。あと、カチカチはんのコメントで、気づいたコトにちびっとレスだす。


   >こういったことが判断されると逆に行動パターンも見えてきますよね。

へえ、せやからわてはもおオーカワの行動パターンが手に取るよおにわかりますし、ちょっとの変化から裏で

何があったか推測でけるんですわ。


    >なぜオカルトに惹かれてしまうのか?を調べないといけないなと思っています。

たかじんのこの番組が参考になりまっせ!
「人は何故、オカルトにハマる? そこまで言って委員会(10 5 30)」
https://www.youtube.com/watch?v=RxeKRgfzniM




べーちゃんはん

いつも読んでくれはって毎度おおきにだす~。広い意味でメサイア・コンプレックスや思いますー。ただしその良し悪しは、「程度問題」や思いまっせ。

コーフクの考え方やと、「高級霊か、地獄霊か、「善か、悪」か、「白か、黒」かの二分法になりがちだす。せやからわてら元信者は「自分はアダルト・チルドレンや」とか、「自分にはメサイア・コンプレックスがある」とか考えて、「だから自分はダメなんや」テ考えがちなんだす。ほんでもそれは子供っぽい考え方で、大人やないテ思うんだす。世ん中「灰色」もおますし、「20%灰色」も「60%灰色」もおます。それどころか赤・青・黄色・緑て、いろんな色がおます。

心理学の別なハナシで、「メランコリー親和型」ゆう分類があるそおなんだす。乱暴にゆうと、「神経質で、完璧主義者で、融通きかんで、仕事にのめり込むタイプ」ですわ。要おするに「うつ病予備軍」なんやそおだす。日本人はこの傾向がかなり強い民族なんやそおでっせ! ところがこの性格のおかげで、日本人は今や、「世界でもっとも人気がある民族」になっとるそおなんだす。会社でゆうたら「偏屈で人付き合いが下手な同僚」やっても、「あいつはメンドイやっちゃケド、俺らがでけんコトを一生懸命やっとるからなあ・・・」テ一目置く風潮が社会にあるんが日本の強みらしいんだす。

せやからわては「メサイア・コンプレックス」やろが、「アダルト・チルドレン」やろが、アタマっから否定すべき劣った性格やない思おとるんですわ。普通の畑に撒いてもよお育たん植物でも、塩っ気の強い海っぺりに撒いたらよお育つ植物、やせた土地ならよお育つ植物もある訳でっしゃろ? なんでも程度問題やし、自分がおる環境で評価が変るゆうんもある思おてますんや。

オカルト

2ちゃんねるの使者さん

>たかじんのこの番組が参考になりまっせ!
「人は何故、オカルトにハマる? そこまで言って委員会(10 5 30)」
https://www.youtube.com/watch?v=RxeKRgfzniM

ありがとうございます。面白かったです。参考になりました。山口さん、いいですね。
ホットリーディングとコールドリーディングはドラマ「トリック」でもいわれていましたね。(大川隆法はwikiのプリントをガン見で、そんな手法すらありませんでしたが。)
オカルトに否定できないものがあるのはわかるんですが、あるとはいえない荒唐無稽な現象にでもハマる信者を見ていると依存しているんだなあと思いますねえ。問題はそっちですね。オカルトは議論よりもあるかないかを信じるかどうかですので、楽な考え方から入っていけますし、ぱっと驚かせて信じさせるのが心理学でもいわれる手法です。やっぱり危ないですね。

今マインドコントロールについての西田さんの本を読んでいます。なぜ超常現象を信じるのかについての菊池さんの本も読んでいます。なにか参考になりそうなものがありましたら、こちらに書き込むかもしれません。たくさん調べている2ちゃんねるの使者さんですので、参考になれば嬉しいです。幸福教団潜入の記事はとても楽しみにしておりますので、ぜひお願いいたします。

>先日、「フビライ・ハーンの霊言」をやったんでんが、なんかこいつ、「破壊と世界支配の神」ゆう設定なんだす。ホンで、「中韓米を動かして、日本を占領する」みたいなコトをゆうとったんですわ
>「フビライ・ハーンが日本を侵略する陰謀が迫っています。信仰心を10倍にして日本を守りましょう(=お布施を10倍しましょうの意味)」ゆうメールが届いて来るんだす。この分やと以前やった『救国植福(=1年分のお布施を3月中に集めましょう!)』と同じコトをしそうな雰囲気なんだす。

だいぶキレてきてますね。いいたい放題で相当頭に来てるのがわかりますわ。大学関連の資金が危ないんですかね。危機を煽れば信者が動くと思っているようで、人をバカにしてますねえ。大川隆法はやたら中韓朝が攻めてくるといいますが、いいやすいから以外になにか恨みでもあるんじゃないかと思うんですが、気のせいでしょうかね。


閑話休題
「トンデモ超常現象99の真相 山本弘+志水一夫+皆神龍太郎 洋泉社」という本があるのですが、これがまた何やら面白いことが出てます。引用しますね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4896912519/ref=oh_details_o05_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

アブダクション

★伝説★
UFO界では、宇宙人に誘拐されることを、アブダクションと呼んでいる。宇宙人に生体実験台にされたり、妊娠させられたうえに胎児を奪い取られたといった体験を語りだす人(アブダクティ)が米国で急増している。テンプル大学の助教授らによって約六千人の米国民を対象にしたアブダクションの調査が行われており、その結果、約370万人以上の米国民が宇宙人によって誘拐されていることがわかった。

●真相●
370万人以上の生体実験というと人間1人の実験を1時間で終えたとしても、不眠不休で述べ422年もかかる計算になる。宇宙人はいったい何人がかりでアブダクション実験を行なっているのだろうか。この調査は「体が麻痺して、部屋に誰かいるような気がした」といった5つの質問のうち4問に「経験あり」と答えたらアブダクティと判断する、というかなり強引な調査だった。これでは金縛りを起こしやすい人は、みんな「宇宙人の餌食」と判断されかねない。370万人という数字の根拠はかなり怪しい。

アブダクションがもし本当に宇宙人の手によるものならば、米国の半分近い人口がある日本や国土の広いオーストラリアでもアブダクション事件があってもよさそうだが、報告は非常に少ない。ドイツやフランスにもほとんどない。アブダクティが増え続けているのは米国くらいで、これは米国に特異な「病理」といえる。

多くのアブダクティは、自分が宇宙人に誘拐されたことを覚えていない。セラピストのもとを訪れて、記憶を呼び覚ます”逆行催眠”をかけられてから、自分は実はアブダクティであったことを”思い出す”のが普通のパターンだ。

だが、失われた記憶を取り戻すために逆行催眠を利用することは非常な危険を伴う。それは取り戻したと称する記憶が、本当に本人の記憶なのか、それとも催眠のセッション中に作り出された「偽の記憶」なのかを判断する基準が全くないからだ。

催眠術下の人間は、外から与えられる暗示に対してまったくの無防備状態となる。そんな状態で、たとえ無意識にでも、セラピストから宇宙人に誘拐されたかのようなサジェスチョンが与えられたとしたら、患者はそのサジェスチョンを自分の記憶と勘違いして本当にアブダクションされたと思い込む、新たなアブダクティが創造される恐れが高いわけだ。

もし、逆行催眠で記憶が本当に呼び覚ませるものならば、ひき逃げ事件の車のナンバーなどはすぐに割り出せることだろう。だが日本をはじめ、米国などの裁判の場で逆行催眠が利用されていないのは、そんなことをしたら目撃者の実際の記憶と偽の記憶が入り交じってしまい、たちまち冤罪の山ができてしまうことがわかっているからだ。

Re: オカルト

カチカチはん

この辺、笑ろてしまいましたわ!

  >370万人以上の生体実験というと人間1人の実験を1時間で終えたとしても、
  >不眠不休で述べ422年もかかる計算になる。
  >宇宙人はいったい何人がかりでアブダクション実験を行なっているのだろうか。

  >もし、逆行催眠で記憶が本当に呼び覚ませるものならば、
  >ひき逃げ事件の車のナンバーなどはすぐに割り出せることだろう。

と学会、ええですなあ。わてはこっちの本を持っとります。
ほんでもレビュー読むと「トンデモ超常現象99の真相」の方がオモロイよおでんなあ。
  新・トンデモ超常現象60の真相
  皆神 龍太郎 (著), 志水 一夫 (著), 加門 正一 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A2%E8%B6%85%E5%B8%B8%E7%8F%BE%E8%B1%A156%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8-Skeptic-library-06-%E9%BE%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4872335988/ref=pd_sxp_grid_i_1_2

Re: オカルト

2ちゃんねるの使者さん

新・トンデモ超常現象60の真相
私もこれ買いました。
レビューどおりで99のほうがよかったですね。
ほかに大川隆法関連だとこういうのがありました。

こういう関係はあまり知識がなかったんですが、調べているとこんなお粗末なものでよく幸福の「科学」などいえたものだと呆れています。デタラメなのはわかっていても、もう少しなにかあるのではないかと思っていた私も甘いんですが。やっぱり宗教詐欺ですね。

米軍は秘密施設「エリア51」でUFOを研究している!?
→情報を明らかにしたロバート・スコット・ラザーの経歴があやしい。米マサチューセッツ工科大学とカリフォルニア工科大学で修士号を取ったと主張しているのに、誰が調べでもまったくそんな記録はない。ラザーは売春宿の経理などを手伝った容疑で逮捕され、九〇年に裁判に掛けられている。三年の執行猶予付きの有罪だったが、『エイリアン・リポート』によれば、その際「奔放な生活ぶり」を指摘され、精神科医に診てもらったほうがいいと勧められた人物。

世紀末、極転移(ポール・シフト)による大異変が地球を襲う!?
→「磁極の逆転」と「歳差運動」が混同されている。地軸横転させるには外からの巨大な力が必要。

太平洋には、高度な文明を誇るレムリア大陸があった!?
→もともと「レムリア大陸」に関する伝承など存在しない。インド洋にはかつて大陸が存在したとする説を発表されたが、おかしな説に発展し、大陸移動説によってレムリア説は時代遅れとなる。

一九九九年に人類は滅亡する!?ノストラダムスの大予言!
→『諸世紀』などという題の本は実在しない。『百詩篇集』が正しい。ノストラダムスは「人類は一九九九年に減亡する」とは言っていない。予言は当たるようにどうにでも解釈できる詩になっている。それを研究家が都合のいいように解釈しているだけ。

チャネリングは、宇宙存在や古代の偉人からのメッセージ!?

遠い宇宙からわざわざやって来て、あるいは遠い昔からメッセージを携えてやって来たと言いながら、結局やっていることのほとんどは個人的な人生相談。肝心の人類へのメッセージと称するものも、宗教に関する本などを何冊か読めば誰でも考えつきそうな平凡なものばかり。その内容に、宇宙の進化した生命だの超古代の高級霊だのといった彼らが自称する正体を裏付けてくれるようなものが何もない。
たとえば、それが語られた当時はまだ判明していなかった遠い宇宙の科学的事実について述べていたことが後になって確認されたりすれば、決定的とまではいかなくても、大きな証拠になる。だが、そのようなものはひとつも報告されていない。
それでは、チャネリングの正体とは、いったい何なのか?簡単にいうと一種の自己催眠によって生じた人格変換現象だと考えられる。

この本ご存知ですか?
あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理
http://www.amazon.co.jp/あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理-ロバート-レヴィーン/dp/4794215150/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1399520783&sr=1-1&keywords=あなたもこうしてダマされる

もしご存知ならごめんなさい。これ非常に参考になりますよ。

認知バイアス

参考になりそうなので、おせっかいと思いますが、書き込みたいと思います。

大川隆法は明らかに神ではなく、宗教団体を仮面をかぶるオレ神詐欺だとして、詐欺手法の問題として考えると納得できます。だます側とだまされる側にありそうな心理学で言われる認知バイアスについてです。

認知バイアスとは心理学用語です。
ある対象を評価する際に、自分の利害や希望に沿った方向に考えが歪められたり、対象の目立ちやすい特徴に引きずられて、ほかの特徴についての評価が歪められる現象です。要するに、直感や先入観(思い込み)、恐怖心や願望が論理的な思考を妨げられてしまうことです。

こちらにまとめてあるサイトがあります。
思考を歪める心理効果 認知バイアス
http://ronri2.web.fc2.com/shinri02.html

ほかにもありますが、主なものです。
▶ダマす側が使う認知バイアス◀
●ハロー効果→
何かが優れている人は他の面でも優れているだろうと考えてしまう。ある対象を評価をする時に、顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。ハローとは、「後光が差す」という時の後光、聖像の光背や光輪のことで、後光効果、光背効果とも呼ばれる。

●バーナム効果→
誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象。被験者に何らかの心理検査を実施し、その検査結果を無視して事前に被験者とは無関係に用意した「あなたはロマンチストな面を持っています」「あなたは快活に振舞っていても心の中で不安を抱えている事があります」といった診断を被験者に与えた場合、被験者の多くが自分の診断は適切なものだと感じてしまうが、この現象を「バーナム効果」と呼んでいる。

●あと知恵バイアス→物事が起きてからそれが予測可能だったと考える傾向。「俺は最初から分かってた」

▶ダマされている側が使っている認知バイアス◀
●感情バイアス→
感情的要因による認知と意思決定の歪みである。一般に以下のようにする傾向がある。
・たとえ相反する証拠があっても、心地よい感覚をもたらす肯定的な感情効果のあることを信じたがる。
・好ましくない、精神的苦痛を与えるような厳しい事実を受け入れたがらない。
これらの要因は個人的かつ自己中心的であるか、対人関係や集団の影響に結びついている。

●確証バイアス→
個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象である。人は、自分が本当だと思っていることを確かめるための情報は探すが、反証となるような証拠を無視したり、探す努力を怠ったりする。このため、最初の判断を補強する情報だけで調整が行われ、自分の判断は「間違っていない」と思い込んでしまう。

●自己奉仕バイアス→望ましい結果が出た場合は自分に原因があると考え、望ましくない結果が出た場合は自分に原因がないと考える。

●認知的不協和→
人がある認知(知識、経験、行動など)と矛盾した認知に遭遇した時に感じる不協和(不快感)を解決しようとする心理。
自分が「常日頃信じていること」や「世界に抱いている理解」が目の前の事実や新たに提示される一般化された情報によって「脅かされた」時、その人々の心の中で起きる不快な気分、「もう聞きたくないから黙れ!」と思わず叫びたくなるこの「不協和」と「ストレス」を取り除くために普通の人は、
(1)それ以上調べることはやめて、矛盾する情報は間違っていることにして払いのけるか、
(2)行動や信念を別の方法で正当化することになる。
この認知的不協和による精神的葛藤を経験した時、人々はこの葛藤の解決として「思考様式が行動と合致する方向に徐々に修正されていく」(自己正当化)。

●コンコルド効果→
超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とする。コンコルドの誤り、コンコルド錯誤(コンコルドさくご)ともいう。
ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態を指す。Arkes & Ayton (1999) によれば、人間の幼児や下等動物にはこの現象がみられず、成人だけが陥る現象であるとされている。

毎度どおも

カチカチはん、毎度だす。


Re: Re: オカルト

いや、ホンマによお調べもせんで信じ込んでしまう御仁が多過ぎまんな。この手の人たちは、知識もろくすっぽないし、間違いを指摘されても調べもせんのですわ。ただ自説を声高に繰り返すだけ。信じたいから信じとるとしかゆえんのだす。


「新・トンデモ超常現象56の真相(60やのおて56でしたわ)」でオモロかったんは、ノアの箱舟はアララト山にあるとするグループと、アキャイラ連山にあつとするグループが、たまたま同じホテルに投宿したときの話しだす。互いに口角泡を飛ばして自説をまくし立てるだけやったそおだす。どっちのグループもあやふやな目撃証言か聖書の記述のみが論拠。調査方法はダウジング・ロッドというお粗末さ。わて、これ読んで、なんか宗教団体同士の争いに似とるなあ、ブログ村の信者同士の争いに似とるなあ、テ思おたんだす(笑)。



Re: 認知バイアス

うん、この辺の心理、カチカチはんが書いとった「共依存」と同じかも知れまへんなあ。信じとった方が、騙されとった方が、自分にとって心地ええから信じる、あるいは騙されたままでおるゆう気がしますわ。

ゆうたら酒飲みの暴力亭主とようやく離婚でけたと思っとったら、また似たよおな男とくっつくおなごはんみたいなモンですわ。自分にどっか自信が持てんから、知り合いがええ人紹介してくれはっても、「私みたいな人間には釣り合わない」て勝手に自己卑下して逃げてしまう。結局またダメ男を見つけては、「私がおらんとこの人はダメになってしまうから・・・」ゆうトコに自分の存在価値を見つけてかいがいしく世話をする、みたいな・・・。

原因はいろいろですやろケド、結局追い求めとるんは「自分にとっての心地よさ」なんや思いますわ。

ノアの箱舟はアララト山

2ちゃんねるの使者さん

>ノアの箱舟はアララト山にあるとするグループと、アキャイラ連山にあるとするグループ

どっちでもええわっ!って感じですよね。どっちもおかしいですし。笑。
たぶん2ちゃんねるの使者さんと私は同じ世代なので、わかると思うんですが、子どもの頃オカルトを取り上げた特別番組が流行りましたよね。ノストラダムスとか、ファティマの予言とか、UFOとか、超能力とか。そのなかにノアの方舟があったというやつもありました。衛生写真(?かなにかの写真)に、山の頂に大きな船のような残骸が見える、これがノアの方舟だ!とかなんとか。確かアララト山のほうだと思います。すごく印象にあって、最近この本を読むまで頭の中に、あれは本当にあったんだとインプットされたままになっていることに気がつきました。なんて恐ろしいことでしょう。笑。

子どもは特にインプットされやすいみたいですね。広告も子どものほうが影響を受けやすいみたいです。
あの子どもの頃に流行ったオカルトの番組の影響は大きいと思います。子どもの頃のインプットされたままで更新も上書きも見直しもされないまま、宗教とオカルトをごちゃ混ぜにしている信者を見ていると、痛いですねえ。

Re: 認知バイアス

2ちゃんねるの使者さん

いろいろ見ていると信者の教団への信仰といわれるものは、精神的な未熟などにより、自分を認めてもらいたい部分があるために教団に依存・共依存していると言えそうですね。認知バイアスの部分はそれを強固にしている心理だと思います。

マインドコントロールの部分を見ていると幸福の科学はオウムや統一教会のもの比べてもお粗末です。(オウムや統一教会はもっともっと狡猾で凶悪です。)幸福の科学は、その手の本では全然とりあげられていません。反社会性の度合いが比べて低いのもあるからでしょうが(もちろん全く反社会性がないけではありません)、マインドコントロールとしては大したものではないから(あるにはあるけれども詐欺の手口に近いものだろう)だと思います。幼稚でインチキだとすぐにわかるお粗末な教義や霊言。教団の言動不一致。予言が当たらない。幸福の科学は信者数も少ないことや、大量脱会者が一定の時期で起こることからもわかります。つまり教団のだましのテクニックより、信者の依存度のほうが高いのではないかと感じています。

「あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理」 ロバート-レヴィーン
先日お薦めしたこの本を参考としたものですが、アメリカにおける統一教会の入会への誘導の仕方が出ています。参考になると思いましたので抜粋、引用します。

愛の爆弾
「人間性の最も深い原理は 、好意をもたれることへの渇望だ」
人間は、自分が好意を抱いている相手には警戒をゆるめる。 しかしそれ以上に、自分を好いてくれる人からの影響を受けやすい 。

この世でいちばん強力な媚薬は、好かれること、大切にされることー愛されること!それは抗しがたい感情だ。
しかし残念ながら、それに抗すべきときもある。説得の専門家が好意の原理を利用するとき、わたしたちは「相手に好意をいだくこと」と、「相手がお返しに自分に好意をいだいてくれると信じること」の両方を促される。この二つの組み合わせを容易にするものが、返報性のルールである。すなわち、人から好かれると、逆にその人を好きになる傾向があるのだ。

好意の返報性のルールをとりわけ効果的に利用しているのは、カルトである。カルトの調査を始めたとき、わたしは、入信者のほとんどは心理的不適応者か宗教的狂信者だろうと思っていた。たしかに、活動的なカルト信者になる人の多くは、それなりに個人的な弱さと並みはずれた宗教知識をもっている。しかし、人びとがこれらの組織に入る理由について、何らかの一般論が成り立つとすれば、それは愛にみちた共同体、拡大家族らしきものに引きつけられるからだと思う。カルトの信者たちが、よくたがいを家族の呼称ー兄弟、姉妹、父ーで呼びあっているのも、けっして偶然の一致ではない。最終的に破壊性をもつような集団でさえ、その魅力は感情レベルから始まる。つまり受容と愛を約束するのだ。宗教的なイデオロギーは、たいていあとまわしにされる。最後は極端なマインドコントロールかもしれないが、始まりは感情的な受容なのである。

統一教会の場合、おおかたの新会員にとって、入会は文鮮明のイデオロギーとはほとんど無関係であり、宗教にさえ関係がなかった。元会員の大半は、入会にいたる一連の出来事を、むしろ性的誘惑に近いような感じで説明している。その詳細は、時と場所によって異なる。けれどもおおむね三つの段階に分けられる。ナンパ、初デート、愛の爆弾である。」


「返報性のルール」とは
「返報性の原理」http://ja.wikipedia.org/wiki/返報性の原理

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。この「返報性の原理」を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得る商業上の手法が広く利用されている。
至近な例では、試食がある。試食は本来は、無料で食品を提供し、その味を客が確かめ、購買に値すると判断した場合に買ってもらうプロモーション戦略のひとつであるが、客は店員から直接食品を手渡されることによって、その味いかんにかかわらず商品を買わなければいけないという気持ちになることが多い。但し、客が求めていない状況で積極的に試食や購入を促す場合は、「返報性の原理」よりは「一貫性の原理」が強く働くことになる。また、高額商品を勧めて断られた後に、低額商品を勧めると客は断りにくくなる心理が生ずる。これは、高額商品を売ることを諦めて低額商品に切り替えるという相手の譲歩に対して、こちらも譲歩しなければという心理が働く、返報性の原理による。この心理を応用した交渉術を「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」(譲歩的依頼法)と呼ぶこともある。

予言がはずれたら信仰をすてるかー認知的不協和

2ちゃんねるの使者さん
いつもここに書き込んでごめんなさい。自分のブログをつくればいいんでしょうが、それができなくています。実は私の家族は私がこのようなアンチ活動をしていることを快く思っていません。私が兄のこと、幸福の科学のことで苦しんでいたので、もうかかわってほしくない気持ちからです。なので内緒でやっていますが、こちらに書き込んでいるのも心苦しいのでこの記事を最後にして、長文投稿はやめておきますね。
心理学からのアプローチをさせていただいて嬉しく思います。いろいろとありがとうございました。



認知バイアスのなかに認知的不協和(人がある認知ー知識、経験、行動などーと矛盾した認知に遭遇した時に感じる不協和(不快感)を解決しようとする心理)と、というものがありましたが、これは予言がはずれたら信仰をすてるか、という心理学実験からわかったことらしいです。

「マインドコントロールとは何か」 西田公昭 紀伊国屋書店 から抜粋引用です。


●認知的不協和の理論●

一般に人は、正しいと思っていることや、好きなことにしたがって行動をすると思っているかもしれない。しかし逆に、行動することが正しいことになったり、好きになったりしていることをあまり認識していないであろう。しかし、社会心理学では、前者よりも後者のほうがよく起こりうることを確かめてきている。つまり行動することが、内面の認知や感情を変化させる。このような認知・感情・行動の関係を説明するのが、「認知的不協和理論(cogntive dissonance theory)」である。

この認知的不協和理論は、社会心理学においてもっとも多用されてきた代表的理論であり、一九五七年にフェスティンガーという人によって提唱された。フェスティンガーによれば、人は、知識、意見、信念などの認知要素のうちの二つが心理学的に不一致、矛盾しているとき、緊張を経験するという。そのとき、人はその緊張を低減させて自己の考えを適応させようとする。これが、この理論の基本的な原理である。つまり、一言でいえば、人間は自分自身の内部に矛盾がないように努力する、というわけだ。

●予言がはずれたら信仰をすてるか●

まず、この理論が生まれる背景となった研究を説明してみたい。なぜなら、そこには宗教的装いをした破壊的カルトがおこなっているマインド・コントロールに、直接つながる背景が存在していると思われるからである。
認知的不協和理論が発表される一年前、すなわち一九五六年に、フェスティンガー、リーケン、シャクターは、『予言がはずれるとき(When Prophecy Fails)』という題名の著書を出版している。

その著書によると、シカゴに、三〇人ばかりの小さな宗教団体があり、その教団は神秘的なものであるとか、超自然的な現象であるとか、空飛ぶ円盤とかを深く信じていたという。あるとき、その教団は、指導者の女性を通じて、いわゆる「自動書記」という形式で、大洪水が起きるという予言をした。その予言は、空飛ぶ円盤を通じてある惑星の知的生命体から受けとったものだという。彼らは、その日に備えて生き残るためのあらゆる準備をしていた。

ところが、予言の日が何事もなく過ぎ、その予言ははずれてしまった。さてそのとき、彼ら信者はどうしたであろうか。彼らは、信仰を捨てただろうか。

実際は、そうではなかった。彼らは、神がわれわれを救い給うたと再解釈して、むしろ従来以上に種極的に自分たちの行為を正当化し、信仰を厚くし、他者に改宗をすすめさえしたのだった。
フェスティンガーらは、なぜこのようなこのようなことが起きたのかを調査し、このことの背景に五つの条件があったことを報告している。

この五つの条件を述べよう。
①第一に、その信念にとても深い確信があり、どんな行動をするのか、どう振る舞えばよいのか、といったある種の行為の指針となるような信念をもっていたことだ。
②第二に、その信念をいだいていた者は、その信念に責任をもって身をゆだねてきていた。ずなわち、自己の信念にしたがったために、その人は後戻りをできにくくするような重要な行動(洪水に対するあらゆる準備)をとっていた。一般に、人はある行動の重要性が増すにつれて、その行為を後戻りすることができにくいものである。それほどにその信念に自己を強く委ねていた。つまり、それに深くコミットメットしていたということである。
③第三には、その信念は十分に具体的で現実世界と関連をもっていた。つまり、ここでの予言の内容は、ある特定の日に大洪水が起こるというものであり、十分に具体的かつ現実的なものである。だからこそ、それが起こらなかったという紛れもない現実が、信念の誤りを証明してしまったのだ。
④第四に、このような否定しようのない誤りを確認する証拠が存在していること、つまり、大洪水が起こらなかったという紛れもない事実は、この信念の保持者も認めざるをえない。
⑤そして第五に、個々の信念の保持者は、周囲の人の賛成を得なければならない。信念の保持者がただひとり孤立していたなら、誤りを示す証拠に屈服して信念をまげるかもしれない。

五つの条件のうち、第一と第二の条件は、信念の変化に対して抵抗する要因であり、ほかの条件は信念をすてるように迫っている要因である。こうした矛盾した状況の中でも、信者はその信念をすてることがなかったというのが、フェステインガーらの研究結果であった。認知的不協和理論は、このような宗教的信念の固執現象を背景にして、成立した理論であることを記憶にとどめておきたい。

Re: 予言がはずれたら信仰をすてるかー認知的不協和

カチカチはん

   >実は私の家族は私がこのようなアンチ活動をしていることを快く思っていません。
   >(中略)・・・・・もうかかわってほしくない気持ちからです。

さいでっか。了解だす。

ただ、わてが心理学に興味がおますんは、
   心理学を土台にオーカワの問題点を理解し、
   なんでわてらがコーフクにはまったかを検証し、
   「オーカワとは無関係に、勝手に、本気でわてらが幸せになる方法」を知りたい
からなんだす。

まだちょっと、オーカワのレポートせなあきまへんのでそっち行けへんでおるんでんが、
わての記事が「幸せになるための方法」ゆうフェーズに移った時はよろしゅう頼んまっせ!


※ などとゆうて、ムツカシイ「●認知的不協和の理論● 」からウマく逃げたりして・・・(笑)!

Re: 予言がはずれたら信仰をすてるかー認知的不協和

2ちゃんねるの使者さん

お役になっているのなら嬉しいです。もう少し調べてみようかな。

素人が参考資料を集めるのは書籍かネットなのですが、書籍は今出回っているものになり、カルトといえば西田公昭さんの「マインドコントロールとは何か」よく使われているみたいですね。これと同じ西田公昭さんの「信じるこころの科学」が参考になると思いますが、まとめてみる必要がありそうですね。

ただ、これを見ていると、オウムや統一教会の反社会性が強い凶悪なカルトについてで、ちょっと幸福の科学に全部当てはまる感じがしないんです。幸福の科学は詐欺のだましテクニックの本の内容がとてもあっていて、凶悪カルトのマインドコントロールまでいかないというか、幸福の科学の小物臭が半端ないというか。基本的には書籍・グッズ・祈願・墓などをだまして信者に買わせているので、効果がないインチキ腰痛治癒グッズをよくわからない用語で付加価値をつけて高く売っている詐欺商売と変わらない感じがします。なぜだまされるのかは、やはりこちらがおすすめです。「あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理」ロバート-レヴィーン

信者の教祖に対する依存度が高いと感じるんですが、信者の最後の抵抗は「でも大川総裁は愛や反省や発展など正しいことを言っているじゃないか!」の部分ではないかと思います。宇宙人も、インチキ霊言もはずれた予言も叩かれる材料ではありますが、このようなよくわからない教団の言動から考えてみると、よいと思われている幸福の科学のコアの教義は本当に良いものなのか?私はずっと違和感を感じています。多分アンチの皆さんも信者の皆さんもそうだと思います。なぜ信者は言い聞かすように同じことばかりくり返しているのだろうか。「総裁先生は愛の教えを説いている」と。都合の悪い部分をこっそり削除し、高額な書籍にすり替え、信者に売りつける教団。このような教団の愛の教えが、コアの教義が本当に人を救えるものなのか?(この「人を救う」ー救済もどういった意味で教団が使っているのか、非常にあいまい。よくこんな言葉を簡単に使えるなと思います)この教義の部分のイカサマ、つまり表面的にはよく見えるけれども、実際よいと思われる教義は心理的にどう受け止められるのか、何が間違っているのか、ここを暴きださなければいけないのではないかと思います。

発達心理学というものがありまして、人がどのように心身発達するかという分野の心理学なのですが、これと大川隆法のいう「人の心」が全然あってないんです。これを比較すると見えてくるものがあると思います。

以前にダブルバインドが指摘されていました。教団はよい(と思われる)教えと悪い行動のダブルバインドで信者に接しています。信者でいても救われるどころか、心がますます分裂して、落ち着かないでしょうし、ますます共依存になり、自分で判断できないでしょう。この辺りも重要でしょうね。


見つけたよさそうなサイトです。
マインドコントロール・洗脳の精神医学
http://mctrl.net

西田公昭講演『マインドコントロールとは何か』
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/nisida.htm

幸福の科学に傷ついたあなたへ
http://spiruna.blog89.fc2.com/blog-category-6.html

カルト対処法
救出カウンセラーからのアドバイス
http://www.jscpr.org/advise.htm


結局長文になってしまった。。。すみません。。。。

Re: Re: 予言がはずれたら信仰をすてるかー認知的不協和

カチカチはん、毎度どおも。

わても女房やほかの信者を観察しとると「依存傾向」が強いテ感じますわ。「こんなに素晴らしい事を言える大川先生は素晴らしい! そしてその素晴らしさにいち早く気づいた自分も素晴らしいのでは?」ゆう心理かと・・・。

わてはコーフク教義はええコトゆうとる思てまっせ。ほんでも素晴らしいコトをゆうんは比較的簡単や思いますのや。「友愛」も、「コンクリートから人へ」も、「国民の生活が第一」もわては納得でける意見なんだす。ただし、「ホンマに実現でけるんやったらな!」ゆう条件つきでんが・・・。鳩山はんは中韓には「友愛」を示しましたが、自民党にこそ「友愛」を示すべきやったワケだす。小沢はん原発の放射線が怖わあて、被災地の有権者を放ったらかして自分だけ逃げましたわな? 「国民の生活」どころか「国民の生命」すら守らんかったワケで・・・。クルマの両輪やおまへんが、言葉と同時に行動も大事や思うんだす。今の信者はんらはオーカワのコトバばっかり見て、行動を見とらんのや思いますわ。

わてが大好きな言論人に上念司はんと倉山満はんゆう方がいてます。何でもよお知ってはりますし、話はオモロイし、しゃべくりも立て板に水なんですわ。正直このお二人の意見に乗っかって、「知っとるけ? 今の国際情勢はこおなんやで!」みたいにゆうのは非常にラクなんですわ。なんたって、自分で考えんでええし、調べんでええからなんだす。調べたり考えたりゆうんはかなりエネルギー使う作業でっしゃろ? 今残っとる信者はんらも、「ラク」やからオーカワの言説におんぶに抱っこしとるんやないでっしゃろか? ホンでこのお二人、キッパリと「断定口調」で話されますんで、聞いてとる方は「なるほどー!」テつい納得してしまうんですわ。そないゆうたら若干1名、似たよおな断定口調で話す、自称生き神はんがいてましたなあ・・・(笑)!

ホンでもこの上念はんのええトコロは「自分で調べましょう。勉強しましょう。私だって間違う時がありますから」ゆうとるトコでんな。倉山はんは上念はんよりもっと自信たっぷりのお人なんですケド、「安倍総理が消費税上げるなんて馬鹿な決断するはずがないじゃないですか!」ゆうて、思いっきりコケてましたからなあ。まあわては今でもファンですけど、それ以来わては「この人がゆうとるんやから間違いない」ゆう考え方や止めるよおにしとるんですわ。逆に、「総裁先生がゆうとるんやから間違いない!」ゆう考え方を今でもやっとるのが信者や職員や思うんだす。

ホンでも当のオーカワはん自身が1年ほど前の法話で、「誰が正しいかではなく、何が正しいかで考えなさい!」ゆうとるんでっせ。今いる信者はんらがどんだけオーカワはんの法話をマジメに聞いとらんかの証拠ですわ(笑)!

Re: Re: 予言がはずれたら信仰をすてるかー認知的不協和

2ちゃんねるの使者さん
調べると止まらない。ああ。すみません。

>信者を観察しとると「依存傾向」が強いテ感じますわ。

自分に自信がある人ってなかなかいないと思うんですよ。人はみな社会のなかで生きていますし、莫大な情報のなか生きていくのは、常に情報選択と決断を迫られているので、それだけでも人は相当のストレスを感じています。社会的な意見、つまりは多数の人間が指示している意見や、権威ある人間が言った意見に依存してしまいやすいのは、ある意味仕方がないことであるんですよ。

先日ご紹介した「あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理 ロバート-レヴィーン」で短絡思考で判断してしまうシステムと、それを助長してしまう特徴について書かれているなかに、六つ目の特徴でこういった内容があります。自分が幸福の科学に入会したのはまさにこれでした。直接のきっかけは恋人にふられて、人生の答えが欲しかったからです。

⑥確信がなく、混乱しているとき。

先にあげた五つの状況の場合、楽な近道を行きたがるわたしたちの性癖は、「大丈夫の幻想」に由来する。だが、まったく異なるタイプの状況がある。すなわち自分の影響されやすさを痛感するあまり、その場を乗り切るための単純な答えを、積極的に、さらには必死になって探そうとするという状況だ。その最も一般的な例の一つは、混乱におちいって、どう行動すべきかに確信がもてないときである。混乱は無力感を引き起こすことがあり、無力感は手っ取りばやい解決への願望を生むー自分のすべきことがわかるなら何でもかまわない。これが不確実性の原理である。

人生の最も混乱している時期に、原理主義的宗教のドグマや、厳格な規則をもつ療法に最も傾倒しやすいというのは、偶然の一致ではない。カルトは、もちろんその典型例だ。研究から明らかだが、カルト信者の人格タイプには驚くほど共通点が少ない。カルトに走りやすい単一の性格型などない。だが、形式上の信者を取り巻く周辺状況には、類似性がある。第一に、カルトに入信する人びとは、人生の不幸な時期に勧誘されがちだ。多くの場合、喪失や落胆を経験してまもない。第二に、彼らは有意義な何かに所属している時期と時期とのはざまの、しばしば不安定な状態にある。高枝を出て大学に進学するまで、または学校を出て就職するまでのあいだとか、仕事をクビになったばかり、あるいは恋人にふられたばかりだったりする。こうした人びとが、単純な答えを買いたがっているのだ。


>素晴らしいコトをゆうんは比較的簡単や思いますのや。

私もそうだと思います。パクって理想を語れば簡単にできるとわかったのは大川隆法のおかげですね。言葉が素晴らしい意味を持つのは行動もともなったときだと思います。

映画「星の王子様ニューヨークへ行く」をご覧になりました?もうけっこう古い映画ですが。あれにエディ・マーフィが怪し気な牧師になって、演説をするシーンがあります。愛だ、神だと語るんですが、うさんくさい。それが笑えるところなんですが、私はあれを見て、「ああ、いいことを言っても、その人によっては本当にうさんくさく見えるものなんだ」と思ったものです。

大川隆法もそうなんだと思うんです。愛だ、神だ、信仰だ!これらは良いものであり否定できないもの(言葉は本来価値中立ですけどね)ですが、それと大川隆法がリンクしたときにどうなるか?これがダブルバインド(二重拘束)とかかかわってくると思うんです。信者は教祖のマインドコントロールの維持のために常にこのダブルバインド状態になっていて、精神的に不安定です。自分で判断できないために依存する。悪循環です。

二重拘束(ダブルバインド)
相手の言語メッセージと非言語のメッセージが一致しないと、人は大いに困惑する。人類学者のベイトソンは話の内容と表情が一致しない状態を二重拘束(ダブルバインド)と名づけた。
例えば、親が子どもに「かわいいね」と言いながら、無表情だったり不機嫌な顔を見せたりすると、子どもは親の真意がわからず、心理的葛藤を起こしてしまうのだ。このような二重拘束は、子ども成長に強いマイナスの影響を与えるので注意するべきである。
(プロが教える心理学のすべてがわかる本 ナツメ社)

非言語コミュニケーション(ノンバーバル・コミュニケーション)というものがあります。
人はその人の話した言葉より、態度を見ています。
例えば、
Aさんは、嫌な顔をして「大好き」といいました。
Bさんは、笑顔で「大嫌い」といいました。
どのように判断しますか?

Aさんは大好きといってるけれど、本当は嫌いだと思っているように見えませんか?
Bさんは大嫌いといっているけれど、本当は好きだと思っているように見えませんか?
(参考 図解雑学恋愛心理学 斎藤勇 ナツメ社)

http://ja.wikipedia.org/wiki/非言語コミュニケーション
非言語コミュニケーションとは、言葉以外の手段によるコミュニケーションのことである。人間は日常的に複数の非言語的手がかりを使いメッセージを伝達しあっている。この非言語的なコミュニケーションは、意識して用いていることもあれば、無意識的に用いていることもある。人間はコミュニケーションを行う時、言葉を使い互いの感情や意思を伝えあってもいるが、「目は口ほどにものをいう」といった諺にも示されているように、言葉よりも顔の表情・視線・身振りなどのほうが、より重要な役割を荷っていることがある。

私は大川隆法が愛深い神様だと思ったことが一度もありません。なにかずっと違和感があったのは言葉と態度の違いだと気がついたのは、ずいぶんあとになってからです。私たちは言葉だけではなく、相手の仕草からもメッセージを受け取っています。

大川隆法は自分を威厳あるものにしようと一生懸命作っています。大川隆法自体が自己愛性人格障害だと言う部分もあるでしょうが、外見や言葉遣いなど偉そうで、断定的であるのは自分と他人に自分が神様であると説得するのに一生懸命だからです。断定的でも間違えたら謝ればいいですよね。人は間違えますから。ところが大川隆法は、自分が神様だとぶちまけたので、間違えを認めるわけにはいかず、謝るわけにいきません。これが一番大川隆法が嘘つきで、幼稚で、反省のない、他者との関係を重んじない人間だと行動で示しているわけで、この人が説く仏法真理を信用できるわけないんです。このような信用できない人間の言うことを誰も聞かなくなるのは当然だといえます。マインドコントロールを受けていない人が見たら、大川隆法のいかにも威厳ある教祖の格好ですぐにもうさんくさいと感じるでしょう。

個人的なことかもしれませんが、私は結婚相手に幸福の科学の教義でモラルハラスメント状態でした。結婚相手はいつも不機嫌な感じで、それにびくびくしていました。育った環境もあるのでしょう。私は不機嫌な人には従順になってしまう部分があります。大川の不機嫌そうな顔を見ていると思い出します。信者で私と同じような人がいるかもしれませんね。親の不機嫌な顔を見すぎて、不機嫌な人の言うことを聞いてしまう。こういう依存もあるんですよね。


>この人がゆうとるんやから間違いない」ゆう考え方や止めるよおにしとるんですわ。

正しい考え方だと思います。

>逆に、「総裁先生がゆうとるんやから間違いない!」ゆう考え方を今でもやっとるのが信者や職員や思うんだす。
>ホンでも当のオーカワはん自身が1年ほど前の法話で、「誰が正しいかではなく、何が正しいかで考えなさい!」ゆうとるんでっせ。

これ矛盾していますよね。
書籍読ませてマインドコントロールを促し、その人の考えや判断をすべて幸福の科学の行動にあわせるようにしているのに、自分で考えなさいって、都合良すぎますね。
大川隆法の言葉どおりなら、信者はさっさと脱会しないと。笑。



脱会後の恐怖について
「幸福の科学に傷ついたあなたへ」にあるように、脱会したら地獄に堕ちるのではないかと思っている脱会希望者の方はいるでしょう。また脱会後、突然苦しくなったり、やる気が出なくなったり、いきなり恐怖で胸がいっぱいになったりする方もいるかもしれません。

私は専門家ではないですが、これは恐怖条件付けというものによって、つまり正心法語にある「信仰の綱を離せば阿鼻叫喚地獄」を毎日読むことによって植え付けられた恐怖によって心的外傷後ストレス障害、いわゆるPTSDを発症したのではないかと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/心的外傷後ストレス障害
心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起こす疾患のことである。
心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意で、日本でも救命や外傷外科ではその意味で使われ、特に致命的外傷の意味で使われることが多いが、一般には心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ばれる。トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷がある。

治療方法はあるので、脱会後苦しんでいる方は、ぜひ心療内科で治療を受けてほしいと思います。
(怪しいカウンセリングはダメです)

PTSD(心的外傷)の症状(診断基準を含む)、そして治療と回復基準
http://ptsd.name

私は大川隆法が方便の時代以後、仏陀再誕だとかエルカンターレだとかの神に成り上がったときに、書籍の不都合な部分の削除や、正心法語を修正を行なったのは、信者をマインドコントロールしようとする意思が完全にあった、と思っています。

膨大な著作と教義はどのように使われ、解釈されているか

大川隆法は自分の著作である書籍が大量にあると言うことを内外に示し、教義の多様性を表しています。これは大川隆法が自分の知識と知恵は無尽蔵にあふれ、たぐいまれなる才能があると自慢したいのは誰でもわかることですが、これらを大川隆法がどのように使い、信者はどんな解釈しているかを考えてみました。

信者は、大量の著作を大川隆法が自慢する通りの言葉で、教団以外の人物に自慢するわけですが、大量の書籍の理解はしているのでしょうか?
全部わかっているのは無理だと言うのは私だけではないでしょう。多すぎますから。
ちなみに私が会員時代は書籍はおよそ200冊でしたが、書籍10〜20冊分の理解があったかどうだか。あの本には大体こういうことが書いている、くらいのことを認知していたとは思いますが、詳細はといえばわかっているとは言えませんでしたし、理解といえば難しかったと思います。自分の都合良く置き換えてわかった気になっていたというのが一番正しい表現です。


「人は情報が過多になると、単純化し、最も重要な情報だけが処理されるようになり、詳細は排除されてしまう。その過程はひどく不完全で、不要な情報を頭に入れて、必要な情報を捨ててしまったり、現在と過去を混同させたりする。それでも人はそれを理解するために単純化という作業が必要である。

また選択肢が多ければ多いほうがいいといい、と思うかもしれないが、選択肢が多すぎると自由すぎてどうしたらいいかわからない感情が呼び起こされ、不安となる。この生じる不安から単純化したいと望むようになる。この願望は他者につけ込まれる誘因になりかねない。」

「短絡思考を増長する6つの状況の③ 情報が多すぎて処理しきれないとき

情報が多ければ多いほど、近道(単純化)の必要性は高くなる。すべての条件が同じなら、人は短いメッセージより長いメッセージのもつ力を信用しやすい。メッセージに含まれる議論の巧拙にかかわらず、またたとえメッセージの中身がまったく読まれないとしても、当てはまる。最も効果的な広告は、さも権威がありそうな長い広告文を含む。人がその広告文を読むことは重要ではない。それは、ただそこになくてはならない。短絡思考の最たる逆説の一つは、与えられる情報が多ければ多いほど、それがすばらしいもののように思え、したがってその長所の評価が甘くなる。」

参考「あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理 ロバート-レヴィーン」


信者は、多様で膨大な教義を己の都合のいい部分だけを単純化させて取り込んでいることが予想できます。また選択肢が多いように見えて、実は選択肢がない教団からの指示を受け入れやすくなっていることも推察できます。

大川隆法は、信者に指示する短いメッセージと、さも権威がありそうな大量の著作をちらつかせ、信者に自分は教祖であると信用させていると考えます。

【近況報告】 変に忙しいこの頃

コメントをくれたみなはん。ここ一週間ほど返事がでけんでスンマヘン!
実はここんトコ、オーカワの新作霊言を聞きまくっとったんだす。

以前は霊言は支部か拠点行って5千円払わんと聞けんかったんやけど、
最近は霊言の放映許可をもろた活動信者宅が増えて来とりますんで金銭的に聞きやすいんですわ。
お互い信者仲間同士ですからな。
霊言5千円のとこナイショで1000円でも見せてくれるし、3本見ても1000円、
場合によってはタダでもOKなんですわ。上にはあくまでナイショやけど・・・(笑)。

ほんで、最近聞いた法話がこれ。
   自由の革命
   壁を破る力
   愛が時代を動かす

ダイジェスト版や一部だけ聞いた霊言がこれ。
   渡辺淳一
   福音書のヨハネ
   本多静六
   ほか多数

ほんでも聞いたはええんやけど、「おーっ、これはネタになる!」、「うわっ、なんちゅうアホなコトゆうとるんや!」が多過ぎて、
あれも記事にしたい、これも記事にしたいで消化不良状態なんですわ。
どなたかわてに胃薬お布施してくれまへんやろか?



カチカチはん

  >「人は情報が過多になると、単純化し、最も重要な情報だけが処理されるようになり、詳細は排除されてしまう」

なるほど、確かにオーカワの著作数は膨大ですからなあ。
「総裁先生は過去の書籍でこのように仰っています」とかゆわれると、著作を調べるのもタイヘンやさかい、反論がむずかしいゆう面もおますなあ・・・。
本来そお主張する信者が証拠を提示するんがスジなんやケド、
連中「ご自分で調べてから反論してください」で逃げますし・・・。

ところで初期信者のわてらは教えに惹かれて入会しましたけど、最近の信者は著作数や建物の数、映画やガッコがあるゆうコトで信用しとる気がするんだす。本を読んだり映画を見たりせんでも、「こんなにあるんだ!」ゆう面で信用してしまう気がするんだす。この辺もカチカチはんご紹介のここに当てはまるかも・・・。

  >短絡思考の最たる逆説の一つは、与えられる情報が多ければ多いほど、
  >それがすばらしいもののように思え、したがってその長所の評価が甘くなる。

マイコンの本をたくさん買いましたが読む時間がおまへん

2ちゃんねるの使者さん

お疲れさまです。
大川隆法のイタコショービデオはyoutubeの広告板でも見るのがつらいのに、そんなに見てたなんて。
胃薬と目薬でうがいをなさってくださいね。

しぐさの心理学の本を見ています。
ビデオの大川隆法からなにかわかるといいと思ってます。笑。




よさそうな書籍の抜粋を貼っておきます。参考になればよろしいかと思います。
マジックを見てタネが暴かれても、実際マジックを見たらタネを知っていてもやっぱりそう見えてしまいます。だまされる側の心理が大きいことを認識することは大事だと思うようになりました。これを信者に説得することは大変難しいことはわかっていますが説得する側をいかに信じてもらうかが鍵だということもわかってきました。

「不合理 誰もまぬがれない思考の罠100」
スチュアート・サザーランド
伊藤和子・杉浦茂樹訳

なぜ人は超常現象を信じるのか

超常現象への信仰に対しては、異なる二つの疑問が思い浮かぶ。まず、そのような信仰はどうして生まれたのか。第二に、人間はそのような信仰をどうして捨てられないのか。超常現象への信仰が生まれた理由については、おそらく三種類の説明が可能だろう。まず、すでに見てきたように人間は判断の保留を嫌い、説明を欲しがる生き物だ。たとえば、いきなりドアがパタンと閉まったり、冷気を感じたり、奇妙な物音がしたとしよう。人は満足できる説明が見つからない場合、説明がつかない状態よりは超自然的な説明を好む傾向があるのだ。

第二に、幼い子供や未開種族は、物事を霊や超自然的な力と結びつけて考える。彼らが最も直接的に認識する因果関係の出発点は、彼ら自身の体の動きだ。そのため彼らは、あらゆる物の動きにも霊や超自然的な力が宿ると考える。あくまで私見だが、超常現象への信仰の一部は、この精神的発達段階の名残なのかもしれない。

第三に、大半の国の文化には、人間より優れた能力をもつ異世界の超自然的存在や不滅の魂に対する信仰が息づいている。人間が神を「発明」した背景には、いくつかの理由がある。たとえば死への恐怖。おのれの哀れな人生に重要な何かを見出そうとする人々の欲望も理由の一つだろう。ある意味で超常現象への信仰も、現世に生きる自己からの逃避欲求が生み出したものなのかもしれない。さらに、神の「発明」には、宇宙創造の謎からの解放という意味もある。この世のあらゆるものが被造物であるのなら、宇宙それ自体も何者かが創造したものであるはずだと、人間は不合理にも信じ込むのだ。

この章では、人々が超常現象を信じる理由を詳しく見ていくが、どの理由も本書ですでに紹介した不合理な誤りに基づくものだ。中でも「手近な情報による誤謬」の影響は大きい。多くの新聞が「牧師の館で霊が暴れる」といった類の見出しを掲げるが、「テレバシー実験、失敗に終わる」という見出しの記事を紙面に載せる編集者はいない。超常現象は二ュースになるが、超常現象の否定や失敗は二ュースにならないからだ。一九七九年、デービッド・マークスとリチャード・カマンがユリーゲラーのトリックをはじめとする超常現象の嘘を暴く本を書いたが、アメリカの三十以上の出版社に刊行を断られた。一方でこれらの出版社は、心霊現象を支持する本を競って出していた。要するに、超常現象や心霊現象は使い勝手のいい「手近な情報」なのだ。

事実の証明となる統計はないが、個人的な経験に基づく印象を言わせてもらえれば、超常現象への信仰は家族や一族の間に受け継がれてきたものらしい。この見方が正しければ、超常現象への信仰は集団内の圧力がもたらず同調の産物とも言える。さらに、すでに見てきたように、小さな集団や群衆の内部には、共通の見方を広めようとする強い衝動が生まれやすい。かっての霊媒師たちは、この衝動を自分の目的のために利用した。交霊会は暗い照明の中で行われ、通常は長いカーテンで室内の大半を覆い、謎めいた物音や楽器の演奏を伴うケースもよくあった。つまり、非常におどろおどろしい雰囲気の中で行われていたのだ。人間は感情が高ぶっていると、思考力も注意深い観察力も損なわれる。そのため交霊会の参加者には、ただの布が愛する故人の亡霊に見えた可能性がある。

人々が茶葉や星座の占いを信じ込む理由の説明は簡単だ。曖昧な予言や占いの中には、少なくとも一片の真実が含まれている。そのため信じやすい人は、たまたま当たっていた「一片」に飛びつきやすいのだ。さらに予言や占いの言葉遣いがひどく曖昧だった場合、人間はその意味を自分の状況に合わせてねじ曲げてしまう。

Re: マイコンの本をたくさん買いましたが読む時間がおまへん

カチカチはん

ここんトコ、布教所から拠点に昇格した信者はんトコ呼ばれて法話見せられとったんですわ。
おゼゼの方は何とかなっとるでんが、お祝いの意味もおますんで邪険にでけんのだす。
胃薬と目薬はまた買いにゆかんとのおなりそおだす(笑)!

Re: マイコンの本をたくさん買いましたが読む時間がおまへん

2ちゃんねるの使者さん

お疲れさまです。
布教所から拠点にってそんな出世は喜べないですけど、一応「おめでとう」って言わないとなんですね。
あれあれ。

ちょっと面白かったので書いておきますね。個人的感想です。

しぐさから心情がわかるノンバーバル行動というものがあります。人の本能の反射ででる行動、しぐさでその人の感じていることがわかるというものです。いろんなところに応用されているものです。
幸福の科学 大川隆法vs田原総一朗 初対談!https://www.youtube.com/watch?v=AYYTYnKiSV0
を見ていたら、非常に気になるしぐさを大川隆法がしています。

霊能や予言、過去世の話になると聞かれたことに答えるときに右上に目線を持っていきます。
人が視線を右上に持っていくときはそれまでに見たことがない光景を思い浮かべているときで、嘘をついているときに出現する動きだと言われます。
経験したことを思い出すときは左上に視線がいきます。

手振りが大きいのは、自分に酔っている。
反り返って座っているのは、相手と距離をとろうとしている。
足を開いて座っているのは、早く帰りたい。
瞬きが多くなるのは、不快を感じている。
作り笑いは、不快を感じている。

やっぱり霊能はウソだなあと実感しました。

フライデー事件に話が及ぶと一気に瞬きが多くなり、作り笑いも張り付いて少しフリーズします。
フリーズするのは防衛本能です。
この話題を出してほしくないし、何か言われたくないという表れですね。

呆話もそういう視点で見たら気がつくところがあるかもしれませんね。
それにしてもこの動画の大川の理屈はひどいですね。今の無茶苦茶な教団行動の片鱗が随所にありますね。

Re: Re: マイコンの本をたくさん買いましたが読む時間がおまへん

なるほどー、カチカチはん、よお調べとりまんなあ。
何気ない仕草からそこまで読み取れるんでっか?

実はわて、一点気になっとったコトがおますのや。
オーカワ、あえば、立木なんかは腕組みしとる写真が多いんだす。
この辺、心理学的に何かありまっか?

Re: Re: マイコンの本をたくさん買いましたが読む時間がおまへん

2ちゃんねるの使者さん

>オーカワ、あえば、立木なんかは腕組みしとる写真が多いんだす。
この辺、心理学的に何かありまっか?

ノンバーバルでは反応で見ると一番わかりやすいみたいですが、写真撮影であえて腕組みをするというのだとそれなりの意思表示だと考えますね。腕組みは体の内側を守る動作で、不快や、拒否を表します。よい心境ではないと思いますよ。単純に腕を組むと楽ということがあります。反応で腕を組むとわかりやすいです。

大川の呆話で愛や感謝を語るときに腕組みし始めるものがありました。話の内容とマッチしてないと思います。考え事をするとき腕を組んだりしますが、それも不安の表れです。

大川きょうこが実現党の党首になり北朝鮮への先制ミサイルで演説をしているとき、かみかみで、早口で、いい間違いが多い。ああいうのは本心ではないときですね。

腕組みについて

カチカチはん、腕組みについて一定の共通点がわかりましたんでご報告。
それは「ポスター、本の表紙、ブログなど、オフィシャルの場に『腕組み写真』を選びがち」ゆう傾向性だす。

http://blog-imgs-68.fc2.com/s/a/n/sanpole/kujfsao.jpg

ほかに写真を探しとって気づいたんでんが、
オーカワの場合、「両手を左右に広げるポーズ」が多いんだす。
これなんか「自分を大きく見せよお」ゆう心理の裏返しかと・・・。

ちなみにオーカワはチビだす。
支部に来た時見たら、身長160センチおまへんでしたわ。
同様に、佐竹秀夫なんかもチビやったし、
GLAの高橋信次もチビやったテ元信者から聞いとります。

re:腕組みについて

2ちゃんねるの使者さん

>それは「ポスター、本の表紙、ブログなど、オフィシャルの場に『腕組み写真』を選びがち」ゆう傾向性だす。

そんなかんじですよね。腕を組んで思考してるように見せたいんでしょうが、縮こまって自分たちが危ないことを潜在的に自覚してるように見えますけどねえ。他人を受け入れる感じには見えませんね。

>オーカワの場合、「両手を左右に広げるポーズ」が多いんだす。
これなんか「自分を大きく見せよお」ゆう心理の裏返しかと・・・。

そうだと思います。よくある手です。ハロー効果も狙っていますね。

大川隆法総裁 法話・霊言ダイジェストをYouTubeで公開!
http://info.happy-science.jp/2014/10696/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

これを見ていたら1:50ごろ、福音書のヨハネ イエスを語るのところで、大川の顔がアップになり、「説法している際にやはり変わっていく感じ。変容ですね。イエスが変容していく感じは私たちもよく見ておりました」というところで右上に視線を持っていきなにか思い出している感じですが、これがそれまでに見たことがない光景を思い浮かべているときで、嘘をついているときに出現する動きです。田原さんとの対談でフライデーのデモに関して聞かれているときに、左に目線を持っていき思い出して答えています。この動きは起こった経験を思い出している動きです。事実のところはちゃんと思い出してるのがわかります。

こんな話を信者にしてもしょうがないんでしょうけど、人をよく見たほうがいいと思うんですけどね。私はもうだまされたくないし、いい人がいたら正しく判断したいだけなんです。

腕組は少しわかります。

お邪魔~。気を使っているのか、帰って来てちょっと寝てました^^;

「行動心理学」(これをメンタリズムということもありますけれど)から、
ちょっと言えることがあるので、足しておきます~。

腕組み はですね。

1.壁を作る
2.攻撃性の現われ
3.防御は鉄壁ですよ?というアピール
4.相手よりも自分のほうが立場上だ!

こういうのが言われています。
 ほかにも少しあるんだろうけれど、今該当していそうなものはこのくらい?
 5.自己顕示もあるのかな?

1の壁は 対人の壁です。 これは4にもいえますね。
「お前とおれとでは違うんだよ!」って言うボディーランゲージでしょうね。

2と3は似ているようで、少し違います。
攻撃性は強いですよね。 (あれだけ霊言やって、人のせいにしていればね・・・)

防衛に関しては、ほとんど無防備です(ここはちょっと違います)。
攻めるだけ、守れないんです。
だから「攻撃して来ても無駄」=「攻撃してくるなよ」のアピールになるようです。
威圧的な構え方というか、そういう感じに見えるんですよね。
 #実際に攻められたら何にもできない人ですよ。


実は肩の線と肘の線がほとんど一致してますよね。
これは威張っているだけです。 男性はね。
 #女性は胸を強調する というのもあるんですけれど。

「かかってこんかい!」って言う腕組みは、肘が張るんですよ。
 #腕組みが浅いんです~。
余裕が感じられない、ただの虚勢です。

わかっていることでしょうから、するーで^^;

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)


re:腕組は少しわかります。

対馬の侍さん

>1.壁を作る
>2.攻撃性の現われ
>3.防御は鉄壁ですよ?というアピール
>4.相手よりも自分のほうが立場上だ!
>5.自己顕示もあるのかな?

このへん当たってると思います。愛や発展を説く教団が後ろ向きな行動を自然にとっていて、本人たちがそれに気がついていないことでしょうか。教団が自分たちは他宗教に迫害・妨害されているなどと本当に信じているようにも見えてきます。どっちにしても虚勢の行動と心情の差を感じますね。

>「かかってこんかい!」って言う腕組みは、肘が張るんですよ。

そうなんですよね。自分を大きく見せようとするので、胸を大きく張ったりします。

>#実際に攻められたら何にもできない人ですよ。

一番はここでしょうか。お山の大将裸の王様ですね。
みなわかっていると思いますが。

ネタに使こおてスンマヘン

   re:腕組みについて (カチカチはん)
   腕組は少しわかります。 (お侍はん)
   re:腕組は少しわかります。 (カチカチはん)


カチカチはん、お侍はん

新記事「【読者参加型番組】 アホのオーカワの『腕組み』の謎を解く! 【幻解ファイル】」で、
「無責任発言」ゆうネタにさしてもろてスンマヘン。
カンニンしとくんなはれや~!

あらら

>カンニンしとくんなはれや~!

カンニンしときます〜。
私もここのコメント欄私物化してますのですみません。

お侍さんの言う通り行動心理学でわかることがたくさんあるんですよ。
その行動には必ず動機(原因)があります。
教団全体の行動、大川隆法の行動にも動機があるわけで、そこを読み取ると面白いと思います。
私の勝手な推測では、今の大川の行動は元嫁の影響が大きいと思いますよ。反動が来て、おかしい行動をとっている一因になっていると思います。元嫁に頭が上がらなくてずっと我慢していたんじゃないでしょうかねえ。
全記事タイトル表示

過去記事のタイトルのみを一括表示

検索フォーム
記事本文中の語句を検索しまっせ(コメント欄は対象外)。
プロフィール

エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)

Author:エル・バカターレ(旧名:2ちゃんねるの使者)
 
 幸福の科学の現役信者だす。すでに心は退会者で批判者(アンチ)だす。内部告発するために今でも信者でいてます。

 大川隆法は幻聴が聞こえるタイプの自己愛性人格障害者、幸福の科学は悪気はないけど結果的に詐欺行為をしてしまっとる団体やて気づきますた。ゆうたら『宗教もどき』、『宗教ごっこ』、『いんちき宗教』だす。ナンボ拝んでも救われまへんで!

 幸福の科学は大学もどきのHSUゆう私塾を開学しましたんやけど、教団規模のキャパを越えてますんでいずれ財政破綻する思おてます。社会問題なったら大変でっせ! 早めに退会するんが一番だす。信者はん、なんでも答えますんで疑問や質問は『質問コーナー』へどおぞ(メルアドは公開しとりまへん)!

ブログ・ランキング 参加カテゴリ
「にほんブログ村」に参加しとります。記事が気に入りましたらどれかひとつクリックしてくれはると、励みになるんだす。(説明)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
ホンマはここにいたいんやケド、ブログ村から登録拒否されとります

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
せやからココにいてますー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
♪こーのー、カテもー、追われたー♪


「人気ブログランキング」にも登録してまっせー。メンドイんでクリックせんで構いまへん。それよりも参加者募集だす!






「自己愛性人格障害」がおまへんので、「統合失調症」で参加


わてのブログの運営会社、FC2のランキング。そもそも「宗教」カテゴリがおまへんので、「スピリチュアル」で参加しとります。クリックせんでええだす。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
タグで検索 (工事中)
わてがつけたタグ(キーワード)で検索でけます

清水富美加 没落の法則 映画『天使にアイム・ファイン!』 幸福実現党 キチガイ警報Lv2 教団崩壊 テレンス・リー買収事件 パクリ 幸福の科学大学 九州大震災 レポート(法話・霊言・研修・祈願) 選挙(2016参院選) HSU お願い 署名 佐野研二郎 トロント講演会 大川宏洋 河口湖町祖父母殺害事件 慰安婦像 大川ニダ! 韓国 キチガイ警報Lv3 選挙 ブーメラン 霊言 替え歌 書籍 映画『君のまなざし』 バカ 2017 幸福の科学クソコラグランプリ キチガイ警報Lv3 ツブれた施設情報 資料 事例(妄想) 大学 映画 実務能力なし こんなんしかおらんのか? MAD お笑い 小保方晴子 エル・カンターレ祭 『ややエルカン・バカルト新聞』 事例(承認欲求) 花田紀凱/WiLL インチキ宗教 資料・記録・証拠 幸せになりましょう 裁判 法律違反 七海ひろこ 選挙(2016東京都知事選) 退会届 シン・退会届 hoshieiwa 植福の会 退会 舛添要一 質問コーナー 大川咲也加 君のまなざし 藤井実彦 アングレーム国際漫画祭 徳島県 論破プロジェクト 大エル・カンターレ像 事例(統合失調症) 信者の特徴 川島町 統合失調症 スパイだより 便乗商法 証拠を残す 笑い者 金儲け エル・カンターレ生誕館 アルゴラブ 低脳幹部 綾織次郎 世間の評価 大川談話 近藤紫央 仲村真理依 再婚 事例(パクリ) 論文盗用 やや日刊カルト新聞 リバティ号外 藤倉善郎 資料集 大川隆法の心理分析 講談社フライデー事件 映画『UFO学園の秘密』 大講演会 キチガイ隆法 崩壊 卒論盗用 やない筆勝 サンポール教 実話 零能力者 学園 GLA 大川隆法ファンクラブ エラ・カンターレ 失笑 ざまあみろ! お布施返還訴訟 大川首吊り 釈量子 弟子・職員 神武桜子 幹部職員 事例(人格障害) 教団財政 ダメダメ幸福教 ドタバタ劇 ヒヒおやじ ネタバレ注意! UFO学園の秘密 比較文化 言語 法話 日本 映画・UFO学園の秘密 痛い イタコ 

RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR